ブルッガー&トーメ VP9 / Brügger & Thomet VP9 【消音拳銃】

VP9の後期モデル
全長銃身長重量口径装弾数製造国
285mm50mm (2in)862g9mm×195+1スイス

 VP9(Veterinary Pistol。“獣医用拳銃”の意)は、2014年からスイスのB&T(ブルッガー&トーメ)社が製造している消音拳銃である。その名のとおり、獣医師が救命の絶望的な患畜を、あるいはハンターや警官が手負いとなった危険な野生動物を、静かにかつ速やかに安楽死させねばならない状況に対応するため、こうした需要に応えるべく開発された。
 
 作動方式はボルトアクション。本体後部のボルト操作用ノブを引いて一発ずつ装填・排莢を行うなど、基本的な構造は第2次世界大戦中にイギリスが開発した消音拳銃「ウェルロッド」に酷似している。使用弾薬もウェルロッド Mk.I同様の9mmパラベラム弾で、バッフル式のサプレッサーを被せたわずか5cm長の内蔵銃身に複数の穴を設け、燃焼ガスを逃がすことで腔圧を下げ、弾体を亜音速で発射し、衝撃波を抑制する点も全く同じである。

 弾倉はシグザウエル P225シングルカラムマガジンを使用。これにはグリップを兼ねるポリマー製のシュラウドがはめ込まれており、銃本体からマガジンと共に抜くことでさらに小型化できるという、これもまたウェルロッドに近い設計になっている。また、弾倉兼グリップを外した状態でも発砲は可能(ただし、中指でトリガーを引くスタイルになる)。レシーバー前後にアイアンサイトを備えている他、専用のマウントベースをサプレッサーにはめ込めば、タクティカルライトレーザーサイトも装着可能になる。後期モデルでは、初期モデルには無かったトリガーガードグリップセイフティ機能が追加されている。
 サプレッサーは、アルミ製バッフルを組み込んだ練習用と、シリコン製バッフルを組み込んだ実務用の2種類。減音効果は、練習用は140db程だが、実務用はシリコン樹脂で銃身内を密閉しているため129dbまで下がる。ただし、発砲の度に弾丸がシリコン樹脂を貫くので、発射数が10発を超えると減音効果が低下し、20発程でバッフルの寿命に達するとされている(ただし、バッフルの交換自体は道具無しで簡単にできる)。

登場作品ジャンル使用者備考
KILLJOYS/銀河の賞金ハンターTVドラマフランシー・リー初期モデル
シーズン1・第6話
ダッチサプレッサー下部にバレルウェイト風のパーツを装着
シーズン1・第7話

このページの画像はブルッガー&トーメ社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • B&T社公式による発砲動画はこちらから↓
    ttps://www.youtube.com/watch?v=OO3S0yw_O6M -- 2016-07-28 (木) 00:23:35
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-07-28 (木) 03:29:51 (754d)