対物火器 / Anti-material weapon

 主に建築物や設備、車両などを攻撃することを目的とした火器。
 第一次大戦で歩兵が持つ小火器(小銃突撃銃)を受け付けない戦車が発明されて以来、これに対抗する強力な火器が時代と共に開発されていった。第一次大戦末期には大口径の小銃弾で戦車の装甲を貫くタンクゲベール、いわゆる対戦車小銃が登場したが、個人で扱う小火器としては限界が生じた。そこで、第二次大戦前後のロケットや弾頭技術の発達により、M9バズーカパンツァーシュレック無反動砲といった数人、もしくは個人でも扱える成型炸薬弾式の対装甲火器へと移行していった。

 第二次大戦後は従来のロケット兵器に発展を加えた、無誘導だが比較的安価なRPG7M2カールグスタフと、高価な誘導装置を搭載したM47ドラゴン9K32ストレラなどのミサイル兵器の2系統の対物火器が進化発展を続けている。

 一方、戦車をはじめとする装甲車両の発展によりすぐに廃れた対戦車小銃だが、冷戦時代に大口径の重機関銃を用いた長距離狙撃が評価されるようになると、対物小銃(アンチマテリアルライフル)または大口径狙撃銃(ラージキャリバー・スナイパーライフル)として同様のライフルが再び登場した。その高い威力と射程から、遠距離より爆発物や固定機関銃、通常車両のエンジンブロックなどを破壊するのに用いられる。また通常の小銃弾に比べ遥かに重く大きなエネルギーを持つ弾体のおかげで、風や空気の影響をあまり受けずに遠くまで弾丸が届くので、長距離狙撃銃としても使用される。

 なお、RPG7やパンツァーファウストIIIなどは俗に「ロケット砲」ないし「ロケットランチャー」と呼ばれることも多いが、仕組みとしては、発射に際しては無反動砲の原理を利用しており、一定距離を慣性で飛行した後に弾体の推進用ロケットモーターに点火するようになっている。この方式ではロケットの噴射を射手が浴びる危険性が無く、ロケット推進によって射程や弾頭のペイロードに余裕が持てることから、1970年代以降はロケット火器の代表的な方式の一つとなっている。
 また一方で、第二次大戦中のパンツァーシュレック43やべトナム戦争以降の西側ロケット火器として一般的となったM72 LAWのように、弾体にロケットモーターを持つものの、発射にのみ利用し発射筒内で燃焼が終了するという、ほとんど無反動砲に近いものも存在する。

対物/対戦車ライフル

AI AW50AS50
EDMアームズ ウィンドランナー
LAR グリズリー・ビッグボア
MOM ゲパード
PGM ヘカートII
RSAF ボーイズ対戦車ライフル
USSR PTRD1941PTRS1941
ZID KSVK
ZVI ファルコン
小倉陸軍造兵廠 九七式自動砲
グストロフ・ベルケ パンツァービュクセ(PzB)
ステアー HS.50IWS2000
ゾロターン S-18/100
ダネル NTW
バレット M82M90
パウザ P50
マウザー M1918
マクミラン TAC-50
ラティ m/39
レイ M500

無反動砲

FFV AT4 / M136カールグスタフ M2(HEAT弾はロケットアシスト式)

対戦車擲弾発射器(弾頭を無反動砲式で射出する発射筒)

HAS パンツァーファウスト
USSR RPG2

対戦車擲弾発射器(ロケット推進式の弾頭を無反動砲式で射出する発射筒)

DNAG パンツァーファウストIII
USSR RPG7

その他の対戦車擲弾発射器

UK PIAT

対戦車ロケット発射器

HAS パンツァーシュレック(RPzB)フリーガーファウスト(地対空ロケット発射器)
MD SMAW
TDS M72 LAW
US バズーカM20 スーパーバズーカM202>US M202 FLASH(焼夷ロケット発射器)
USSR RPG18・RPG22RPG29

対戦車ミサイル

MD M47 ドラゴン
アエロスパシアル エリクス
川崎重工 01式軽対戦車誘導弾
ヒューズ TOW / BGM-71
ロッキードマーチン ジャベリン / FGM-148プレデター/ FGM-172 SRAW

地対空ミサイル

GD FIM-92 スティンガー
USSR 9K32 ストレラ-2 / SA-7 グレイル
タレス ブローパイプ
東芝 91式携帯地対空誘導弾

ガトリングガン

GE GAU-8 アヴェンジャー
GE M61 バルカン

航空機関砲

マウザー MG151
ラインメタル MG131



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 作品の項目自体はもうあったと思うが・・・書籍化されたものに関しては範囲内だからな。 -- 2016-10-18 (火) 16:17:02
  • ただ今調べたら作品中でMag-Fed 20mmと連呼してるようだがあれはちょっとおかしい。間違ってるとも言えんが「ベルト給弾5.56mmミニミ」ぐらい冗長な呼び方であって、公式サイトにもある通り製品名自体は単に「20mmライフル」でしかない。製品の説明ページだから、英語で「マガジン給弾式 20mmライフル」と書いてあるという話だ。 -- 2016-10-18 (火) 16:24:06
  • ↑web小説はそういうのも楽しまないと -- 2016-10-18 (火) 18:30:35
  • いや俺も面白いと思うが、それはそうとしてデータベースとして載せるなら正確を期さんとな。誰かこれで調べるかも知れんから一応コメントしといたまで。 -- 2016-10-18 (火) 18:36:26
  • 20mmライフルの情報thx。銃のイメージ知るのに、このページを愛用させてもらってるんでウンチクが知れると嬉しいです -- 2016-10-19 (水) 00:49:31
  • ロシアが23mm弾、30mm弾を使う「対戦車ライフル」を開発中。
    戦車の履帯を撃って走行不可能にしたり、センサー類を撃って目潰しすることが目的。
    開発コードネーム?は「мини-пушку」(ミニ大砲) -- 2016-12-20 (火) 23:25:41
  • イギリスのADEN砲はこのジャンルでいいのでしょうか? -- 大納言? 2017-03-24 (金) 23:24:33
  • m72 lawとかのロケットランチャーは特にデフレクターとかも装備されていないようですが、これはロケット弾が改良されて発生するガスを少なくしたからでしょうか? -- 2017-07-23 (日) 16:07:04
  • ガス自体が減ったら同等の推進力が出るわけがありません。単に燃焼時間が短くなればその分ガスが危険である時間も減るというだけのことです。 -- 2017-07-23 (日) 16:10:09
  • 有難うございました。 -- 2017-07-23 (日) 16:12:16
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-20 (月) 15:32:11 (154d)