H&K HK69 【擲弾発射器】

H&K HK69A1
モデル全長(伸長時)重量口径装弾数製造国
HK69A1463(683)mm2.62kg40mm×461ドイツ
MZP-1463(683)mm2.52kg

 1960年代後半、ドイツのH&K社が開発した単発擲弾発射器
 ピストルグリップと伸縮式ストックを備え、アンビのマニュアルセイフティを有するなど、操作性と携帯性に優れる。擲弾の排莢と装填は中折れ式で、撃発はハンマーによるシングルアクション方式である。
 もともとHK69は、同社のG3突撃銃の銃身下部に取り付けるアドオン式ランチャーとして開発がスタートした。ところが、ランチャー単体の評価のため、スタンドアローンのプロトタイプを作ってみたところ、評価の結果、アドオンではなく独立した火器として開発されることとなったのである。このプロトタイプ「グラナトピストーレ HK69」は、1972年にその姿が公表された。
 1979年、「HK69A1」として完成したランチャーは、80年代に入って当時の西ドイツ軍に「GraPi(Granatpistole) 40mm」として採用された。

 HK69は、警察向けに「MZP-1」というバリエーションモデルも作られている。違いは照準用の照尺が最大150mで切られていること。ちなみにオリジナルは最大350mである。擲弾も通常の40mm榴弾の他に、非致死性のゴム散弾や十字ゴム弾が発射可能。
 また、M203の様な突撃銃に装着するアドオン式擲弾発射器という本来のコンセプトに立ち返った「TGS(HK79)」も開発された。同社のG3系ライフルの銃身下部に装着できる様になっている。

登場作品ジャンル使用者備考
50 Cent:Bulletproof項目参照
DARKER THAN BLACK
-黒の契約者-
項目参照
RONIN項目参照
WarRock項目参照
ガンスミスキャッツ項目参照
ガンスリンガー・ガール項目参照
グランド・セフト・オートIV・ザ・ロスト・アンド・ダムド項目参照
グランド・セフト・オートシリーズ項目参照
ケイン&リンチ:デッドメン項目参照
サバゲっぱなし項目参照
ジオブリーダーズ項目参照
終末少女幻想アリスマチックゲーム小鳥遊 圭
小類人漫画淵島病院の職員催涙弾を発射
死霊戦線ゲームライラ・アルフォンMZP-1
新ワイルド7項目参照
砂ぼうず項目参照
スプリガン項目参照
ソードアート・オンライン項目参照
ディノクライシス項目参照
ドーベルマン項目参照
ドライバー パラレルラインズ項目参照
ドラゴンクライシス!アニメ隊員鎮圧弾
バトルガール項目参照
パラサイト・イヴ項目参照
ブラック・ラグーン項目参照
フルメタル・パニック!項目参照
マイアミ・バイス項目参照
ヤマカシ映画警官隊終盤で屋敷へ突入時に催涙弾を発射
闇のイージス項目参照
ルパン三世項目参照

このページの画像はHK DEFENCEから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • シュポン砲 -- 2007-12-24 (月) 12:03:00
  • 「ドライバーパラレルラインズ」ですが、「ドライバー」のページがあったのでそちらにリンクさせました。 -- レゲーマー? 2011-09-26 (月) 00:30:11
  • WarRockに出てましたよね? -- 鼠戦車? 2011-09-26 (月) 01:45:09
  • 13時間〜ベンガジ秘密の兵士〜に登場してました -- 2017-04-25 (火) 03:37:58
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-03 (土) 06:32:10 (175d)