MOM ゲパード / MOM Gepárd 【対物小銃】

ゲパード M1
 
モデル全長重量口径装弾数発射形式製造国
M11570mm19kg12.7mm×108
12.7mm×99
1ハンガリー
M1A120.5kg
M21536mm16kg12.7mm×108
12.7mm×99
5/10S
M2A11266mm13kg
M2A21000mm7kg
M31880mm20kg14.5mm×1145/10S
M41450mm17kg12.7mm×108
12.7mm×99
5/10S
M51465mm13kg12.7mm×108
12.7mm×99
5
M62040mm22kg14.5mm×1145S
GM6 Lynx1080mm10.5kg12.7mm×108
12.7mm×99
5S
 

 1987年、ハンガリー軍は軽装甲車両の破壊や長距離狙撃を目的とした対物ライフルの開発に着手。そのプロジェクトの中で、1990年に完成したのが「ゲパードM1 アンチマテリアルライフル」である。生産はMOMウォーターメジャリング・テクニック コーポレーションが行っている。ゲパードとはチーターのハンガリー語名である。深草色のボディと装飾性の希薄な作りで、旧共産圏に属していた東欧圏らしい無骨なデザインとなっている。

 M1は元々旧ワルシャワ・パクトの制式重機関銃弾である12.7mm×108弾仕様のライフルだったが、ハンガリーの自由化後は、NATOの制式重機関銃弾である12.7mm×99(.50BMG)弾仕様のモデルが開発され、輸出も行われた。同国軍も自由化後はNATOに参加したため、軍の制式装備であったM1はすべて12.7mm×99弾仕様に改められている。
 シングルショットであるM1の装弾方法は、非常に独特なものとなっている。薬室を閉鎖するボルトに当たるパーツに、トリガーを備えたグリップやハンマーを備えており、これの先に弾を取り付け、レシーバーに差し込んでから回転させてロックするというもの。撃発はシングルアクションで、グリップ後方のハンマーを起こし、トリガーを引いて初めて発射となる。装弾に手間は掛かるが、有効射程は1,300m、最大射程は2,000mにも達する。
 ゲパードは、ニーズに合わせて大きく構造の異なる発展型が存在し、ゲパードファミリーを形成している。ファーストモデルのM1のみがシングルシューターで、後発のM2以降のモデルは弾倉を備えたリピーターライフルとなっている。ボルトアクションのM5を除き、後発モデルはいずれも反動利用式セミオート、M4とM6を除きすべてブルパップタイプとなっている。
 その命中精度は対物狙撃銃の中でも折り紙つきで、セミオートモデルでもバレット M82と同等かそれ以上と評価する向きもある。特に、ゲパードM3はセミオートかつ強力な14.5mm×114弾を使用できることから、「デストロイヤー(Destroyer)」の名が与えられ、ゲパードファミリーの中では最も人気がある。

 最新のGM6は「リンクス(オオヤマネコ)」の名のとおり、これまでのゲパードファミリーの中では最もコンパクトなモデルで、収納式銃身の採用によって小型・軽量化を実現している。高い携帯性と大火力により、車爆弾による特攻自爆テロなど、突発的かつ通常の護身用火器では対処が困難な事態を想定して開発された。レシーバーやフォアエンドピカティニーレールを備えた、黒またはFDEのボディとなっており、旧モデルに比べ、モダンな外観となっている。

各種バリエーション

モデル特徴
M1シングルショットのファーストモデル
M1A1M1の改良型。ロングバレルと専用銃架、これらを運搬するためのバックパックが追加された。
M2ブルパップ式のセミオートモデル
M2A1M2のショートモデル。空挺/特殊部隊用
M2A2M2のショートモデル。VIP警護用
M3M2の大口径版。14.5mm KPV弾を使用
M4ブルパップではなく通常レイアウトとしたモデル
M5ボルトアクションモデル
M6M4の「デストロイヤー」モデル。14.5mm KPV弾仕様
GM6 Lynx新設計の極めてコンパクトな対物ライフル
 

このページの画像はWikipediaから転載しています。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 「スナイパーライフルエクストリームvol2」にて.416tyr口径のgm6のプロトタイプが紹介されましたね。また、14.5mmのgm6も紹介されてましたが様相がm3に酷似している、かつgm3という印字が銃にされていたためにgm6のバリエーションではないかと思われます。 -- 2013-04-20 (土) 22:53:46
  • リンクスって英語版のWiki見る限り、命中精度そんなに良くないのかな?軽量で持ち運びし易いのがウリ? -- 2014-03-24 (月) 21:08:13
  • ↑GM6の最大のアピールポイントは携帯性の良さと既存の50口径セミオート狙撃銃よりも重量が抑えられている事と反動が抑制されているという点ですが、命中精度が良くないという事はありません。また、昨年急逝されたグリルマイヤー氏によって設計された.416tyr弾を使用したプロトタイプによる1000m射撃テストにおいて連続して撃たれた2発が、ほぼ同じ場所に着弾した事からこの銃の潜在能力が高いことがわかります。 -- [[ ]] 2014-03-25 (火) 00:55:18
  • ↑ありがとうございます。この上、命中精度まで兼ね備えているとはセミオートの対物ライフルでも結構優秀な方なんですね。 -- 2014-03-25 (火) 23:04:48
  • 製造元はMOMではなくSEROなのでは? と言うかハンガリーのwikipediaだとSEROで米国のwikiだとIstván Fellegi (Miskolc H) & Bátori Épszolg. Kft なんてのになってますが -- 2014-05-23 (金) 14:09:59
  • Gm6どっかでガスブロ化してくんねえかな…… -- コレクター? 2014-09-16 (火) 20:25:09
  • ゲパード自体ドマイナーな銃ですからねえ期待できそうに無いでしょうね・・・・・ まあ望みを持ち続ければいつかは・・・・・・・・・・ -- 2014-09-17 (水) 02:36:39
  • Arma3でAAFとCSATのスナイパーさんが使ってますよ。 -- 2014-10-31 (金) 21:58:01
  • CODのゴーストやファークライの最新作でも出て来てるから少しずつ知名度は広がっているのかな。 -- 2015-02-10 (火) 00:04:07
  • ハンガリーの銃器専門雑誌キャリバーにゲパードファミリーのスペック表があったので修正しました。 -- 2015-02-16 (月) 14:32:49
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-07-28 (金) 03:15:11 (120d)