軽機関銃 / Light Machinegun

 小銃弾を使用する、比較的軽量で個人で運搬可能な機関銃の総称。
 第一次大戦頃より開発され始め、拠点防御火器や歩兵支援用に活躍。三脚などの銃座を付けることで簡易重機関銃にもなる物は汎用機関銃とも呼ぶ。
 なお、本サイトでは汎用機関銃もひっくるめて軽機関銃で統一している。

 ドイツのMG34MG42、アメリカのM60、ベルギーのミニミMAGなどがその代表格。



議題がページテーマと異なってきた場合や雑談等は掲示板をご利用ください。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ヒートカバーって銃身につけてますけど、グラついたりしないんですか? 誰か教えてください -- 2015-12-25 (金) 19:45:04
  • どなたかジェネラルダイナミクスのLWMMGを何かの作品で見かけませんでしたか? -- 2016-01-30 (土) 14:02:08
  • 見た事無いですね。まだ試作中の火器ですし、XM806なんかも小説ぐらいしか出典がありませんからね。気にはなってるんですが、まぁ気長に待ちましょう。 -- 2016-01-30 (土) 14:23:28
  • 銃本体ではなくて、弾薬の話になってしまいますが教えていただけると幸いです
    西側諸国の場合、リンクベルトの形態というか、どういった状態で扱われるが分かりません
    弾薬の生産メーカーであらかじめ、リンクで弾薬同士が結合された状態で納入されるのか、それともリンクと弾薬が別々に納入されて軍自身が結合作業を行うのか
    どちらでしょうか? -- 2016-09-29 (木) 16:27:45
  • ほとんどがメーカーや軍の兵站部門で結合されて各地の部隊に納められてます。所によっては焼夷弾やら曳光弾やらマシマシのベルトが欲しいとか、使用済みベルトリンクを再利用したいとかで、部隊で結合作業をする場合もありますが。 -- 2016-09-29 (木) 23:24:56
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:04:48 (344d)