HAS フリーガーファウスト / Fliegerfaust 【地対空ロケット砲】

Fliegerfaust
モデル全長重量(ロケット装填時)口径装弾数製造国
フリーガーファウスト B1318mm6.6kg(9.1kg)22mm9ドイツ

 フリーガーファウストは、第二次世界大戦末期にドイツで開発された、多砲身無誘導の個人携行型地対空ロケット砲である。直訳すると、「航空機拳骨」或いは「パイロット拳骨」となるが、この場合「飛行機叩き」といったニュアンスとなる。ルフトファウスト(航空拳骨)とも呼ばれた。

 中央の1門を残りの8門でぐるりと囲む、計9門のロケット発射管を束ねた外観が特徴で、プレス鋼板を用い、特殊な資材は一切使われなかった。発射筒前後にはグリップと肩当てが設えられ、本体上部に簡単な照準装置が設けられた。肩撃ち式で、有効射程は500mほど。0.2秒間隔で最初に4発、次に5発の2斉射を行い、9発のロケット弾からなる直径50mほどの散布界を形成する仕組みだった。

 当時、ドイツ軍は制空権をほぼ完全に喪失し、地上部隊は低空侵入してくる対地攻撃機からの一方的な攻撃にさらされていた。日中の移動はほとんどままならなくなり、前線部隊はおろか後方の補給・輸送部隊も壊滅的で、生産されたばかりの兵器が、受領されて戦闘に参加する以前に破壊されることも稀ではなくなった。
 そんな中、減退した資材や生産能力で作れる簡易的な携帯火器として開発されたパンツァーファウストが、個人が戦車を撃破しうる対戦車火器として成功を見せていた。ドイツ軍は対空火器にも同様の成功を目論んだのである。

 陸軍兵器局から要請を受けたヒューゴ・シュナイダー社(HAS AG)は、試作型の「ルフトファウストA」をはじめとして、弾薬や発射管の数の異なる、さまざまな設計の試作品を製作してテストした。複数の発射管を束ね、複数のロケット弾を斉射するというコンセプトは決まっていたものの、効果的な斉射数や使用弾薬については見極めが必要だった。
 最終的に、1945年2月に完成した「フリーガーファウストB」もしくは「ルフトファウストB」と名付けられた試作品が、要求性能をクリアした。

 ところで、完成したフリーガーファウストは、敵航空機の撃墜を目的とした兵器ではなかった。撃墜はあわよくば、といった程度のもので、あくまで、低空侵入してくる敵攻撃機に脅威を与え、低空攻撃をあきらめさせることを最終的な目的とした防御兵器だった。採用された弾薬も、地上からの対空攻撃を敵に知らしめるため発光する、曳光弾であった。
 試作中には、撃墜を企図したと思しき大口径ロケット弾仕様もテストされたが威力、命中精度ともそのような仕様を満たせるものは開発できず、採用されなかった。無誘導で、しかも20mm機関砲の半分程度の速度しかでないロケット弾では、高速で飛来する攻撃機に命中させるのは至難のわざで、また、当時の連合軍の攻撃機や爆撃機の防御力を考えると、当てたとしても、よほど効果的な部位でない限り、撃墜は望めないことが予測された。 

 フリーガーファウストは、ドイツ全軍から10000挺がオーダーされていたが、ごく限られた数が前線に送られてテストされたのみで、大量生産には至らなかった。このころには、連合軍からの爆撃により、そのための設備やインフラがほとんど破壊されていたためだ。ドイツ軍は、フリーガーファウストを制式採用することなく、完成の同年5月に敗戦を迎えている。前線でテストされたであろうフリーガーファウストの戦果は不明である。

 なお、パンツァーファウストに対するパンツァーファウスト3同様、現代のドイツ連邦軍では対空用個人携行火器にこの火器の名前を付ける伝統があり、「フリーガーファウスト1」がFIM-43 レッドアイ、「フリーガーファウスト2」がFIM-92 スティンガーとなっている。

登場作品ジャンル使用者備考
ハッピータイガー漫画バートル(川島 正徳少尉)

このページの画像はウィキメディア・コモンズから転載しています。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • これって発射した時射手の顔にロケットの燃焼炎がかかったりしないのでしょうか? -- シェン? 2017-07-21 (金) 16:55:13
  • 見ての通りデフレクターがありますし、バズーカなどに比べてもかなり小口径ですから大した問題ではなかったと考えられますね。 -- 2017-07-21 (金) 20:38:01
  • >飛翔速度は最高で時速約350km
    遅すぎませんか? -- 大納言? 2017-07-25 (火) 01:08:02
  • 本文にもあるけど、こいつの主な目的は敵の飛行機乗りをビビらせる事、撃墜は副次的なものだからな。 -- 2017-07-25 (火) 06:36:43
  • どうでもいいがwikipediaの記述だと初速350m/sなのが気になる。これ記事のベースが当時wikipediaの丸写しだとして修正されてるので速度の間違いもそのままになっているのでは... -- 2017-07-25 (火) 10:40:30
  • ttp://forum.valka.cz/topic/view/12543/2-cm-Luftfaust-protiletadlovy-rucni-raketomet にこうあります。
    砲口初速 : 280 - 310 m/s -- 大納言? 2017-07-26 (水) 22:48:29
  • そんなもんその辺のインターネットサイトで380m/sだの360m/sだの色々書かれてるのに特別これが信用に値するわけない。そもそも問題はそこでもない。想定されている到達距離でその速度が維持されてる筈がないので初速だけ書いてもあまり意味がないことだ。
    しかし「飛翔速度は最高で〜」云々もどの時点での話か言及がなく曖昧な表現と言える。速度関係の情報はコメントアウトが妥当かな。 -- 2017-07-27 (木) 04:36:16
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:10:13 (587d)