散弾銃の弾薬 / Shotgun shell

 散弾銃ライフリングがない物が多くまた口径が大きいため、使用可能な弾薬に多くの種類があり、状況によって使い分ける事が可能となっている。
 特に狩猟や特殊事件においては、散弾銃一丁でどんな獲物や状況にも弾薬を変えるだけで対応出来るため、複数の種類の弾薬を携行することが慣習となっている。
 また最も普及している12ゲージの弾薬には、2.75(2-3/4)インチ長と3インチ長のものがあり、3インチ長のものは、より多くのペレット・火薬が装填できることから、マグナムシェル(Magnum shell)とも呼ばれる。より装填量を求めて全長を伸ばした、3-1/2シェルなども存在する。
 なお散弾銃の口径についてはゲージの項参照。

一般的な実包

 狩猟などで一般的に使用される実包。

銃弾名説明
バードショット(Birdshot)鳥狩りに使われる小ペレット(pellet)弾。
日本の散弾規格で言うと12〜2,BBのサイズ。装弾量数十〜数百
バックショット(Buckshot)鹿狩り・対人用に使われる大ペレット弾。
日本の散弾規格で言うと4〜0,00,000のサイズ。装弾量十数粒〜数粒
スラッグ(スラグ)弾(Slugshot)熊撃ち用や散弾銃での遠距離射撃に使われる単弾(一粒弾)。
ライフルのように弾道を安定させるために、回転する鞘(サボット)の中にスラッグを収めたもの(サボテッドスラッグ)が主流。
 

特殊な実包

 法執行機関などで使用される特殊用途の実包。

銃弾名説明
フレシェット(Flechette)ペレットの代わりにフレシェット(小型のダーツ状の弾)を打ち出す弾。
貫通力・初速共に高いが、サボテッドスラッグに比すると、弾道の安定性には欠ける。スラッグのような一本だけのタイプ、対防弾チョッキ用の複数の小型フレシェットを装填したものなどが存在する。
ガス弾(Gas)暴動鎮圧部隊によって使用される殺傷能力の低い弾。
ペッパーガスや催涙ガスが多い。
ビーンバッグ弾(Bean bag round)小さな玉で満たされたナイロンバッグを打ち出す。
殺傷能力が低いので、野生生物保護団体や暴徒鎮圧で使用する。
岩塩弾(Rock salt shell)暴徒鎮圧などで用いられる、岩塩粒の詰まった弾。
貫通力がきわめて低く環境にも優しい。鳥や小型獣であれば衝撃で殺傷・撃退可能なので農園の害獣駆除にも用いられる
水包弾(Water filled shell)水を充填した弾。
爆発物除去の現場において、爆発物周辺の障害物・もしくは爆発物そのものを、遠隔から移動・除去する際に、不要な事態を招かないよう用いられる。
ブリーチング弾(Breaching round)ドアなどの障害物破砕用としてSWAT等によって使われるスラグ弾の一種。
金属を粉末化して固めたもので、初回の衝突衝撃で弾体が粉末状に砕け散ることから安全に錠だけを破壊し、内部の人質に二次被害をもたらさずに済む*1
フレア(Flare)安全や救助目的に使われる照明弾。
バードボム(Bird bombs)鳥を追い払うために空港などで使われる爆竹弾。
テイザーXREP(Taser XREP)電源内蔵・投射式のスタンガン
フラグ12(Frag12)AA12用に開発された小型対装甲弾。
ロケット弾のように発射後展開する尾翼によって安定した軌道を確保する。通常のショットガンでも使用可能だが、サイズの関係で威力が限定されるため、大量に連射可能なAA12以外では実用性は低い。
 

その他のマイナーな実包

 主に娯楽用途で販売されている変わった設計の実包。

銃弾名説明
ボーロー弾(Bolo shell)2・3個のスラッグ弾をワイヤーで繋いだ実包。
ほとんど趣味の域を出ない実験的な製品であるが、商品によるが次のような効果があるとされる。
・ワイヤーによりスラッグ弾が大きく拡散しないため、高い集弾性と適度な拡散性を実現
・スラッグ間に張られたワイヤーが大きな損傷面を作り大きなダメージを与える

