H&K HK33 【突撃銃】

H&K HK33A2
モデル全長(縮小時)重量口径装弾数発射形式製造国
HK33927(720)mm3900g5.56mm×4520/25/30/40S/F/2/3ドイツ
HK53755(563)mm3000g
HK93927mm3900g5.56mm×4520/25/30/40S

 1960年代にH&K社がMP5と同時期に開発した、G3の5.56x45mm弾モデル。作動方式はG3同様のローラーロッキングディレイドブローバック

 グリップやトリガーグループ、バットストックMP5シリーズと共用で、フラッシュハイダー部には、ライフルグレネード銃剣を装着するためのスロットが設けられている。銃身下にはG3用アドオンのHK79A1擲弾発射機が装着可能。基本の25連マガジンに加え、30連や40連仕様の大容量マガジンも存在する。サードパーティ製品にM16マガジンを装着可能とするものも存在する。
 
 G3同様、先進国の軍隊ではそれほど採用されなかったが、フランスでFAMASの設計・配備が完了するまでの繋ぎとして採用されていたほか、タイやトルコでは軍の制式採用を決定し、現地でライセンス生産されている。その他にもAR15G36の世界的な普及が始まる1980年代まで発展途上国の軍隊や、先進国の警察機関で多く調達された。アメリカではベトナムへの本格的武力介入の当初、まだ制式採用されたばかりで問題点の多かったM16よりも信頼性が高く、大容量マガジンが使用できたため、特殊部隊(海軍のSEALや海兵隊のフォース・リーコン)にアメリカH&R社のライセンス生産モデルT223が支給されていた。
 本国ドイツでは当時、G11に対する国家的な期待が高まっていたため軍用としてはそれほど関心を持たれていなかった。G11計画が頓挫した後も、ドイツ陸軍はより先進的な小銃を要求したため、トライアルではG36に敗れている。

 70年代までのモデルはアメリカ軍の制式弾薬であるM193に合わせて設計されていたが、1980年以降はNATO制式弾薬のSS109を使用するよう再設計されたHK33Eが登場した。またEモデルと同時期にイタリア軍の新世代制式銃のトライアルに参加するため改良されたG41も開発されている。

 HK53は1970年代半ばに開発された20cm程度の短銃身を使用、短機関銃クラスに小型化したモデルである。ストック、フォアエンドはMP5と同じもので、「短機関銃」の名称で販売された。このモデルは小型であるため、ライフルグレネードや銃剣、HK79A1などのアンダーバレルグレネードランチャーは装着できない。初期のモデルは、HK33同様の鳥篭形フラッシュハイダーを装備していたが、後期のモデルでは、高い消炎効果をもつ、G36Kのものに似た四つ又ハイダーが装備された。
 2000年代初期には、中東に展開するイギリス軍の海兵隊員や特殊部隊員の一部がHK53を使用していた。
 
 2000年代前半までは輸出向けにHK33、HK53シリーズともにH&K社のラインナップに存在したが、G36やHK416といった新しい5.56mm口径ライフルが登場したことで製品ラインナップからはすでに外れている。

各種バリエーション   

モデル名仕様
(HK33/HK33E)A2固定ストック
(HK33/HK33E)A3スライドストック
(HK33/HK33E)A53点バースト追加。スライドストック
(HK33K/HK33KE)A2カービンタイプ。固定ストック
(HK33K/HK33KE)A3カービンタイプ。スライドストック
HK33SG1スナイパーライフル仕様
HK33TGSHK79を装着したモデル
(HK53/HK53E)A2固定ストック
(HK53/HK53E)A3スライドストック
HK53MICV車輛の銃眼に取り付けて使用する、ガンポートモデル
HK93アメリカ市場向けスポーターモデル*1
 
登場作品ジャンル使用者備考
Angel Beats!項目参照
F.R.A.T./戦慄の武装警察映画ティルマンの手下A2
G41かも
ラストの銃撃戦で使用
アヴァロン 灰色の貴婦人項目参照
アリスの照星項目参照
今そこにある危機項目参照
うぽって!!項目参照
エロイカより愛をこめて項目参照
キック・アス項目参照
合法都市漫画受付に護身用として設置
ザ・サード項目参照
さばげぶっ!項目参照
ストリートファイター項目参照
スプリガン項目参照
スポーン項目参照
セレニティー映画ジェイン架空プロップガン
スコープ装着
ゼロイン(作品名)項目参照
ソードアート・オンライン項目参照
沈黙の聖戦項目参照
デッドライン(2004年)映画テロリストA3
地下駐車場ではレーザーサイト装着
ナウィンの仲間A3
ラストの銃撃戦で使用
パコン警部同上
デモリションマン項目参照
トゥームレイダー2項目参照
バトルフィールド2項目参照
バトルフィールド 3項目参照
フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い映画SWAT隊員A2
スコープ装着
終盤で1発使用
ブレイド項目参照
優しい鷲JJ漫画ボート小屋の地下の武器倉庫に置いてあった
遊星からの物体X項目参照
リベリオン項目参照
ルーザーズ項目参照
レインボーシックス シージ項目参照
レオン項目参照
ローグアサシン項目参照

このページの画像はシカゴレジメンタルスから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • HK33、項目つくって、一部をMC51から移動してみました。 -- dan? 2006-06-06 (火) 23:55:47
  • 沈黙のあれはG41じゃないですか? -- 2006-06-07 (水) 22:10:54
  • どうもSEALsが使っていた物は、H&Kからの輸入品ではなく、リボルバーで有名なH&Rのライセンス生産品だそうですね。サタデーナイトスペシャルばかり作っているのかと思いきや、レイジングを開発したり、M14等のライフルを軍に納入したりと、割合技術は確かなようで……。 -- 2014-10-24 (金) 20:08:07
  • HK53は今でいうカービンになるんだろうか? -- 2014-11-22 (土) 10:09:33
  • ↑そうだね。カービンにしてはちょっと長いような気がするけど元より短いから、多少はね? -- 中野学校くん? 2014-11-22 (土) 10:26:58
  • hk33といえばトルコ軍のイメージ 独自の改良モデルのT50とかSG550っぽい独自マガジンあるし -- 2017-03-29 (水) 21:40:35
  • これって今でもどこかで生産されたりしているんでしょうか? -- 2017-12-04 (月) 23:22:33
  • すぐ上のコメントで言及されてますけど、トルコのMKEKでは軍用モデルのライセンス生産と販売を行っています。
    タイではライセンス生産とブルパップモデル(type11)の製造も行っていましたがライセンスは自国用のみです。
    民間モデルであれば、今もアメリカに何社かありますね。 -- 2017-12-05 (火) 00:00:03
  • ↑ありがとうございます。 -- 2017-12-05 (火) 01:02:33
お名前:


*1 セミオートオンリー、パドル型マガジンキャッチをプッシュボタン式へと変更、ロアレシーバーの結合方法をダブル・プッシュピンタイプからクリップ・アンド・ピンタイプへと変更(容易なトリガーパックの変更の防止)など

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-07-23 (土) 13:26:13 (510d)