10mmオート弾 / 10mm AUTO

 1983年*1に、スウェーデンのFFV ノーマ(ノルマ)社で開発された自動拳銃用実包。9mmパラベラム弾.45ACP弾の中間、約1センチ*2の直径を持ち、「9mmパラベラム弾よりも威力があり、.45ACP弾よりも初速が高く当てやすい、理想の自動拳銃用カートリッジ」との売り込みでデビューした。

 10mmオート弾は、もともとトーマスF.ドーナウスとマイケルW.ディクソンが設立したドーナウス&ディクソン(D&D)社の要請で、新型自動拳銃ブレンテンのために開発されたカートリッジである。開発に当たってD&Dは、コンバットシューティングの提唱者であるジェフ・クーパーに助言を仰ぎ、奇しくも同様の構想を温めていたクーパーのアイデアも取り込む形で完成した。
 こうして完成した10mmオート弾薬は9mmパラベラム弾よりも弾頭重量・初速の双方において大きく上回る仕様となったため、その威力は当初想定したものを大幅に上回り、.45ACP以上、.357マグナムに匹敵するものとなった。これらの弾薬は弾頭重量や初速においてほとんど同等であり、現在でも10mmオートはしばしば自動拳銃版.357マグナムという風にも呼ばれる。
 鳴り物入りでデビューした10mmオートだったが、肝心のブレンテンがマガジンの生産トラブルなどで販売が伸びず、道連れになる格好で10mmオート弾も出鼻をくじかれた。その後、S&WM610オートマチックM1076デルタエリートオメガなど、1911をベースとした10mm口径の銃もちらほらと登場し始めるが、デルタエリートやオメガは品質面に問題があり、作動不良を起こすことも多かった。

 10mmオート弾自体も、実際に使用してみると威力過大で、自動拳銃での実戦に用いるにはやや扱いづらいカートリッジとなってしまった。発射の度に銃に高い負荷をかけてしまうため、他の口径からのコンバート(改設計)も難しかった。
 ジェフ・クーパーの肝煎りとあって一部に熱心な支持者も得たものの、長い間ノーマ社以外から実包が供給されなかったこともあり、民間市場になかなか浸透しないまま、10mmオートは暫く「ニッチ(すき間)・カートリッジ」としてくすぶり続けることになる。

 公的機関では、1988年、FBIが「FBIロード」と呼ばれる10mmオートの減装弾を採用する。これは1986年のマイアミ銃撃事件をきっかけに、FBIが9mmパラベラム弾の威力に不信感を抱いたためだ。
 しかし「炸薬を減らすのであれば、薬莢も小さくした方が、弾薬も銃のサイズもよりコンパクトにまとめられる」として、S&W社が新たに薬莢を短縮した.40S&W(10mmショート)弾を提案する。9mmパラベラム弾にサイズも近く威力もそこそこあり、9mm仕様の銃からより簡単にコンバートできるとあって、.40S&Wは、本来10mmオートが目指したニーズに見事マッチしてしまい、より広く支持を集めるようになった。
 その後、テロリストなどの武装犯がボディアーマーを着用するケースが増えたことで、H&K MP5などの短機関銃に、一時期10mmオート仕様がラインナップされたが、これも9mmパラベラムの強装弾や、ライフル弾を使用するカービンに取って代わられ、公的機関からも10mmオートは次第に姿を消していった。

 こうして対人用としては不成功に終わった10mmオートだったが、捨てる神あれば拾う神あり。今度は対野生動物(ハンティング)用として支持を集め始める。人間相手では過大、あるいは中途半端だった威力が、中・大型の野生動物相手となると、.45ACP弾より強力で頼もしく、リボルバー用の.357マグナム弾.44マグナム弾よりも携帯性や装弾数で遙かに有利と、むしろメリットの方が大きくなった。
 このため、ハンターのバックアップ用として需要が伸び始めたほか、一時は駆逐された法執行機関でも、アラスカ州警察やノルウェーの国境警備隊が野生動物(特にヘラジカやホッキョクグマ)対策の一環として採用を決定し、復活の兆しを見せている。.40S&Wがブームになった事で充実したサプレッサーなどのオプションパーツが同じ10mm口径であるため転用可能となっており、銃自体も.40S&Wから10mmへのコンバージョンが比較的容易なため広がりを見せている。
 とはいえ、拳銃用実包としては未だに「ニッチ・カートリッジ」の域を出ず、一発当たりの単価がまだまだ高いのが難点とされる。

弾丸直径弾薬全長
/薬莢全長
リム形状弾頭重量銃口初速初活力有効射程代表的な銃
10.16mm(0.400in)32.00mm (1.260in)
/25.20mm(0.992in)
リムレス135gr(8.7g)1600ft/s767ft-lbsS&W モデル610
AMT ジャベリナ
D&Dブレンテン
STI エッジ
グロック 20
コルト デルタエリート
スプリングフィールド オメガ
H&K MP5/10

※データはDOUBLE TAP AMMUNITIONからの抜粋で、Nosler JHPを4.6インチ銃身から発射した場合の一例です。
弾薬の種類や製造元、発射する銃によって数値は異なります。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • いかんせん弾自体がマイナーですから団栗の背比べになってしまいますか。アラスカやノルウェーで警察と国境警備隊が使っている銃が分かる方おられますか? -- 三流陸曹? 2015-02-24 (火) 06:39:57
  • ↑×2のコメントをした者ですが、アラスカ警察を調べたところ、アラスカ警察は10mmオートは既に使用しておらず、40swのglockを使っている模様。国境警備隊やノルウェー警察はわかりませんでした。 -- 2015-02-24 (火) 10:43:23
  • 有り難うございます。結局40swに淘汰されてしまったのですか・・・となると本文にも反映させるべきでしょうか -- 三流陸曹? 2015-02-25 (水) 19:54:49
  • 威力は44マグナムに近いのか・・・ -- 2015-03-17 (火) 18:53:54
  • ↑総合的に見ると、どちらかと言えば357マグナムに近いというのが通説です。 -- 2015-03-17 (火) 19:16:26
  • いま市場に出てる10mmオートはほとんどが減装弾らしいですね。.357マグナム並なのは一部だけとか -- 2015-07-16 (木) 09:56:49
  • と言うと40SWと.357の中間位・・・.327辺り相当でしょうかね? -- 三流陸曹? 2015-07-16 (木) 10:14:55
  • 銃弾の破壊力っていろいろな要素で変化してまうのは承知していますが、9mm+P、.357SIGと比べて、減装で無い(NORMA製?)10mmAutoの破壊力っていかほどなんでしょうかネ。357SIGとは性能的に近しそうですが、9mm+Pとは比べ物にならない? -- 2015-07-19 (日) 19:59:55
  • まぁそれは比べ物にはなりませんね。いくら強装弾でもエネルギーは10%前後しか増えませんから、単純なエネルギーでは1.5倍近い10mmオート弾には到底及びようもありません。 -- 2015-07-19 (日) 20:26:05
  • .357SIGはエネルギーでは.357マグナムや10mmオート弾にはやや劣りますが、10mmオートよりもやや弾速が高い傾向があるので、.357マグナムの特性として知られる高い「貫通力」はむしろ.357SIGの方が近いかと思います。破壊力は何を撃つのかによっても変わる概念ですが、対物破壊力はそういう点から.357SIGの方があると言えなくもないです。実際、弾薬の規格上の最大腔圧は.357SIGの方がかなり高いのも一考すべき点でしょうね。 -- 2015-07-19 (日) 20:32:10
お名前:


*1 供給は1984年から
*2 正確には10.16mm、0.4インチ

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:07:53 (591d)