しかし散弾実包は強力なためワイヤー自体が切れてしまう事も多く、有効ではない。
ゾンビ映画などではスラッグ間に張られた長大なワイヤーが人体を両断するといった誇張されたギミックに使用されることがある。
火炎放射(flamethrower)アルミやジルコニウムなどの発火性粉末を着火して発砲する娯楽用の実包。ドラゴンブレス(Dragon's breath)の愛称がある。
成分的には花火などに近いもので、危険な爆発物であるため規制対象となっている地域が多い。
しかしメディア上では燃料のような持続性の高い火炎を噴出するような描写になっていることが多いが、この弾薬で噴射する粉末は激しい反応でほとんど空気中ですぐに燃え尽きるため、実際には延焼性はかなり低い。
ミニシェル(Mini shell)アメリカのアギーラ(Aguila)社から供給されている小型実包。
一般的な2 3/4インチ長に対して1 3/4インチとほぼ半分の長さのため、チューブラーマガジンに倍の量を装填できるという特徴がある。
エネルギーや散弾量も約半分になるが、一つのショットガンで低威力の弾が扱えるという利点もあり汎用性が高い。
しかし、銃の種類によっては給弾信頼性は低い。
また、その寸法上ボックスマガジンを使用する散弾銃では使用不可能である。

日本の散弾規格

号数直径(mm)一粒の重さ(g)対象
X8.753.750シカ、イノシシ
SSSG7.752.600
SSG7.001.960
SG6.501.490
AAA6.001.280キツネ、タヌキ、ガンの遠射
AA5.500.950
A5.000.750
BBB4.750.590
BB4.500.520キツネ、タヌキ、ガン
B4.250.460
14.000.370ガン、カモの遠射
23.750.320
33.500.250カモ、ノウサギ、キジ、ヤマドリの遠射
43.250.200
53.000.150カラス、キジ、ノウサギ
62.750.110
72.500.090ノウサギの近射
82.250.070
92.000.050タシギ、ウズラ、リス
101.750.030
111.500.021ムクドリ、ヒヨドリ、スズメ
121.250.013

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 成る程、バードショット弾を対人に使ったらどうなるかはお察し通りですか。これをCoCに使ったらどうなるでしょうね・・・ -- 2015-01-31 (土) 05:50:29
  • 散布パターンに影響ワッズカップや銃身の絞り(チョーク)についても言及が必要かもしれませんね -- 2015-02-09 (月) 15:36:18
  • ミニシェルの詳細情報をご存知の方はいますか? YouTubeのミリタリーアームズチャンネルでレビューしているのを見かけました。全長1と4分の3インチほど、レビューではスラグのようでした。 -- 2015-03-16 (月) 15:59:16
  • ミニシェルの追記です。 -- 2015-03-16 (月) 15:59:41
  • KSGの弾倉片側に11発装填可能でしたので、全体では22発装填可能という事になるのですが……実際のところ銃口初速や平均的な有効射程はどの程度のものなのでしょうか? -- 2015-03-16 (月) 16:02:03
  • 映画版「ジャッカス」にて『12ゲージのゴム弾を食らってみる』なる挑戦あり。当初は胸に食らう予定が「防弾チョッキ着てても死ぬ」可能性があるので腹に変更したとのこと。一発でうずくまっていた上、数日は激痛と内出血が止まらなかったとのこと。 -- 2015-03-20 (金) 23:57:20
  • ドラゴンブレスの実用性はあるの? -- 2015-03-24 (火) 03:42:37
  • 陽動には使えそう。少なくとも撃ち合うものではないと思う。 -- 2015-03-24 (火) 07:05:25
  • OOバックはよく9mmパラベラム弾とほぼ同じ威力とは耳にしますが、貫通能力的には、剥き出しの丸い鉛である以上、かなり低いんですかね? -- 2015-03-24 (火) 08:23:13
  • ↑ジャイロ回転をしていない。球形。なので通常の弾頭よりも貫通力はないそうです。 -- 2015-12-11 (金) 14:54:23
お名前:


*1 二次被害を避ける目的という点では、『フランジブル弾』と呼ばれているものとほぼ同等。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-17 (金) 06:32:16 (38d)