ブルッガー&トーメ VP9 / Brügger & Thomet VP9 【消音拳銃】

VP9の後期モデル
全長銃身長重量口径装弾数製造国
285mm50mm (2in)862g9mm×195+1スイス

 VP9(Veterinary Pistol。“獣医の拳銃”の意)は、2014年からスイスのB&T(ブルッガー&トーメ)社が製造している消音拳銃である。
 法執行機関や獣医、ハンターなど向けに、手負いの動物を無力化するための携行性の高い消音銃器として開発された。
 基本的な構造は第2次世界大戦中にイギリスが開発した消音拳銃ウェルロッドに類似しているが、サイズはかなり小型となっている。
 
 作動方式はボルトアクション。本体後部のボルト操作用ノブを引いて一発ずつ装填・排莢を行う。バッフル式のインテグラル・サプレッサーで腔圧を下げ、弾体を亜音速で発射して音を抑制する機能を持つ。

 弾倉はシグザウエル P225シングルカラムマガジンを使用。マガジンはグリップを兼ねるポリマー製のシュラウドがはめ込まれており、銃本体からマガジンと共に抜くことでに小型化である。弾倉兼グリップは外した状態でも発砲は可能。
 レシーバー前後にアイアンサイトを備えている他、専用のマウントベースをサプレッサーにはめ込めば、タクティカルライトレーザーサイトも装着可能になる。後期モデルでは、初期モデルには無かったトリガーガードグリップセイフティ機能が追加されている。
 サプレッサーは、アルミ製バッフルを組み込んだ練習用と、シリコン製バッフルを組み込んだ実務用の2種類。減音効果は、練習用は140db程だが、実務用はシリコン樹脂で銃身内を密閉しているため129dbまで下がる。ただし、発砲の度に弾丸がシリコン樹脂を貫くので、発射数が10発を超えると減音効果が低下し、20発程でバッフルの寿命に達するとされている(ただし、バッフルの交換自体は道具無しで簡単にできる)。

登場作品ジャンル使用者備考
KILLJOYS/銀河の賞金ハンターTVドラマフランシー・リー初期モデル
シーズン1・第6話
ダッチサプレッサー下部にバレルウェイト風のパーツを装着
シーズン1・第7話

このページの画像はブルッガー&トーメ社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • B&T社公式による発砲動画はこちらから↓
    ttps://www.youtube.com/watch?v=OO3S0yw_O6M -- 2016-07-28 (木) 00:23:35
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-07-28 (木) 03:29:51 (485d)