QBZ-95(95式自動歩槍) 【突撃銃】

97式自動歩槍
モデル全長重量口径装弾数発射形式製造国
QBZ-95746mm3.25kg5.8mm×4230S/F中国
QBZ-97746mm3.25kg5.56mm×45

 開発は中国北方工業公司(ノリンコ)。中国人民解放軍の制式突撃銃87式自動歩槍をベースに、大幅な改修が行われたモデル。香港がイギリスから返還される時期に合わせて開発が進められた。
 QBZ-95は国内用で5.8mm×42 DBP87という独自の口径を使用するが、QBZ-97は輸出用で、口径が5.56mm NATOに変更され、マガジンもM16互換となっている。

 前身である81(87)式自動歩槍の源流はソ連SKSまでさかのぼる。95式もその系譜を受け継ぎ、内部機構にショートストローク・ガスピストン方式を採用しているが、本銃はさらに中国初の本格的なブルパップスタイルを採り、ポリマー素材を多用するという近代的な改革に臨んだ。

 しかし、いざ95式自動歩槍が部隊へと配備され運用され始めると、多くの問題点が浮かび上がった。セレクターの位置がストック左側にあったため操作に難がある、キャリングハンドルの位置が高いため光学照準器を搭載した時の視差が過大などといった操作性に関する問題の他にも、ポリマー材料の耐久性不足、銃身の腐食やガスレギュレータに火薬滓が詰まるなどといった耐久性や信頼性に関わる致命的な問題点さえ多数明らかになったのだ。
 このため、2010年からはこれら問題点を解消させた改良型のQBZ-95-1が、同じく改良された弾薬であるDBP10と共に登場している。
 さらに最近では光学照準器の使用に不向きなキャリングハンドルを廃してフラットトップ・レール化した新たな改良型の開発と試験運用が進んでいる。

 オプションとして、アドオンタイプのグレネードランチャー(QLG-91B)が開発されたほか、カービンタイプやSAWタイプも用意されている。

 本銃の配備は香港駐留部隊から始まり、それ以降も中国人民解放軍の各部隊や関連軍事組織に配備が進んでいるが、一部の武装警察や民兵組織には従来型レイアウトで開発された03式小銃が配備されている。

 当面、中国の小銃は、人民解放軍向けの95式と、関連組織向けの03式の二本立てで整備が進められるようだ。

 また一方インドの南、スリランカ南部で勃発していた内戦において実質的に勝利しているスリランカ政府軍は中国政府からの支援を受けており、97式自動歩槍を装備していることが確認されている。

 意外な所ではカナダに民間仕様の輸出が行なわれており、その安さとコンパクトさからスポーツ用途やコヨーテなど小動物用の猟銃として少なくない数が売れている。

各種バリエーション

モデル解説
QBZ-95基本型
QBZ-95B特殊部隊や空挺部隊用のカービンモデル
QBB-95分隊支援火器モデル。75連ドラムマガジンバイポッドを装着する
QBZ-97QBZ-95の5.56mm×45仕様
QBZ-97AQBZ-97に3点バースト機構を搭載
QBZ-97BQBZ-97のカービンモデル
QBB-97QBZ-97の分隊支援火器モデル
QBZ-95-1QBZ-95の改良モデル。開発中にはQBZ-95Gと呼ばれていた
人間工学を考慮したデザインになった
QBZ-95B-1QBZ-95-1のカービンモデル
QBB-95-1QBZ-95-1の分隊支援火器モデル
T97AQBZ-97のカナダ民間市場向けセミオート仕様
簡易にフルオート化改造可能な為に販売禁止になった
T97NSRT97Aにフルオート化改造対策を施した仕様
T97NSR FTUT97NSRにT97.ca製フラットトップ・レールアッパーを装着した仕様
LA-K12QBZ-95をベースにカナダのLEVERARMS社が製造販売している半自動散弾銃
 
登場作品ジャンル使用者備考
BUGS LAND―箱舟のトリトン―項目参照
CANAAN項目参照
TRIDENTS トライデンツ漫画中国武装犯番外編
アンダーワールド項目参照
アンチャーテッド項目参照
異能社員 鈴木一郎漫画馬社長イメージ内で所持
インセプション項目参照
ウルフ・オブ・ウォー項目参照
エリジウム項目参照
オペレーション・フラッシュポイント項目参照
カウンターストライク オンライン項目参照
空母いぶき漫画中国人民解放軍兵士
陸上自衛隊員中国兵より強奪
グランド・セフト・オートV項目参照
クロスファイア項目参照
ケイン アンド リンチ2 ドッグ・デイズ項目参照
ゴーストリコン2項目参照
ゴーストリコン アドバンスウォーファイター項目参照
ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2項目参照
ゴーストリコン フューチャーソルジャー項目参照
コール オブ デューティ: モダン・ウォーフェア3項目参照
スプリンターセル項目参照
スペシャルフォース項目参照
太陽の黙示録項目参照
バトルフィールド2項目参照
バトルフィールド2 モダン・コンバット項目参照
バトルフィールド 3項目参照
バトルフィールド 4項目参照
ブラッドバス小説武警隊員
ペーパーマン項目参照
マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス項目参照
ヤングガン・カルナバル項目参照
レインボーシックス項目参照

このページの画像はノリンコ社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 結局95式ベースの中国製ショットガンのソースが見つからなかったので削除&カナダ向け民間型とその派生型を追加。 -- 2015-09-05 (土) 00:34:32
  • test -- 2016-11-05 (土) 06:09:38
  • 何故かリンクが貼れないがthefirearmblogにLA-K12の記事が載ったよ、動画もある。 -- 2016-11-05 (土) 06:11:33
  • コメント欄はスパム防止のためhttp表記では貼れません。 -- 2016-11-05 (土) 07:58:29
  • 「セレクターを常識的な位置に…」って、前はどこにあったんです? -- 2017-03-30 (木) 10:20:45
  • 「常識的な位置」というのも変ですね...後で修正しときます。プルパップにはよくある話ですが要は従来の機関部、すなわちプルパップのストック部分ということです。他のコントロールも設計上ストック部に配置されているものは多いです。 -- 2017-03-30 (木) 10:54:34
  • なるほど、「常識的」なんてあったので突拍子もないところについてるのかと思いました。ってことはグリップから手を離さなくても操作できるようになった、って理解でいいんですよね? -- 2017-03-30 (木) 11:03:38
  • そういうことですね。まぁストック側だと誤操作もありえますから、現代ライフルでは必須の改修と言えますね。 -- 2017-03-30 (木) 12:50:18
  • 中文Wikiを元に編集しました。しかし、改良型が既にあるとはいえ自国の銃の問題点をああまで書き連ねていいのだろうかあの国は。 -- 2017-03-30 (木) 21:39:44
  • まぁその点に関しては他所の事は言えないかと思いますが・・・ -- 2017-03-30 (木) 23:20:32
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-31 (月) 11:14:48 (112d)