手榴弾 / Hand grenade

 手榴弾*1とは、手で投げる小型の爆弾である。grenade(グレネード)の名称は「榴弾」の訳語のとおり、石榴(ざくろ/pomegranate)に由来する。炸薬や金属片を球殻内に充填した構造が、種を含んだ多量の小さな果肉を内包する石榴の実を連想させることから、こう呼ばれるようになったという。
 大まかに爆発手榴弾(エクスプローシブ・グレネード)、化学手榴弾(ケミカル・グレネード)、ガス手榴弾(ガス・グレネード)の三種類に大別される。

 爆発手榴弾は主に対人殺傷用として用いられ、弓や銃といった発射装置を必要としない安価な飛び道具として歩兵の基本的装備となっている。一般的には相手に投げつけて使用するが、戦車などの敵車両やトーチカなどの建物に肉迫して内部に投げ込んだり、水中に落として潜水兵相手に使用することもある。
 また安全ピンを抜いて爆発する方式の物は、安全ピンにワイヤーをつなぎブービートラップとして使用することもある。
 
 中国など東洋では10世紀頃から使用されていたとの記録があり、西洋で登場したのはそれより遅い15世紀後半だった。
 最初期のものは、中空になった球体に火薬を詰めて導火線を付けたもので*2、導火線に着火してから投げるものだった。現在の手榴弾のように歩兵全員に支給されることは無く、擲弾兵と呼ばれる専門の訓練を受けた歩兵が使用していた。直接手で投げる他に投石器と呼ばれる紐状の武器を使って投げることもあった。 
 その後18世紀には時限信管式の物が登場し、第一次世界大戦から現在の様に比較的扱い易いように安全装置を取り付けた手榴弾が使用されるようになり、以後さまざまな形状や安全装置が各国で試された。
 
 爆発手榴弾は下記の2種がある。

  • 1.爆発の衝撃のみで対象を殺傷する「衝撃手榴弾(コンカッション)」
  • 2.爆発の衝撃と、それによって飛散する破片で対象を殺傷する「破片手榴弾(フラグメンテーション)」

 爆発手榴弾は、その加害半径と投擲距離から「攻撃手榴弾(オフェンシブ・グレネード)」と「防御手榴弾(ディフェンシブ・グレネード)」の二種にも大別される。「攻撃手榴弾」は加害半径が比較的狭く、使用者が別途攻撃を行いながらの投擲が行い易いものを差し、「防御手榴弾」は、加害半径が広く投擲距離をしばしば上回り、使用者は遮蔽物ごしの防御を必須とすることからこう呼ばれる。
 爆轟効果のみで加害半径が狭い衝撃手榴弾は、基本的に攻撃手榴弾として分類されるが、破片効果により加害半径が比較的広い破片手榴弾には、攻撃手榴弾と防御手榴弾の両者がある。破片手榴弾の破片は非常に強力なもので、その初速はライフル弾などを遥かに超えマッハ6(約2km/s)以上に達する。破片一つ一つの質量はごく小さいため厚い物体を貫通することは無いが、加害半径内であればヘルメットやソフトアーマーなどの薄い遮蔽物はたやすく貫通してしまう程である。

 催涙ガス弾や発煙弾などの化学・ガス手榴弾は、低致死性もしくは非殺傷手榴弾とも呼ばれるもので、暴徒鎮圧や逃走用の煙幕、信号用に使用される。

 メディア作品ではしばしば爆発手榴弾によって対象が炎上する描写が見られるが、こういった現象は実際にはアメリカのM34焼夷手榴弾など専用の焼夷手榴弾を用いなければ起こるものではない。ただし、現在主流の閃光弾は至近距離では非常に強い火炎を一瞬生じるもので、これにより「無傷」で無力化される筈の犯罪者や、その場に居合わせただけの周囲の人間が大火傷を負い、法執行機関が提訴される事例も少なからず発生している。

