短機関銃 / Submachine gun

 拳銃弾を使用する個人携行可能な機関銃の総称。

 「拳銃弾を用いた機関銃」という意味で云えば、初めてのそれは19世紀の後半に作られたマキシム機関銃の拳銃弾バージョンである。といっても販促用に作られたもので、デモンストレーションの際に充分な広さの射撃場が得られなかった場合に使われた低威力バージョンであったようだ。
 初めて本格的に開発・量産されたのは、イタリアの「ビラール・ペロサ M1915」である。第一次世界大戦当時のイタリア軍で、航空機に搭載可能な機銃として、あるいは山岳部隊で使用する支援火器として用いられたようだが、いずれにせよ大きく重い従来の機関銃*1の代替となりうる比較的軽便な自動火器として発案されたのが始まりだった。 
 ビラール・ペロサ M1915は、左右に並べた二本の銃身にそれぞれ独立した機関部を持ち、いわゆる短機関銃とするにはかなり大仰な、むしろ軽機関銃に近いシロモノだった。イタリア軍から1万挺のオーダーを受けた*2ほか、銃身の生産を請け負っていたベレッタ社がSMGの開発・生産に乗り出すきっかけともなったが、所詮拳銃弾では長距離での威力に乏しく、制圧力に欠け、「重機関銃の代替」にはとても成り得なかった。

 一方、20世紀初頭に帝政ドイツで開発された「MP18」は、全く異なるコンセプトをもっていた。
 第一次世界大戦で戦闘を膠着状態に陥れた「塹壕戦」は、長大なボルトアクション式の小銃が用を成さない接近戦を兵士たちに強いた。そのため、塹壕という限られた狭所空間で取り回しが利く、長距離での火力を考慮する必要のない、軽便な接近戦用火器としてデザインされたのがMP18であった。MP18はその目論見通りの威力を発揮し、ドイツの大攻勢の原動力の一つとなったものの、結果的にはドイツが敗北したため、当時はあまり高く評価されることなく終わった。
 しかし、局所兵器としての短機関銃の有効性は各国に知れ渡ることとなり、MP18はのちの短機関銃のスタンダードを築いたことで、「世界最初の短機関銃」とされた。第一次大戦後に勃発したスペイン内乱では、MP18の改良型であるMP28を携えたドイツ義勇軍がその威力で以って活躍し、各国で短機関銃の開発・導入が進む契機となった。

 第二次世界大戦が始まると、ナチス政権下となったドイツのMP40をはじめ、ロシアのPPSh41、アメリカのグリースガンといった代表的な短機関銃が次々と現れ、互いにその猛威を揮い合った。また、その軽便さゆえ、重い装備を持てない士官や戦車兵の護身用火器としても広く使われた。
 第二次世界大戦以降は、より射程の長い突撃銃の登場により次第に戦場での価値は失われ、陸軍の主要な装備からは外されていくようになる。しかし一方で、スペックにこだわらなければ、乏しい資材や設備でも生産可能で、練度の低い兵でも扱えることから、資金・技術に乏しい発展途上国の軍の制式兵器として、或いは戦時下・準戦時下の緊急兵器として生産された。その背景には、先進国が突撃銃を主力火器として導入し始めた事によって生じた大量の「旧型主力火器」である短機関銃、その弾丸の余剰分が支援や横流しなどの形で流出していったという事情もある。最近では独立戦争時のクロアチアでこの種の短機関銃が多数生産され、中には建設用資材をそのままレシーバー(機関部)として流用した物さえあった。

 民間における短機関銃は、トンプソンをはじめとしてダークな印象が強い。携帯性と取り回しが良いこと、弾薬を入手し易いことから、マフィアや強盗団、テロリストなどにも重用され、独立運動や国境紛争、麻薬犯罪、組織間抗争や要人の暗殺などにも用いられた。一方で、その携帯性・秘匿性ゆえ各国の要人警護を行う非制服系のガードマン(いわゆるシークレットサービス)でも採用例が多く、時には戦場を離れた市街地で短機関銃同士の銃撃戦に発展した例もある。
 拳銃弾を使用することから威力が高過ぎず不要な二次被害を招かない事、また弾速が低いためサプレッサーとの相性が良く(特に.45ACP弾は亜音速のため、より相性が良い)室内戦などに有効である事から、警察特殊部隊や対テロ部隊でも短機関銃の導入は進み、そういった組織向けの新しい短機関銃も戦後多く作られた。初期には命中精度の低さが問題となったが、短機関銃の常識を覆す高精度短機関銃MP5の登場により問題は解決し、以後法執行機関と言えばMP5と言えるレベルにまで爆発的な普及を遂げた。21世紀現在でもMP5は世界中のほとんどの法執行機関で未だに使用され続けている。
 政情が不安定な発展途上国では、突撃銃の導入後も並行して軍で短機関銃を採用している例も多い。こういった国では兵器や弾薬の数が必ずしも十分ではないこと、完全な警察機構が整っておらず軍警察が法執行機関として動く機会が多いなどの理由もあるが、最も大きなものとしてクーデターによる政権転覆を防ぐため、末端の組織にはあえて低火力の短機関銃を配備しているという事情もある。

