IMI ガリル / IMI Galil 【突撃銃】

IWI ガリル AR
モデル全長重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
ARM
AR
987mm4.65kg
4.20kg
5.56mm×4535/50630〜750発/分S/Fイスラエル
SAR850mm4.05kg
MAR706mm3.28kg
ARM308
AR308
1050mm4.70kg
4.25kg
7.62mm×5120/25
スナイパー1115mm8.2kg7.62mm×5120/25S

 1960年代にイスラエルのIMI社が自国向けに開発した突撃銃。同社のイスラエル・ガリリ(Israel Galili)とヤコブ・リオール(Yaacov Lior)が中心となって設計した。
 フィンランドのバルメ社製Rk62を元に作られており、自国の援助関係を考慮して使用弾薬を西側標準の5.56mm×45に変更し、マガジンの容量は世界的な標準より若干多い35発となっている。レシーバーやガスブロック、アイアンサイトなど、多くはRk62を引き継いだものであり、旧ソ連AK47と異なりグリップの基部にあるセレクターでも操作が可能な点が特徴的である。他にはFALタイプの折畳式ストックを持ち、更に基本モデル(ARM)はキャリングハンドルバイポッドなどの多くのアクセサリーを標準で備える。後述するが、幾つかのパーツには栓抜きやワイヤーカッターの機能が付与されている。
 こうした当時としては豪華な標準アクセサリーは、兵力で劣るイスラエルが一人一人の継戦力を上げるために軽機関銃やツールとして使用できるよう多くの機能を盛り込んだ結果であるが、当時の他のライフルの軽機関銃モデル同様、ライフルのサイズでは持続火力には限度があり、また付与されたアクセサリーも平時にはかさばるだけで兵士には不評であったため、後々これらを除去した通常モデル(AR)が普及することとなる。

 バリエーションとしては、簡易的な分隊支援火器としての使用も考慮した基本モデルのARM、キャリングハンドルとバイポッドを廃し、シンセテック・ポリマー樹脂ハンドガードを装着したアサルトライフル型のAR、空挺部隊向けのカービンモデルのSAR、特殊部隊向けにバレル長を短機関銃並の長さにしたMAR(マイクロガリル)、使用弾薬をNATO規準の7.62mm×51に変更した308モデル、その308モデルを狙撃銃としてバレルやストックを改良したスナイパーモデル(通称ガラッツ)など豊富。これらモデルは輸出品としても多数出荷されており、コロンビアやニカラグアなどの制式銃として採用され、南アフリカ共和国ではARを「R4」、SARを「R5」、MARを「R6」の名前で制式採用し、同国のベクター社がライセンス生産を行っている。

 2009年には、近代化モデルのガリルACEが登場した。ハンドガードやレシーバーカバーにピカティニーレールが備えられ、これまでの削り出しスチールボディに、グリップ周りと一体のポリマー製マガジンハウジングが追加された。ストックもFALタイプの折畳式からM4タイプのテレスコピックストックに変更されている。
 口径バリエーションには、新たに、AK47系のマガジンが共用可能な7.62mm×39モデルが追加された。5.56mm×45モデルはACE21、22、23(それぞれ左からMAR、SAR、ARに相当)、7.62mm×39モデルはACE31、32(MAR、ARに相当。SARモデルは存在しない)、7.62mm×51モデルはACE52、53(ARM308、AR308に相当)となっている。

 ガリルは1973年にFALに変わる制式突撃銃としてイスラエル国防軍に採用され、1年後の1974年より導入開始。後にアメリカとの外交関係から中古のM16が格安で入手可能になったため主力火器の座は降りたが、ライセンス生産がおこなわれている南アフリカ共和国などでは今も現役である。

 余談ながら、古今東西どんな銃を探してもガリルが唯一といえる設計がある。それは『栓抜き』である。これはイスラエル軍がガリルの試験モデルを導入した当初、前線からレシーバーやマガジンを損傷したとの報告があり、原因を調査してみた。すると兵士が飲み物の王冠を外すのに、それらのパーツを栓抜きがわりにしていたためと判明した*1。そこで、基本モデルとして設計されたARMの脱着式キャリングハンドルの固定具にツメを設けることで、これを取り外し栓抜きとして使用できるよう設計が変更された。
 現在ではこの機能についての逸話は非常に有名であり、しばしばメディア上でも話題とされる。擬人化された銃火器がキャラクターとして登場するメディア作品うぽって!!では、本銃を擬人化したキャラクターが歯で栓を開けるシーンが存在する*2
 また、バイポッドの基部にはツメが付いており、ここにワイヤーを挟んでバイポッドを押す事でてこの原理でワイヤーカッターとして使用できるようになっている。