 以下著名なものを記載する。

第二次世界大戦以前〜終戦まで

モデル種類製造国備考
F1手榴弾破片手榴弾フランス下記Mk2手榴弾の元となった
ミルズ手榴弾破片手榴弾イギリスNo.5/No.23/No.36の三種類
No.84ギャモン手榴弾衝撃手榴弾イギリス布製
Mk2手榴弾破片手榴弾アメリカ通称"パイナップル"
"ビーノ"手榴弾破壊工作用手榴弾アメリカOSSが使った手榴弾で名前通りグリーンピースのような形をしている
M24柄付手榴弾攻撃手榴弾ドイツ柄付手榴弾
通称"ポテトマッシャー"
M39卵型手榴弾攻撃手榴弾ドイツ
九七式手榴弾破片手榴弾日本
RGD-33柄付手榴弾攻撃・防御両用手榴弾ソヴィエト柄付手榴弾
F1手榴弾破片手榴弾ソヴィエト

第二次世界大戦後

モデル種類製造国備考
M26/M61破片手榴弾破片手榴弾アメリカ通称"レモン"
M67破片手榴弾破片手榴弾アメリカ通称"アップル"あるいは"ベースボール"
MK3手榴弾攻撃手榴弾アメリカ
M84閃光手榴弾低致死性手榴弾アメリカ
M18発煙手榴弾非殺傷手榴弾アメリカ発煙弾
DM51手榴弾攻撃・防御両用手榴弾ドイツ
RGD-5破片手榴弾破片手榴弾ソヴィエト

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 無駄に重たいのとドイツ式は点火方式などが古臭かったから ただソ連のRDGー33は一部現役らしい -- 2016-02-21 (日) 19:04:38
  • 大きくて重いし、その分投げ込んだ時に気付かれやすい。ライフルグレネードや40mmグレネード辺りと比べるととかさばる割には性能が中途半端だからな。 -- 2016-02-21 (日) 19:18:07
  • >攻撃手榴弾とかじゃ車両に破損与えられないもんねぇ そうなの? -- 2016-03-25 (金) 10:52:37
  • ↑対戦車手榴弾>攻撃手榴弾>破片手榴弾 てとこかな。対戦車と比較しては言うまでもないと思うけど、破片手榴弾とだと、エネルギーを破片の飛散などに使わなくて済むから。なのでWW2時、ドイツ軍は柄付き手榴弾を複数本巻いて取り付けた集束点榴弾を即席の対戦車攻撃に使用したけど、専用の破片アタッチメントは必ず外していたらしい。 -- 2016-03-25 (金) 13:02:46
  • トラブルで不時着/撃墜された航空機を可能な限り破壊したいという場合、どんな種類の手榴弾を機内に投げ込む(機体に設置)いいのでしょう?←現代の航空機を想定してお願いします。 ブラックホークダウンでは円筒形のものを投げ込んでいましたが -- 2016-03-29 (火) 20:21:19
  • テルミットでいいんじゃない? -- 2016-03-29 (火) 20:26:00
  • レバーを握ったまま投げるのと、外してから投げるやり方
    どっちが多いんですかね? -- 2016-08-26 (金) 11:39:25
  • アメリカ軍がフラグとコンカッション使い分けられる
    手榴弾の開発を要求してるそうですね -- 2017-09-25 (月) 20:47:33
  • 手榴弾って消費期限って普通にありますよね?新しく生産した訳でも無いなら
    第二次大戦時の手榴弾が現役なんてあるんですか? -- 2017-11-01 (水) 00:02:35
  • 新規生産でもなければないでしょう。不発弾として見つかることぐらいはあるでしょうが。 -- 2017-11-01 (水) 00:30:00
お名前:


*1 「てりゅうだん」ないし「しゅりゅうだん」と読まれる。読み方としては「しゅりゅうだん」が一般的であるが、日本の過去の軍隊や現在の自衛隊では、騒音下などでの聞き取りやすさを重視するため「てりゅうだん」と呼称するのが通例である。
*2 いわゆるダイナマイトや、漫画やハドソンのゲーム「ボンバーマン」に出てくる爆弾を想像するとわかりやすい。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-06-15 (金) 07:38:12 (95d)