チェスカー・ゾブロヨフカ / Česká Zbrojovka

 チェスカー・ゾブロヨフカ(ズブロヨフカとも)とはチェコ語で「チェコ造兵廠」を意味し、社会主義時代のチェコスロバキア共和国で小火器を含む工業生産に関わっていた国営企業群、または前述のチェスカー・ゾブロヨフカ傘下のメーカーのうち、チェコ共和国独立後に株式会社化された「チェスカー・ゾブロヨフカ・ウヘルスキー・ブロト(以下CZUB)」を指す名称。本項では、この二者のそれぞれについて解説する。

チェコスロバキア共和国時代のチェスカー・ゾブロヨフカ

 こちらの「チェスカー・ゾブロヨフカ(以下CZ)」とはそもそも単一の企業の名称ではなく、チェコスロバキア共和国の共産主義思想の影響を受けて兵器開発・生産を行っていた複数の企業の総称である。
 分かりやすく例えるなら、「CZ」とはチェコスロバキアが所有する国営企業の兵器すべてに与えられるブランドと考えるといいだろう。この”ブランド”には後述するCZUBのほか、ZB26軽機関銃で知られるブルーノ造兵廠なども含まれる。
 また、スイスのシグや中国のノリンコなどと同様に、兵器に限らず自動車などの重工業などもCZの名の下で行われていた模様。とりわけ1919年に設立された「チェスカー・ゾブロヨフカ・ストラコニツェ(CZ Strakonice)」は当初対空砲やVz23などの銃器などの生産を手掛けていたが、業績不振をきっかけに、1932年頃から並行して行っていたオートバイ生産へ一本化、その名も「CZ」ブランドのオートバイとして、同じくチェコのオートバイブランドであるヤワ(Jawa)とも肩を並べる存在となった。

 チェコスロバキア共和国は第二次大戦時に、ドイツとハンガリーによる侵攻や独立運動によって分裂や併合が繰り返されたのち1945年に再統一。つかの間の自由主義を経て1948年に人民民主主義を宣言、事実上社会主義化する。1960年に国名を「チェコスロバキア社会主義共和国」と改め、名実ともに社会主義国家となる。
 このため本項では1948年から1993年のチェコスロバキア分離までの期間に開発された銃器を「CZ」製とする。

 なお、ここで取り扱う銃器は、特に明記のない限り、いずれも後述するCZUBによる設計である。

回転式拳銃

ZKR-551

自動拳銃

CZ22
CZ24
CZ27

CZ38
CZ52
CZ82
CZ75
モデルZ(設計は社外デザイナーによるもの)

短機関銃

Vz. 23(CZストラコニツェによる設計)
Vz. 61

突撃銃

Vz. 58

チェスカー・ゾブロヨフカ・ウヘルスキー・ブロト(現・チェスカー・ゾブロヨフカ社)

 チェコスロバキア第一共和国時代の1936年6月27日に設立された銃器メーカー。チェコ語表記は「Česká zbrojovka Uherský Brod」。現・チェコ共和国東部のモラヴィアの町、ウヘルスキー・ブロトに本部を構えることから社名を取っている。
 以下、CZUBと表記する。

 CZUBの起源は1936年。ナチス・ドイツの脅威が迫る中、チェコスロバキアの国防省は軍需産業の拠点を国境から遠ざける決断をする。その候補地に選ばれたのが、ウヘルスキー・ブロトであった。
 国直営の兵器廠となり「CZ」の名を冠したウヘルスキー・ブロトの工場は小火器生産を専門に請け負い、冷戦時代のチェコスロバキアの国防の生命線となる。やがてチェコスロバキアが、チェコ共和国とスロバキア共和国の2つに分離したのに伴い、町の名前を廃した「チェスカー・ゾブロヨフカ社」として株式会社化。現在にいたるもチェコ最大の銃器メーカーとして操業している。

 第二次世界大戦後の共産国家の中でも、高い精度を持った銃器を作る事に定評があり、CZ75Vz61などの傑作を多数生み出している。
 一般に「CZ」と言えば、ほとんどの場合はCZUBを指すほどまでに、CZの中ではメジャーな存在である。
 その証左のエピソードの一つといえるのが、Vz58の存在。当時、東ヨーロッパ諸国がソ連の影響を強く受け、そのほとんどがソ連制式突撃銃であるAK47をライセンス生産して制式配備しているにもかかわらず、チェコスロバキアだけはCZUBによる独自設計のVz58を製造していた。このことからも、いかにCZUBの工業製品の精度が、国内外で高く評価されているかがうかがえるだろう。

 以下は、株式会社化後のCZUBによる設計の銃火器。チェコスロバキア時代のCZUBについては、前項目を参照されたし。

自動拳銃

CZ 100

短機関銃

CZ スコーピオン EVO3

突撃銃

CZ 805

外部リンク

チェスカー・ゾブロヨフカ社(CZUB)



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 何故、CZとCZEがあるのでしょうか?
    統一した方がいいのでは? -- 2013-05-02 (木) 00:47:09
  • CZEは、チェコスロバキアの略号。共産圏時代の銃器は「国家略名 モデル名」をリンク名にするルールです。詳しくは投稿の手順を参照のコト。 -- 2013-05-02 (木) 01:18:57
  • 全面改稿。主に「一口にチェスカー・ゾブロヨフカといっても、単一の会社ではないこと」、「一般にチェスカー・ゾブロヨフカとして知られるのは、CZUBである」ということを念頭において編集しました。当初はほとんどがCZUBによる設計なので、煩雑になるだけで意味ないかなとも思ったのですが、Vz23だけはストラコニツェのほうの設計ということがわかっただけでも、区別することは無駄じゃなかったかなと。なお、「ウヘルスキー・ブロト」の読みのソースはGoogleマップですが、より適切な表記があればぜひそちらに差し替えてください。 -- tobi? 2013-11-14 (木) 02:43:42
  • 複数のCZの関係性が分かり易くなりましたね。感謝です。 -- 2013-11-14 (木) 14:02:49
  • CZ83って、どのメディアにも登場してないんでしょうか? 実際の性能はともかく、外観デザインは気に入っているのですが。 -- 2016-01-21 (木) 17:16:52
  • ボーン・アイデンティティーに出てるようですね -- 2016-01-21 (木) 17:54:56
  • しかしここの製品の現在のナンバリング規則(CZ-xxx)はいまいちよく分かりませんね。2桁系はピストルのみのようですが、400−600番台までは武器種別ごとに分かれているものの、700番台は民間用ショットガンと軍・法執行機関向けボルトアクションライフルが両方入っているので武器種別ではなく単に開発順序でしょうか・・・確かに900番台のショットガンはCZ805の登場以後の商品だと思いますが。 -- 2016-01-21 (木) 20:08:18
  • 2016-01-21 (木) 17:54:56 さん、ありがとうざいます。 ボーン・アイデンティティーのコメント欄を見て愕然としました。>>大手CZ社の製品ですが、登場作品も少ないので専用ページを作る必要は無いでしょう<< 登場作品が一つだけだと個別ページ作成は許可されないのですか? 断言というより、異論を許さない意図が込められたコメントですが、それが住人の総意なんですか? -- 2016-01-23 (土) 20:29:10
  • 登場作品一つの銃のページは結構あるよ。 -- 2016-01-23 (土) 20:35:16
  • よく分からないのですが、そこまで強迫的な捉え方をされなくてもと思いますが・・・ページを作るのは労力が掛かるのでとりあえず銃の名前だけ載せておいたというようなコメントに見えますが。 -- 2016-01-23 (土) 20:45:26
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:08:01 (591d)