FN F2000 【突撃銃】

FN F2000
モデル全長重量口径装弾数発射形式製造国
F2000694mm3.6kg5.56mm×4530S/Fベルギー
F2000+GL727mm4.6kg5.56mm×45
40mm
30
1
S/F
FS2000739mm3.4kg5.56mm×4510/30S

 FN社が2001年に発表したブルパップ突撃銃。米国のOICWのような「次世代個人火器」のコンセプトを目指した銃火器である。
 IWS(Integrated Weapon System:統合火器システム)とも呼ばれる本銃は、その名の通り各パーツをユニット化する事で、メンテナンスや装備の変更が容易かつ迅速に可能。排莢方式もユニークで、空薬莢は従来のように薬室右には飛ばさず、チューブを経てハンドガード部まで移動させた後、右前方へと飛ばす前方排莢方式を採用しているため、パーツ交換なしに左右どちらで構えても安全に射撃できるという仕様になっている。
 フォアエンド部には銃同様ユニット化されたアドオンが用意されており、40mmグレネードランチャー(GL1)や散弾銃LAMピカティニーレールなどが無加工で装着可能。
 本体上面には、OICW同様、様々な照準機器を統合したFCS(Fire Control System:火器統制装置)と呼ばれるアクセサリーを装着可能で、内蔵されたレーザー距離計が、照準器で捉えたターゲットとの距離を自動測定し、GL1発砲の際などに射手に対して適切な発射角度を指示してくれる。
 またトリガーユニットの設計はP90のものが流用されており、セレクターの操作や、フルオート時にもトリガーを浅く引くとセミオートとして動作するプログレッシブ・トリガーの仕様は同一である。

 このFCS統合モデル以外にも専用の1.6倍率スコープを備えたモデルや、他のサードパーティの照準機器を装着可能なトップレールレシーバーのF2000タクティカルモデル、アメリカ民間市場向けの16インチバレル・セミオート限定仕様のスポーターモデルFS2000が存在する。
 また、サウジアラビア軍やスロベニア軍ではF2000タクティカルとは異なりキャリングハンドル兼用の底上げされたトップレールレシーバーを持つF2000Sというモデルを採用している。

 本家OICW同様、一つのライフルに複数の機能を詰め込むのには些か無理があったようで、現在のところFCS搭載型モデルの採用例はない。

登場作品ジャンル使用者備考
24 -TWENTY FOUR-項目参照
Alliance of Valiant Arms項目参照
Combat Arms項目参照
Dead Trigger2ゲームカイルスコープ
FESTA!! -HYPER GIRLS POP-ゲーム久遠寺 凛
GAMER項目参照
GENE-Z項目参照
G.I.ジョー項目参照
”Hello,world.”項目参照
MAG項目参照
Parabellum -パラベラム-項目参照
Seven Years Of War項目参照
S.T.A.L.K.E.R.項目参照
アイアンマン項目参照
イノセント・ヴィーナス項目参照
インセクツ漫画ケミフォース隊員
ウォーキング・デッド項目参照
うぽって!!項目参照
エクスペンダブルズ項目参照
怪滅王と12人の星の巫女漫画烏丸 稀奈子FCS装着
十字架型のマズルデバイス装着
カウンターストライク オンライン項目参照
キャプテン・アメリカ項目参照
巨悪学園漫画黒服校長の狙撃に使用
ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2項目参照
ゴーストリコン フューチャーソルジャー項目参照
コール オブ デューティ: モダン・ウォーフェア2項目参照
ゴッドサイダーサーガ 神魔三国志漫画デイビット
アメリカ・中国連合軍兵士
回想シーン
FN EGLM装着
さばげぶっ!項目参照
ザ・ユニット 米軍極秘部隊項目参照
ソードアート・オンライン項目参照
ターミネーター4項目参照
対魔導学園35試験小隊アニメリムジンのトランクに収納
第8話
タクティカルロアアニメ洋衛軍一般海兵
鉄拳項目参照
とある魔術の禁書目録項目参照
スプリンターセル項目参照
バトルフィールド2項目参照
バトルフィールド 3項目参照
バトルフィールド 4項目参照
バトルフィールド バッドカンパニー項目参照
バトルフィールド バッドカンパニー2項目参照
バトルフィールド ハードライン項目参照
ヒットマン(映画)項目参照
ヒットマン ブラッドマネー項目参照
フタコイ オルタナティブアニメゴスロリ仮面第12話
ペーパーマン項目参照
魔装学園H×Hアニメブリジット・アークライト第10話
みりたり!項目参照
迷彩君項目参照
メカニック項目参照
メダル オブ オナー(2010年)項目参照
メタルギアソリッド4項目参照
メタルサーガ ニューフロンティア項目参照
ラキア項目参照
ロックアウト項目参照
ロボコップ項目参照
 

動画


このページの画像はFNH USAから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 見れば見るほど魚のマンボウを連想してしまうのは私だけ? -- 2015-11-26 (木) 00:16:58
  • ↑アメリカでは「tuna」だってさ。どちらにしろ魚だけど -- 2015-11-26 (木) 08:14:59
  • ↑マグロか…確かにそんな雰囲気だ -- 2015-12-07 (月) 20:46:35
  • 攻殻機動隊の映画でシュレティンガーってARがあったけど結構似てるなぁ…元ネタこの銃じゃないのか -- 2015-12-07 (月) 20:48:31
  • いや…あれは創作だろうな まぁいくつかのブルパップARを参考にはしてるだろうが -- 2015-12-08 (火) 14:17:28
  • このフォワードインジェクション構造は右側を上方・左側を下方にして撃った時に薬莢が戻ってきてジャムりそうなんだが…制式採用した軍隊は大丈夫か? -- 2016-01-26 (火) 02:36:18
  • 似た質問をして、薬莢は戻らないようになっていると聞いたことがあるな まぁ上に向けて撃った場合だったと思うから↑の質問とはちとずれるかもしれんが -- 2016-01-26 (火) 12:48:52
  • 薬莢をチューブで送る際の動力(?)はガス圧になるのですかね -- 2016-08-11 (木) 19:09:56
  • でしょうな。しかし銃身側から排莢出すのは確かに飛び散らないだろうが前進しながら射撃すると足元にもろ薬莢が来そうだ -- 2016-08-11 (木) 20:38:59
  • 不法移民対策で国境警備に就いたスロベニア兵が持ってる写真を見た -- 2016-09-18 (日) 08:39:12
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-01 (日) 17:29:23 (53d)