.408 シャイタック弾 / .408 Cheytac

 .408シャイタック弾は、2000m先でも十分な破壊力と命中精度を維持できるように長距離狙撃銃向けに開発された弾薬である。設計者はジョン・テイラーとウィリアム・ワードマン。
 1997年から.505ギブス弾*1をベースに開発が行われ、.400テイラーマグナム弾として試作された。その後、さらに改良が行われ、2001年に.408シャイタック弾が完成した。

 .408シャイタック弾の弾頭は通常のフルメタルジャケット弾ではなく、カッパーニッケル合金の削り出し加工で作られる。この為、弾頭の先端部は鋭く尖った形状をしており、空気抵抗を減少させることができる。
 .408シャイタック弾は長距離狙撃だけでなく、対物狙撃としての利用も想定されている。シャイタック社の実験によると、419グレイン弾は590mの距離で1.27cmの鋼板を貫通させることに成功している。(下図参照)

.408CT弾と.50BMG(M8API)との比較

 バリエーションとして、シャイタックによる小口径版.375シャイタック弾の他、より長射程を目指して設計された民間のカスタム弾薬も多く開発されている。
 現在のところ確認されているものは、.338スナイプタック弾や.40ロバエフ弾、.408テハス弾、.375ギブズ弾などである。

弾丸直径薬莢全長リム形状重量銃口初速初活力有効射程代表的な銃
10.36mm77.21mmリムレス27g(419グレイン)2850fps8.372 ft-lbs2000mシャイタック M200

※データは シャイタック・USA社 からのもので、あくまで一例です。
弾薬の種類や製造元、発射する銃によって数値は異なります。
このページの画像はシャイタック・USA社から転載しています。転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


コメントはありません。 コメント/.408 シャイタック弾?

お名前:


*1 1910年にイギリスで開発された大型獣のハンティング用弾薬

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-06 (水) 07:24:53 (5d)