F.B.EYE スーとリーの感動事件簿/F.B.EYE

2002,アメリカ

 幼い頃に重度の聴力障害者と診断されたが、母親や周囲の指導・助言を受けて、唇の動きさえ把握できれば距離など問題ではない意思疎通手段である読唇術を体得した女性、スー・トーマス。彼女は縁あって、以前からの憧れであったFBI(米連邦捜査局)に入局した。ところが、与えられた仕事は指紋の照合という地味な職務ばかり。
 ある日のこと、彼女は偶然に読んだ連邦判事の会話内容を正確に再現できるというその高度な読唇術の能力を、現役のSWAT隊員であり、腕利きであるジャック・ハドソン特別捜査官に引き抜かれ、FBI特別捜査官として、そして監視のスペシャリストとして危険な犯罪捜査の最前線に立つことになる。

 実際にFBI特別捜査官であった時期もある、スー・トーマスの自伝を元に描かれたクライムアクション&ヒューマンドラマ。本国アメリカでは既に放映は終了。日本国内では現在、第3シリーズが放映中である。
 若き頃のトーマスを演じるディアン・ブレイ自身も実は重度の聴力障害者である(第1シリーズの最終盤で2人が捜査官と病院に通う患者として共演している)。表題のリーとはK9(警察犬)であり、聴導犬であるゴールデンレトリーバーである泡風呂好きのリーヴァイのこと。本作品の隠れた主役で、いわゆるツッコミ役でもある。

使用者登場銃器備考
ジャック・ハドソングロック17
H&K MP5A5
おそらくFBIからの支給品
レーザーポインター,タクティカルライト装備
SWAT隊員としての任務時に使用
マイルズ・リーランドグロック17
H&K MP5A5
H&K G36C
私服任務時の携行品
SWAT任務時に携行
第1シーズン15話の容疑者宅の急襲作戦時に使用
タクティカルライト,バーティカルグリップ装備)
ボビー(本名は調査中)グロック17
H&K MP5A5
レミントン M870
FBIからの支給品
テロリスト拘束作戦に使用
SWAT任務時に使用
第2シリーズで狙撃犯に向けて5発発砲
デミトリアス(本名は調査中)グロック17私服任務時携行
FBI捜査官グロック17
FBI-SWAT隊員H&K G36C
H&K MP5A5
M3 スーパー90
第2シーズンに登場
人質奪還部隊(HRT)の可能性あり
トーマス救出作戦の際に隊員が携行
テロリスト拘束時に携行
FBI突入部隊HK UMP第2シーズンに登場
連続狙撃犯レミントン M700第1シリーズ20話に登場
おそらくは米陸軍正式のM24A1
ジャック狙撃時に使用
銃器違法密売組織メンバーAK47第2シリーズ『危機の予感』に登場
中国製コピーモデル
発砲なし
(撮影に用いられたのはおそらく東京マルイ社製の電動ガン)

コメントはありません。 コメント/F.B.EYE?

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:07:07 (591d)