硫黄島からの手紙 / Letters From Iwo Jima

2006年,アメリカ映画
監督 クリント・イーストウッド

 第二次世界大戦、太平洋戦線で起こった「硫黄島の戦い」を日米双方の視点から描いた「硫黄島プロジェクト」の日本側視点の作品。
 先発のアメリカ側視点作品は「父親たちの星条旗」。

 1944年6月、戦局が悪化の一途を辿っていた太平洋戦争下の硫黄島に一人の将校が降り立った。新たに硫黄島守備隊指揮官に任命された陸軍中将・栗林忠道(渡辺謙)は、駐在武官としてアメリカに滞在した経験がある数少ない知米派将校の一人であり、それ故に誰よりも米軍の強大な軍事力を知り尽くしていた。勝ち目の無い戦と知りつつ、日本本土防衛のため、1日でも長く硫黄島を守る事に意味があると考えた彼は、反発する陸海軍の古参将校・士官らを押し切り、防衛計画を練り直す。これまでの将校と違い、合理主義者である栗林の存在は、日々の生活に絶望していた西郷昇陸軍一等兵(二宮和也)らに新たな希望を抱かせる。栗林は隷下の将兵に無意味な万歳突撃や自決を禁じ、硫黄島地下に坑道をめぐらせ要塞化し、死よりも苛酷な持久戦へ持ち込むのであった…

 
使用者銃器名備考
栗林忠道 中将M1911象牙グリップ
アメリカ駐在武官時代に贈呈されたもの
西竹一 中佐九九式短小銃
西郷昇 一等兵九九式短小銃後半銃剣
清水洋一 上等兵九四式拳銃
九九式短小銃銃剣付も
九二式重機関銃
九七式手榴弾未使用
野崎 一等兵九四式拳銃清水の物を使用
九九式短小銃
九七式手榴弾
樫原 一等兵九九式短小銃末期型
射撃訓練で使用
谷田 大尉南部式自動拳銃小型
大久保 中尉十四年式拳銃後期型
九九式短小銃
九七式手榴弾
伊藤 大尉九三式戦車地雷未使用
サムM2火炎放射器
日本兵九九式短小銃末期型もあり
銃剣付もあり
九九式軽機関銃銃剣付もあり
九二式重機関銃
九七式手榴弾
九八式臼砲
米海兵隊員トンプソン M1A1
M1 ガーランドM1銃剣付きもあり
M1 カービン
BAR M1918A2二脚付き
発砲なし
ブローニング M1919A4M2三脚架
M1911栗林中将のものを拾う
M2火炎放射器
MkII手榴弾


スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 99式って日立工機じゃなかったっけ? -- 2012-01-18 (水) 12:15:03
  • 作中の重機関銃の機関部は三年式に見える(銃把の形状は九二式っぽいけれど) -- 2013-05-03 (金) 14:45:46
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-14 (水) 12:54:00 (100d)