5.56mm×45弾

 5.56mm×45弾は、1957年にアメリカのスプリングフィールド造兵廠で開発された".223レミントン弾 (.223 Remington)"、またはこれを元にベルギーのFN社が開発した"SS109"などに代表される弾薬規格である。サイズは厳密には同一ではないものの、いずれも口径5.56mm、薬莢長45mmである。

 この弾薬は米軍による弾薬の有効性に関する調査により、近距離においては大口径低速弾と小口径高速(SCHV、Small Caliber High Velocity)弾の与えるダメージにはほとんど変化が無いため、弾薬を小型化することで携行弾数や弾速*1を増加し、反動や誤射を軽減するといったメリットを得る事ができる、という事実が判明した事により設計された。

 .223レミントン弾は、実測では0.222インチとなっている。実測値と違う数字と開発元でない名前が冠されたのは、類似口径の弾薬との誤認を防ぐためと、ベースとなった.222レミントン弾の改修版であることを示すためである。.223レミントン弾開発時には、他数社が同様の小口径ライフル弾を開発し、トライアルが行われたが、最終的に.223レミントン弾が米軍の制式弾薬"M193"として採用された。

 その後、この規格の弾薬をNATO標準とするに当たって、NATO各国にとって平等となるようミニミ軽機関銃の20インチ銃身に最適化された、FN社のSS109弾が選ばれ、"5.56×45mm NATO弾"として1980年に現NATO制式弾薬として採用された。
 この弾薬は米軍では"M855"の名で制式採用され、1989年に発表されたM16A2はこのM855(SS109)に合わせて設計された。

 この弾薬に関する誤謬は国内外問わず多く、「あえて敵を殺傷せず、手当てに人員を割かせる事で敵の戦闘力を削ぐよう設計されている」「着弾後に横転する事で体内を切り裂く設計である」などといったものが特に見られるが、いずれも後述の威力問題などから後世創作されたもので、いずれも事実ではない。*2

 しかしSS109には実際には設計上の問題が幾つかあり(詳細はグリーンチップの項目を参照)、湾岸戦争以降、威力不足や射程不足といった問題を露呈した。また、米軍では市街戦用に短銃身のM4カービンを一般歩兵にも支給するようになり、フルサイズのM16に適応していたM855では、初速が落ちることによる威力低下や、発射ガスが燃えきらないことで機関部が汚れやすくなる、といったことも引き起こされた。
 これらの問題にアメリカ陸軍は新型弾薬「M855A1 EPR(Enhanced Performance Round)」を開発。また、海軍・海兵隊は「Mk318 SOST(Special Operations Science and Technology)」を開発している。
 加えて、米軍ではACOG(Advanced Combat Optic Gunsight)を大量に配備した*3結果、弾自体の威力不足ではなく「撃った弾が当たっていなかった」事も判明した。
 新型弾薬とACOGの普及により、米軍内では5.56mm弾への不満は大幅に減少した。

 2016年現在、アメリカ以外のNATO各国でも米軍同様、SS109の問題を解決する為に独自の弾薬を開発・採用し、ライフル自体もそれに最適化された国が多くなっており、規格としては同一であるものの、弾薬の共用面での問題を抱えている状況である。



議題がページテーマと異なってきた場合や雑談等は掲示板をご利用ください。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ですよね。223レミントンはともかくSS109はフラグ化或いはタンブリングしやすい用なデザインにされていますし。現役でも決行この説が浸透していたりするのでいや、まさかとも思ったのですが。元ネタとしては威力不足をなじった皮肉でしょうか? -- 三流陸曹? 2015-06-10 (水) 16:29:24
  • 具体的な起源は不明ですが、アメリカではハーグ陸戦条約の調印辺りから常に言われている都市伝説のようなもので、制式弾が.30-06から7.62x51mmに変わった時にすら言われていた噂であるようです。少なくとも米軍の公式発表では弾薬の威力を意図的に落としているというものはなく、むしろ「5.56x45mmは近距離では7.62x51mmと殺傷力は同等である」とする内容のものが大半です。 -- 2015-06-10 (水) 19:41:21
  • 未だに違いがイマイチ分かりませんね、例えですけどM16A1は5.56NATO弾の使用は推奨されない(不可?)でA2の場合は撃てると? -- 2015-09-14 (月) 13:29:16
  • 1985年に採用されたFNC用の5.56mmがNATOで制式採用されたのがSS109 通称ら5.56mmNATO弾 中は中空 元々のM16A1やガAR-18やリル初級型やFAMAS のG2以外でで使われてるのが223レミントン弾 通称旧5.56 旧5.56m弾を肉厚SS109対応型に使っても問題はないが逆はライフリングの刻みの問題で弾道が安定しなくなるし銃にとって負担が大きくなってて危険 -- 2015-09-14 (月) 20:03:40
  • ガリル初期型 ⬇M16A2が発表されたのは1984年だったか1986年だったかの筈 注釈2 -- 2015-09-14 (月) 20:06:10
  • 現NATO弾は、民間でも販売しているんですかね? よく5.56mmNATOとかグリーンチップの名で、大手企業が販売していたりしますが…… -- 2015-09-14 (月) 23:57:16
  • 最初から民間向けに製造してる物と、軍での保管期限切れ(使用期限とは別)の放出品の2種類が販売されています。 -- 2015-09-15 (火) 00:13:08
  • M855A1に統一されたのは、MK318とかだと使える銃が限られるから? -- 2016-09-03 (土) 06:30:17
  • 弾丸の説明ページは地味にありがたい。 -- 2016-09-03 (土) 09:37:13
  • ほとんどは口径のページに飛ばされるしね -- 2016-10-13 (木) 15:28:51
お名前:


*1 着弾までの時間の短縮、弾道のフラットさ、貫通力など多くのメリットに関与する
*2 表現上の残酷さをあえて狙ってのことか、こうした表現は小説作品などでは特に頻繁に見られる。日本では筒井康隆や伊藤計劃の作品など。
*3 敵味方を識別しやすくして誤射を防ぐ、という目的もある。2000年代前半では近距離向けのダットサイトやホロサイトが主流だったが誤射が多発していた。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:04:12 (466d)