オルトギース ポケットピストル / Ortgies Pocket Pistol 【自動拳銃】

ポケットピストルの.32ACPモデル
モデル全長銃身長重量口径装弾数製造国
ポケットピストル165mm83mm (3.25in)599g.32 ACP
.380 ACP
8+1
7+1
ドイツ
ベストポケットピストル132mm70mm (2.75in)386g.25 ACP6+1

 オルトギースピストルは、ドイツ人銃器デザイナーのハインリヒ・オルトギースが設計した、ストライカー方式の自動拳銃である。当初は設計者が起ち上げたオルトギース社で、途中からは大手企業のドイチェヴェルケ社で製造が行われていた。
 .32ACP弾.380ACP弾を使用するフルモデル「ポケットピストル」(1919〜1926年)と、.25ACP弾を使用するコンパクトモデル「ベストポケットピストル」(1920〜1926年)が存在する。

 作動方式はシンプルブローバック。安全機構としてグリップセイフティを備えているが、一度押し込むとグリップから手を離してもセイフティ解除状態が維持されるという珍しい構造をしている(つまり、グリップセイフティが押し込まれたまま)。フレーム左側にあるリリースボタンを押せば、セイフポジションに戻る仕組みである。このグリップセイフティは、ストライカーをコッキングした時のみ機能する。マガジンリリースレバーはグリップ底部にある。グリップパネルにはめ込まれたメダリオンは、製造時期によってデザインが異なる(3種類)。表面仕上げは、ブルーイングとニッケルメッキの2種類。
 オプションで、グリップ左側上部にボタン式のマニュアルセイフティを追加することができた。セイフティを押し上げることで、スライド及びグリップセイフティを固定する仕組み。ボタン式セイフティを追加したモデルを除き、組み立てにはネジが一切使われていない。
 初期の弾倉は.32ACP弾と.380ACP弾の共用設計で、使用弾薬の表記がそれぞれ刻まれていた(ヨーロッパ製の銃なので、"7.65mm"と"9mm"の表記)。後に、口径別の専用弾倉が用意されるようになった。

 安価だが高品質で、当時の射撃競技で良好な成績を収めている。アメリカへも輸出され、低価格さもあって人気があった。20世紀初頭に登場した犯罪者ジョン・デリンジャーが所持していたことでも知られる。ポケットピストルは236,000挺、ベストポケットピストルは183,000挺が製造された。

登場作品ジャンル使用者備考
エレファント映画ポケットピストルとベストポケットピストル
インターネット通販の商品
ゾンビ項目参照
バナナフィッシュにうってつけの日小説シーモア・グラースポケットピストルの.32ACPモデル
終盤で使用

このページの画像はウィキメディア・コモンズから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 名前がかっこいい・・・・スパロボOGで使われそう -- 2016-08-09 (火) 01:11:14
  • ジョン・デリンジャーが使っていた、という割には、パブリック・エネミーズ然り、デリンジャー然り、使っているシーンを見たことが無い・・・・・。 -- 2018-03-26 (月) 00:00:08
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-04 (日) 20:24:12 (109d)