.380ACP弾 / 9mm Short / 9mm Kurz / 9mm×17

 1908年にコルト社が製造を開始し、コルトM1908(コルトM1903の派生型。外見はM1903と変わらない)に最初に使用された弾薬。ただし、他のACP弾とは異なり、コルトのオリジナルではなく、、ジョン・ブローニング9mmパラベラム弾の薬莢を2mm短縮し、扱いやすくアレンジしたものである。このため、「9mmショート」、あるいはドイツ式に「9mmクルツ」とも呼ばれる。

 威力は9mmパラベラムより落ちたが、その分、小型の拳銃でもストレートブローバック機構で射撃可能となり、銃の構造を簡素化できる。
 9mmパラベラム弾の拳銃でも、H&K VP70アストラ 600など、ストレートブローバック式の銃も存在するが、前者は発射ガスを逃がすことにより低反動化を行っているので、エネルギーも.380 ACP弾と同程度まで大幅に低下している。
 後者は強力な弾薬に対応するため、リコイルスプリングが非常に強く、その圧力は人力で操作する実際上の限界とも言われる。
 拳銃で無理なくストレートブローバックで発射できる弾薬は、9mmマカロフ弾9mmポリス(9mmスーパー)弾など、『9mm×18』が限度とされる。

 .380ACPは威力も必要十分で扱いやすく、FN M1910ワルサー PPなどの中型自動拳銃において広く普及し、特にヨーロッパにおいては警察用の弾丸として一世を風靡した。
 後にヨーロッパの警察用拳銃は9mmパラベラム弾を使用する大型拳銃が取って代わったが、現在でも個人の護身用としては広く使われている。

 なお、.380ACPを使う拳銃のほとんどは、バリエーションとして.32ACP弾仕様が存在し、銃身とマガジン以外はほぼ共通の部品が使用可能である。
 .32ACP弾仕様は装弾数が.380ACP弾仕様より1発多いので、どちらを選ぶかは威力と弾数とを勘案することになる。

 ところで、.380ACPの前には、『.38ACP』という弾薬も存在した。20世紀初頭に開発された弾薬で、こちらは正真正銘、コルトのオリジナルだが、サイズが9mm×23と全く異なり、.380ACPとは互換性がない。他のACP弾と異なり、.380ACPだけ数字が3桁になっているのは、この古い.38ACPとの混同を避けるためである。
 .38ACPの方は今ではすっかり廃れ、新規の銃も開発されていないが、発展型の『.38スーパー(.38ACP+)』は、現在もメキシコやアメリカ南部、シューティング競技界で広く使われている。

弾丸直径弾薬全長
/薬莢全長
リム形状弾頭重量銃口初速初活力有効射程代表的な銃
9.0mm(0.355in)25.0mm(0.984in)
/17.3mm(0.680in)
リムレス95gr(6.2g)980ft/s(300m/s)203ft-lbsワルサー PP
マウザー HSc
ベレッタ M84
シグザウエル P230
MAC M11

※データはFederal Cartridgeからの抜粋で、フルメタルジャケット弾を3.75インチ銃身から発射した場合の一例です。
弾薬の種類や製造元、発射する銃によって数値は異なります。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • この弾薬をサブソニック弾にすることって可能なんですか? -- 2016-02-11 (木) 00:44:43
  • 可能もなにも、+Pではないファクトリーロード弾を拳銃から撃った場合は大抵亜音速になるぞ。 -- 2016-02-11 (木) 01:13:23
  • 見ての通り、初速からして既に亜音速(340m/s以下)だ。まぁエネルギーもそれ相応に小さいが・・・ -- 2016-02-11 (木) 02:36:19
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:10:01 (591d)