KSK(Kommando Spezialkräfte) : 特殊戦団

 KSKはドイツ連邦陸軍に所属する特殊部隊の一つである。1996年に創設された比較的新しい特殊部隊で、翌1997年から活動を開始している。
 同国のGSG9が警察組織の対テロ特殊部隊として、おもに国内での活動に限定されるのに対し、KSKはドイツ国外での対テロ活動に従事している。他のドイツ連邦軍部隊同様、KSKはドイツ連邦議会の承認のもと展開しているが、具体的な活動内容が公式に発表されることはない。
 欧米の各特殊部隊との連携も行われており、特にイギリスのSASとの協力は有名で、共同演習が頻繁に行われている模様。
 もともとは第25空挺旅団を基盤に、解隊された第25空挺旅団、ならびに連邦軍第100および第300偵察中隊の将校たちで構成されていたが、現在では旅団級の規模で編成されている。管理系統は2001年に創設された特殊作戦師団隷下にあるも、統合作戦や国外での実作戦時には特殊部隊作戦指揮司令部の指揮下におかれる。

装備

分類銃器名
拳銃P8
P12
短機関銃MP5
MP5SD
MP5K
MP7A1
UMP
突撃銃G3
G36K
G36
HK416
狙撃銃AI AWM(G22)
PSG1
バレット M82A1
軽機関銃MG4
HK21
ラインメタル MG3
散弾銃レミントン M870
対物火器GD FIM92
DNAG パンツァーファウストIII
ミラン対戦車ミサイル
自動擲弾発射機H&K GMW
  1. ■在籍/出身の人物(実在)
    1. フレート・シュルツ(准将)

コメントはありません。 コメント/KSK?

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:07:49 (587d)