DRDタクティカル パラートゥス 7.62 / DRD Tactical Paratus 7.62 【自動小銃】

DRDタクティカル パラートゥス 16-LR
モデル全長(伸長時)重量口径装弾数発射形式製造国
16インチバレルの場合?(890)mm4.2kg7.62mm×5120Sアメリカ
分解した状態
 

 パラートゥス 7.62(P762)は、アメリカのDRDタクティカル社が製造している、秘匿性・携行性を重視した簡易組み立て式セミオートライフルである。設計は、コブ・マニュファクチャリングでAR15ベースのモジュラーライフルの開発に携わっていたSwetal K. Patelによるもの。パラートゥスとは、ラテン語で「準備、用意」を意味する。

 独自のテイクダウンシステムを採用しているパラートゥスは、分解状態ではブリーフケースやバックパックに収納できるほど小型化できるという特徴がある。組み立て方法としては、まずレシーバー左側に追加されたチャージングハンドル(ボルトと連動しない)を引いて、ボルトを後退位置で固定する。次に、バレルとガスチューブをアッパーレシーバーに挿しこみ、バレルナットを回して固定する。最後にハンドガードをバレル前方から入れ、ハンドガード後部にあるロックピンと締め具で固定する。組み立て・分解作業は、慣れれば1分もかからないという。
 全体的なシルエットやガス直噴式/ロータリーボルトといった作動方式はAR10/AR15に似ているが、ボルトキャリアとリコイルユニットの形状は大きく異なっている。ボルトキャリアはAR10/AR15のものより短くなり、ガスキーの上部にはアッパーレシーバー内にリコイルユニットを収納するための“コの字型”の部品が付いている。この設計により、従来ストック内にリコイルユニットを収めていたAR10/AR15と違い、ストックの折り畳みが可能となっている。

 初期モデルのレシーバーはニッケルフィニッシュだったが、現行モデルではオーソドックスなブラックフィニッシュに変更となっている。12インチバレルの「パラートゥス SBR-12」、16インチバレルの「パラートゥス 16」以外にも、ハンドガードを延長した「パラートゥス 16-LR」、18インチバレルの「パラートゥス 18-DMR」といったモデルが存在する。

登場作品ジャンル使用者備考
Hawaii Five-0TVドラマカート・ストーナーパラートゥス 16-LR-B
スコープ装着
ガンケースに携行
シーズン3・第15話
ドン・マッキニー
ジュラシック・ワールド項目参照

このページの画像はDRDタクティカル社から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 新規作成お疲れです。マサダとAR-15くっつけたような見た目ですね。 -- 2016-06-19 (日) 19:49:37
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-06-19 (日) 00:08:43 (854d)