アレス FMG / ARES FMG 【短機関銃】

ARES FMG
モデル全長(伸長時)重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
FMG270(490)mm209g9mm×1920/32500〜600発/分S/3/Fアメリカ
M21不明不明9mm×1932895発/分F
PP90270(485)mm1830g9mm×1830600〜800発/分Fロシア

 アレス社(ARES Incorporated)のフランシス・ワリン(Francis J. Warin)が1970年代に設計した携帯型短機関銃。FMGとは『Folding (sub)Machine Gun』を略したもので、つまり『折りたたみ式SMG』である。アレス社が著名な銃器デザイナーであるユージン・ストーナーが興した会社であったことから、ストーナー自身によるデザインと広く誤解されているが、実際には1986年にフランシス・ワリンによってパテントが取得されている。

 当時、世界各国でテログループなどによる誘拐事件が多発。政府関係者のみならずビジネスマンまでもが標的となりつつあった*1。そこで携帯に便利で、なおかつ大きな火力を持つ自衛用火器として設計された。
 従来にもMP5Kなどの小型SMGをアタッシュケースなどに仕込んだ例はあったが、FMGはさらに一歩進んで、銃そのものが変形・擬態する。折りたたんだ状態では金属の箱形で、工具箱か何かのようにしか見えない。使用するときには、ちょうどホッチキスの針を替える時のように箱を開くと、中からグリップとマガジン、トリガーが現れて発射可能となる。慣れれば銃の展開・発射には数秒とかからない。なお、緊急時の接近戦での使用を念頭に置いているため、アイアンサイトなどは装備していない。
 メカニズム自体はオーソドックスなシンプルブローバックオープンボルト発火を採用し、銃身にリコイルスプリングを通してボルト動作のガイドとして機能させる設計だった。後述する20発と32発のマガジンを使用するが、32連マガジンを装填した場合、折り畳むことが出来なかったらしい。
 ドイツのMP40短機関銃のマガジンを使用する*2最初のモデルと、イスラエルのウージー短機関銃のマガジンを使用するモデルの二挺のプロトタイプが製作された。

 奇しくもアレス FMGとほぼ同時期に開発されていた折り畳み式短機関銃が、M21である。アメリカのガンスミス、ユタ・コナーによってUC-9(Undercover 9)の名称で開発されたもので、コナーが銃器ディーラーであったデイブ・ボートマン(Dave Boatman)と組み、彼のショップから発売するに当たって改めて「M21」と名付けられた。この経緯から、「ボートマン M21」或いは「UC M21]といった名称でも紹介される。
 M21はサイト兼用のキャリングハンドルと擬装用のアンテナを備え、携帯型ラジオに見せかけている。このため『ラジオ サブマシンガン(radio submchine gun)』の異名も持つ*3。折り畳み機構はアレス FMGと全く同様のもので、ウージーのマガジンを使用する点も共通している。

 しかし、当時発効したフルオート銃の規制法『FOPA86』のため、アレス FMGはプロトタイプにとどまり、M21もごくごく少数が生産されたのみとなっている。この2つの非常に似通った折り畳み式短機関銃が、ほぼ同時期に誕生した経緯と関係性は明らかにされていない。

PP90M

 似たコンセプトの銃として、1990年代にロシア・KBP設計局が開発した「PP-90」が存在する。こちらはFMGにより近いスタイルをしているが、使用弾薬を9mm×18マカロフ弾に改めている*4ほか、折りたたみ式のサイトの追加やコッキングハンドルの改良が行われている。ロシア内務省の特殊部隊向けに開発され、海外への輸出も行われており、このタイプのSMGでは最も成功したモデルである。

 2008年には、アメリカのマグプル社が、「FMG-9」という同様のコンセプトの折り畳み式短機関銃を開発している。

登場作品ジャンル使用者備考
キノの旅項目参照
ドールズフロントライン項目参照
ロボコップ2項目参照

このページの画像はMILITARY FACTORYおよびENDOの部屋から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • バタフライナイフならぬ、バタフライガン。これに缶切りやナイフをつければ十得銃になりそう -- 2014-12-07 (日) 07:56:12
  • 一瞬どっちが銃口側か分からなくなった。にしても凄いデザインだな・・・・・・。 -- 2014-12-10 (水) 19:26:37
  • キノの旅でも出てきた気がする -- 2018-05-30 (水) 22:54:28
  • 作者がツイッターで言ってましたね。登場エピソードは「呟きの国」の -- 2018-05-30 (水) 23:38:52
  • 貼られてる画像PP90Mの前後のサイトに細長い部品が合体?しているように見えるんですが、それはなんなんでしょうか? それと、PP90は30連マガジンを装着した状態で折りたためんでしょうか? -- 2019-05-19 (日) 23:14:00
  • 前後両方のサイトに穴が開いており、そこにレーザーサイト(当時のものなので現在のフラッシュライト程のサイズ)が入ります。マガジンは当然装着状態で収納可能です。 -- 2019-05-19 (日) 23:43:13
  • ライトノベル「ミリオタJK妹! 異世界の戦争に巻き込まれた兄妹は軍事知識チートで無双します」の1巻で焼野が原みぐがFMGを発砲。地の文(本文)ではFMGとFMG-9の両方の表記あり(複数挺所持しているわけでなく、文章が主人公の一人称で進められているせいで発生した表記ゆれです)。焼野が原みぐ本人がFMGを元に同性能・同じ外観のものを製造し、使用。表紙絵・口絵・挿絵でも描かれています。 -- 2020-01-31 (金) 19:08:59
  • ↑表紙絵を見る限りキャリングハンドルとライトらしき物が見えるからこっちじゃ無くてマグプルのFMG-9じゃないかな?http://mgdb.himitsukichi.com/pukiwiki/index.php?%C3%BB%B5%A1%B4%D8%BD%C6/%A5%DE%A5%B0%A5%D7%A5%EB%20FMG-9 -- 2020-02-07 (金) 17:48:30
  • !? マグプルのFMG-9のページあったのですか! 素で見落としていました。ページが作成されていないので本文中に言及のあるページに書いておけば、問題ないと考えていました。 2020-02-07 (金) 17:48:30さん、どうもありがとうございます。反映していただいた方、すみませんが内容の付け替えお願いいたします。それと念のため書きますが口絵でファマスを所持しているのは間違いないです。あれはどう見てもファマスでした。ファマスのページで書いた情報は消去しないようお願いいたします。 -- 2020-02-19 (水) 18:46:26
  • 早速移転しておきました -- 2020-02-19 (水) 18:58:25
お名前:


*1 1986年には、フィリピンで当時の三井物産・マニラ支店長の誘拐事件が起きている。
*2 MP28だったとも云われている。
*3 ただ、チューナーやボリュームダイヤルがついていないので、ややバレバレではある。
*4 9mmパラベラム弾仕様の「PP-92」も作られている。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-19 (水) 18:55:39 (95d)