 これらの経緯により、現在の短機関銃は「高精度だが高価な物」(MP5等)と、「低精度だが安価で作りやすい物」(M11ウージー等)の二分化が進んだ。
 また近年、ボディーアーマーの普及によって短機関銃の威力不足が問題となったことから、PDWという短機関銃と突撃銃の中間に位置するような、新たなカテゴリーも提唱されている。このPDWについて本サイトでは便宜上、短機関銃にカテゴライズしている。



議題がページテーマと異なってきた場合や雑談等は掲示板をご利用ください。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ドイツ語ではMaschinenpistole(マシーネンピストーレ)だよ。MP5やMP7はこれの略語だね。 -- 2016-03-21 (月) 00:40:26
  • ちなみに、93RやVP70みたいなマシンピストルは、Reihenfeuerpistole(ライエンフォイヤーピストーレ)だよ。 -- 2016-03-21 (月) 00:48:03
  • ドイツ語でもこうやって機関「拳銃」は別の言葉で呼んでるわけだし、サブマシンガンとマシンピストルの使い分けもそうおかしいものとは言えなさそうだね。 -- 2016-03-21 (月) 01:05:40
  • 日本海軍の呼称は「機関短銃」だった。こちらのほうがドイツ語直訳でしょうね。 -- Kurt Meyer? 2016-03-27 (日) 22:14:19
  • そもそもマシーネンピストーレのネーミングセンスがずれてたという説。mp18は明らかに短い機関銃としての運用を想定されてる。歩兵に大型の機関銃が随伴できない故の代用品だからサブ(代用の、下位の)マシンガンという名前の方がマシーネンピストーレより適切に思うが。 -- 2016-05-19 (木) 14:41:01
  • マシーネン・ピストーレと対比されたであろう従来の機関銃がマシーネン・ゲヴェーア(直訳で機関小銃)ってのにも注目すべきでは?当時一般的だった機関銃は使用弾薬以外、明らかに小銃とは異なる武器であったのにMGと呼ばれていた。つまりマシーネンの後に付く語は使用弾薬に由来するものとも考えられるのだが。 -- 2016-05-19 (木) 21:33:03
  • 使用弾で分かれるというならSTG44が変。Gewehrは「銃」と訳すべき単語。pistole(拳銃)という単語を使ってしまった結果、マシンピストルに当たる武器に「Reihenfeuerpistole(連射拳銃)」とかいう、「Maschinenpistole(機関拳銃)」と何が違うのか分からん名前をつける羽目になった。 -- 2016-06-17 (金) 17:57:44
  • ただmp18の開発の中でマシンピストルが提案されていたらしく、その影響もあったのかなと。言葉が生まれた当時は使い分ける必要もしくはなかったんだろうし。 -- 2016-06-17 (金) 18:05:58
  • STG44に関してはヒトラーの横槍など政治的要因で名称が二転三転してるでしょ。一番最初に陸軍兵器局が設計開始した時の、政治的要因がほぼ絡んでいない名称は「Maschinenkarabiner(機関カービン銃)」だよ。そして7.92mmx33弾は新型自動カービン銃の為に設計された弾だったはず。 -- 2016-06-17 (金) 18:34:03
  • Reihenfeuerpistole(以下長いのでRP)の方は、「MPと違って、主に肩撃ちではなく拳銃のように使用される完全自動拳銃」って独Wikiにあるな。UZIやMP7のような見た目拳銃のような銃が独WikiでMPとされるのはストックが常設されてるからで、M712やVP70がRPとされるのはストック無しでの使用が主とされているからという訳だ(独Wikiの記述によれば)。あと、ドイツ語で銃は「Feuerwaffe(直訳だと、火の武器)」な。 -- 2016-06-17 (金) 21:00:12
お名前:


*1 当時「機関銃」といえば、いわゆる「重機関銃」のことだった。
*2 航空機用と陸戦用の2種が作られた

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:09:36 (382d)