登場作品ジャンル使用者備考
96時間項目参照
Alliance of Valiant Arms項目参照
Angel Beats!項目参照
G.I.ジョー項目参照
LUCY/ルーシー映画チャンの手下おそらくMAR
ラストの銃撃戦で使用
NEXT -ネクスト-項目参照
Op.ローズダスト項目参照
On Your MarkPV武装警官
RECON 2020
-バイオ・モンスターズ侵略-
映画ティブス
トリシュ
バズ
MAR
The Last of Us項目参照
THE メイド服と機関銃項目参照
アイアンマン項目参照
アメリカン・エネミーズ映画エディの仲間SAR
ドイルのクラブ襲撃時に使用
アベンジャーズ項目参照
アリスの照星項目参照
あるいは裏切りという名の犬映画オルンの手下MAR
現金輸送車襲撃で所持
発砲無し
アンチャーテッド項目参照
ウォッチドッグス項目参照
うぽって!!項目参照
エリジウム項目参照
カウンターストライク項目参照
ガンスリンガー・ガール項目参照
気分はもう戦争漫画はちまき
キャプテン・アメリカ項目参照
極大射程項目参照
キラー・エリート(2011年)項目参照
キラー・トーナメント映画スレイトの手下MAR
ラストの銃撃戦で使用
グランド・セフト・オート・サンアンドレアス項目参照
グランド・セフト・オート・バイスシティ項目参照
クロスファイア項目参照
ケルベロス 地獄の番犬項目参照
ゴー・ファースト -潜入捜査官-映画ウィルフリッドの手下おそらくMAR
料金所での銃撃戦で使用
コール オブ デューティ: ブラックオプス項目参照
コール オブ デューティ: ブラックオプスII項目参照
コール オブ デューティ: ブラックオプスIIIARM
コヨーテ ラグタイム ショー項目参照
コロンビアーナ項目参照
ザ・タウン項目参照
サドンアタック項目参照
ジオブリーダーズ項目参照
ジーザス項目参照
自宅警備隊 完全読本漫画自宅警備隊員おそらく本銃
発砲無し
ジャッジ・ドレッド項目参照
シューテム・アップ項目参照
終末のマリステラ漫画天使AR
巨大な銃剣装着
新ワイルド7項目参照
スナイパー(2009年)映画タオの手下MAR
護送車襲撃時に使用
砂ぼうず項目参照
スプリガン項目参照
スペシャルフォース項目参照
セイヴィア映画ギイARMの狙撃仕様
セラフィム 2億6661万3336の翼漫画幇の兵隊SAR
ターミネーター項目参照
第9地区項目参照
デビル17項目参照
トゥームレイダー2項目参照
トゥモロー・ワールド項目参照
ナイト&デイ項目参照
ニキータ項目参照
ネバー・サレンダー 肉弾突撃項目参照
バイオーグ・トリニティ漫画穂坂正路MAR
劇中では「サブマシンガン」と呼称
バイオハザード(映画)項目参照
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生項目参照
バトルゴリラ項目参照
バトルフィールド 4項目参照
バトルフィールド ハードライン項目参照
パラサイト・イヴ項目参照
パリより愛をこめて項目参照
ヒート項目参照
ファー クライ3項目参照
フォーリング スカイズ項目参照
ブラックハット映画エリアス・カサールMAR
ブラック・ブレット--項目参照
ブロークン・アロー項目参照
ボール・ブレット・ガン項目参照
ボーン・アイデンティティー項目参照
迷彩君項目参照
メタルギア ゴーストバベル項目参照
メタルマックス3項目参照
山猫は眠らない4項目参照
ヤングガン・カルナバル項目参照
誘拐犯項目参照
傭兵たちの挽歌項目参照
ヨルムンガンド項目参照
レインボーシックス項目参照
レオン項目参照
ロボコップ項目参照
ワイルダネス項目参照

このページの画像はIWIから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ↑5 SAS隊員から言わせるとM16はほとんどクリーニングの必要が無く武器を良好な状態に保つための時間と労力がいらないだとか、ある兵士はちゃんと作動する事が分っている信頼できるからこそクリーニングする必要は無いと言う信念の奴までいたらしいが・・・ -- 2015-05-29 (金) 21:54:34
  • 東西どっちからも距離置かれた南アフリカの方が大々的に採用してる 頑丈なのもあるがイスラエル製は国を選ばない -- 2015-07-09 (木) 17:46:35
  • スプリンターセルブラックリストのSvMにおいてACEの名前で登場してましたけど型番はどれなんでしょうかね?ハイパワーなライフルとかいてあったので7.62×51mmモデルでしょうか? -- 2015-08-28 (金) 20:42:52
  • ↑ガリルACEがまさにその口径ですね -- 2015-08-28 (金) 21:13:50
  • 52か53ということですかね? -- 2015-08-28 (金) 21:30:24
  • マガジンが曲がっていなかったので52か53ですかね?30発撃てるのですが実銃でもそんなマガジンはありますかね? -- 2015-08-29 (土) 17:18:58
  • この銃の最新型であるガリルACEは完全に輸出向けの商品なのでしょうか?イスラエル国内の特殊部隊に配備とかはされるのでしょうか? -- 2015-08-31 (月) 22:47:39
  • M203PIは旧式のガリルには対応してるみたいだけど、ACEモデルには対応してるんですかね? 装着してる所を見た事が無いので気になってるんですが・・・ -- 2015-11-18 (水) 19:26:45
  • どうなんでしょうね。ピカティニーレール用モデルの方は強度と長さが十分ならどんな銃にでも装着可能だそうです。具体的な数値は分かりませんが・・・ -- 2015-11-18 (水) 20:31:40
  • ACEだと1kg近く軽量化されてるな。エアソフト化まだかな・・・ -- 2017-09-22 (金) 13:28:24
お名前:


*1 本銃に限らずAK系統のライフルは、寸法的にマガジン開口部やマガジン挿入口が栓抜きとして使いやすい寸法になっており、イスラエル以外でもしばしば栓抜きとして使用されている
*2 なお視聴者にこれを模倣し歯を損傷した者が多数居るため、当然ながら真似すべきではない

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-03 (金) 02:45:32 (21d)