.300ウィンチェスターマグナム弾 / .300 Winchester Magnum

 .300ウィンチェスターマグナム弾は、アメリカのウィンチェスター社でハンティング用として開発された弾薬である。

 1920年頃から1960年頃まで、世界中では30口径のハンティング用弾薬の開発が盛んに行われていた。1925年にホーランド&ホーランド社から.300H&Hマグナムが、1944年にはウェザビー社から.300ウェザビーマグナムが登場し、瞬く間に普及した。
 1958年、ウィンチェスター社は.338ウィンチェスターマグナムを発表した。その後、一般人のシューターらによって、この弾薬を30口径までネックダウンさせた.30-338ウィンチェスターマグナムがワイルドキャットカートリッジとして登場した。

 この流れを受け、1963年にウィンチェスター社は.338ウィンチェスターマグナムを30口径にネックダウンした.300ウィンチェスターマグナムを発表した。撃ちやすく十分なパワーを持つ弾薬として、.300ウィンチェスターマグナムはレミントンM700ウィンチェスターM70などに採用されハンティング用マグナム弾としての地位を確立した。

 元々はハンティング用弾薬として開発された.300ウィンチェスターマグナムであるが、7.62mm×51弾では困難な1km前後の遠距離狙撃を想定した軍用狙撃銃弾薬としても使用されている。1997年にドイツ連邦軍がG22を採用した他、2010年にはアメリカ陸軍M2010を採用した。元ネイビーシールズ隊員のクリス・カイルも、.300ウィンチェスターマグナム仕様のMk13ライフルを愛用していたという。

弾丸直径薬莢全長リム形状重量銃口初速初活力有効射程代表的な銃
7.62mm67mmベルテッド14.3g(220gr)2850 ft/s3972 ft-lbs1300mレミントンM700
AI AWM

※データは 英語版Wikipedia からのもので、あくまで一例です。
弾薬の種類や製造元、発射する銃によって数値は異なります。


コメントはありません。 コメント/.300 ウィンチェスターマグナム弾?

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-07 (木) 21:09:51 (4d)