安全装置 / Safety

・サムセイフティ
 親指(サム)で操作するセイフティのこと。通常、ハンマーストライカーコッキングされた状態で機能するようになっており、トリガー機構をロックして暴発を防止する。デコッキングレバーを兼用するものや、セミオートフルオートを切り替えるセレクターを兼用するものもある。

・トリガーセイフティ
 トリガーの接触面に小さなレバーを設け、指をかける以外の加重でトリガーが動かないようロックするもの。

・グリップセイフティ
 グリップにプッシュボタンや稼動するストラップなどを設け、グリップを握ってこれらが押されない限り、トリガー機構をロックするもの。

・マガジンセイフティ
 マガジンを抜いた状態では撃発が行われないよう、トリガー機構をロック、もしくは部品同士のリンクを解除する機構。

・キーロックセイフティ
 キーを差し込み回転させることで解錠/施錠を行う、錠前式のマニュアルセイフティ。専用キーを別途保管、或いは所有者が身につけておくことで、保管した銃を第三者が持ち出して使用することを防止する。家族(特に子供)が持ち出して暴発させ、死傷する事故が少なくないことから考案された。

・ファイアリングピン・ブロック (AFPB。自動撃針前進防止装置)
 →項目参照

・ハーフコック
 後述のハンマーブロックを持たない拳銃の場合、薬室に弾が装填されながらハンマーがレストされていると、ファイアリングピンまたは雷管にハンマーが接触しているため、落下などによりハンマーに強い衝撃が加わった際に暴発を起こしてしまう。そこでハンマーを少しだけ起こした位置に留めることで、ハンマーがピンもしくは雷管に触れずにおくようにするのがハーフコック機能である。また、コッキングされたハンマーが、落下などの衝撃でトリガー操作なしに落ちた場合に、ピンまたは雷管に接触するまえにストップさせる機能でもある。ほとんどのハンマー撃発式の拳銃はこのハーフコック機能を備えている。
 しかし、ハンマーに衝撃が加わるという状況では、ハンマーをハーフコックに止める引っ掛かりが滑るか破損するリスクも高いため、暴発防止をハーフコックにのみ頼るのは危険である。

・ハンマーブロック
 ハンマーとファイアリングピンとの間を物理的にブロックするもの。リボルバーで使用される。トリガーを引く操作に連動してブロックが降りるようになっている。

・トランスファーバー、セイフティコネクター
 リボルバーで使用される安全機構で、ハンマーブロックとは対照的に、ハンマーが直接ファイアリングピンを叩かないよう間に空間を設けて、トリガーが操作されない限り、両者が絶対に接触しない構造。トリガーを引いたときにだけ、連動したバーがハンマーとファイアリングピンの間に入り、ハンマーの打撃力をピンに伝える。1997年ごろから製造されたS&Wリボルバーはこの発火方式に移行している*1


コメントはありません。 コメント/安全装置?

お名前:


*1 トランスファーバー採用以前に製造されたS&W製リボルバーは、ハンマーにファイアリングピンを内蔵していた。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-05-20 (金) 14:56:01 (404d)