ミルコー MGL / Milkor MGL 【擲弾発射器】

ミルコー MGL140
モデル全長(伸長時)重量口径装弾数製造国
MGL Mk1556mm(776mm)5.3kg40x46mm6南アフリカ
MGL-140661mm(787mm)6.0kgアメリカ
M32A1 MSGL648mm(739mm)6.6kg40x46mm
40x51mm
アメリカ

 南アフリカ共和国のミルコー社が1981年に開発した6連発型軍用リボルビング・ グレネードランチャー。連発型グレネードランチャーの先駆けともいえる製品である。
 
 弾薬はNATO規格の40x46mmを使用。ダブルアクションのリボルバー拳銃のように装填、排莢を手動で行い、トリガーを引く度に自動で次弾を発射可能である。ただしシリンダーが巨大なため、事前に弾倉を左方向に手動で回転させてバネを巻いておく仕組みとなっている。
 放物線軌道に合わせて銃身を仰角に上げることで着弾位置を調整する点は従来式の発射器と同様であるが、角度調整が可能な光学サイトが標準装備されているため、容易に狙いを付けることが出来る。ストックも上下に角度調整が可能になっており、どんな角度で発射してもユーザが反動を受け止めやすいように設計されている。

 1996年にはユーザーからのフィードバックを受け、改良された『MGL Mk1』が開発され、さらに2004年には『Mk1S』と『Mk1L』が登場している。Mk1S・LではMk1のアルミフレームがスチールフレームになって強化され、フォアエンド部に4面のピカティニーレールが追加された。Mk1Lでは非殺傷弾をはじめとするより多くの弾薬に対応できるよう、シリンダー(弾倉)の長さが140ミリに延長されている。

 ミルコー社には輸出能力がなかったため初期にはアームスコー社、ダネル社などに海外販売を委託していたが、2005年にはアメリカのエイブラムス・エアボーン・マニュファクチャリング社と提携で子会社「ミルコーUSA」社を設立。アメリカ軍への販売が可能となり、売り込みを開始した。
 MGL140はM4カービン用のVLTOR社製テレスコピック・ストックや、独自のクアッド(四面)レイアウトのピカティニーレールハンドガードを装備したモデル。MGL140は2006年にアメリカ海兵隊で『M32』として採用された。制式名『M32』は試験を行った第2海兵師団第3大隊(3/2)に由来する*1
 2012年にはMGL-140をベースに、より薬莢長の長い40x51mmなどの中速弾に対応する為に各部品が強化された改良モデル「スーパーシックス MRGL(Multi-Range Grenade Launcher)」が登場した。中速弾を使用することで射程をほぼ倍(800〜1200m)に増やすことが出来るという。
 2014年にはUS SOCOMの要請によりスーパーシックスMRGLのバレルを短縮する(12in→8in)ことによってM32と同クラスの重量を実現したモデルが開発され、US SOCOMには『Mk14 Mod 0』、海兵隊には『M32A1 MSGL(Multi-Shot Grenade Launcher)』として採用された。ミルコーUSA社では「M32A1-MSGL」の名称で、これを他ユーザ向けにも販売している。

 本国南アフリカ軍を含め世界各国の軍・法執行機関で採用されているほか、クロアチアRH Alan社ではクロスライセンス契約により『RGB-6』の名称で生産されている。

登場作品ジャンル使用者備考
007項目参照
Combat Arms項目参照
CSI:NYTVドラマNYPD暴徒鎮圧部隊第5シーズン
『死者の書』中にて
G.I.ジョー項目参照
KILLING FLOOR項目参照
LAWMAN項目参照
RED/レッド項目参照
SOCOM: U.S. Navy SEALs項目参照
WarRock項目参照
ZIG World Can't Allrow Teller漫画ジュロー
アイアンマン項目参照
青春×機関銃項目参照
あそびにいくヨ!項目参照
アルティメット項目参照
アルドノア・ゼロアニメアセイラム・ヴァース・アリューシアMGL140
煙幕弾を使用
第3話
アンチャーテッド項目参照
インセプション項目参照
ウルヴァリン:X-MEN ZERO項目参照
エクスペンダブルズ項目参照
エンド・オブ・キングダム項目参照
オペレーション・フラッシュポイント項目参照
烏丸学園ガンスモーキーズ漫画千川歩エアガン
ガンサバイバー4 バイオハザード HEROES NEVER DIE項目参照
キャプテン・アメリカ項目参照
グランド・セフト・オートV項目参照
劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス項目参照
ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2項目参照
コール オブ デューティ: ゴースト項目参照
コール オブ デューティ: ブラックオプスII項目参照
紅殻のパンドラアニメ制服第2話
コンビニDMZ項目参照
さばげぶっ!項目参照
スーパーマン項目参照
スペックオプス ザ・ライン項目参照
ゼロイン(作品名)項目参照
ターミネーター: 新起動/ジェニシス項目参照
大乱闘スマッシュブラザーズXゲームソリッド・スネーク最後の切り札
デス・レース項目参照
トランスフォーマー(2007)項目参照
ニンジャ・アサシン映画SEK隊員ラストで閃光弾を発砲
バイオハザード5項目参照
バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D項目参照
パトリオットデイ映画FBI HRT隊員
バトルフィールド 4項目参照
パニッシャー項目参照
バリスティック項目参照
ハルク項目参照
バレットウィッチ項目参照
ファークライ2項目参照
ヘルシング項目参照
マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス項目参照
魔女っ娘ア・ラ・モードIIゲームマリーメイア・グローリー魔法銃
ストックレス
フォアグリップレス
マトリックス項目参照
メダル オブ オナー ウォーファイター項目参照
メタルギアソリッド2項目参照
メタルギアソリッド4項目参照
メタルサーガ ニューフロンティア項目参照
ルパン三世項目参照
レポゼッション・メン項目参照
ワイルダネス項目参照
ワイルド7項目参照

このページの画像はMilkor Marketingから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 日本語Wikipediaの方の「説明文」の方と同じデータになってますね。微妙に短いので、多分MGL140ではなく短銃身モデルのM32の旧モデル辺りを参照したデータではないかと思われますが・・・新モデルやら旧モデルの名称変更やら色々あるので、それも含めてまた近いうちに更新します。 -- 2015-06-12 (金) 15:48:54
  • ↑返信ありがとうございます -- 2015-06-12 (金) 20:03:53
  • 007ナイトファイア(2003年)でミルテック・マーク6という名前で登場してましたがいつ頃に開発された武器なんですか? -- 2016-03-06 (日) 17:33:30
  • 1980年設計、1983年量産開始。 -- 2016-03-06 (日) 17:52:58
  • ↑返信ありがとうございます。パイナップル・アーミーでも見かけたような…と思いましたがこちらはアーウェン37でした。 -- 2016-03-07 (月) 15:15:30
  • スレちだったらごめんなさい、グレネード兵(グレネーダー?グレネードマン?擲弾手?)は何発位携行してるんですか?もう一点、炸裂弾とか照明弾みたいに何種類もの弾薬を携行してるんですか? -- 2017-03-26 (日) 06:10:31
  • 米軍の話をしているなら数にしろ種類にしろ必要なだけです。強いて言うなら大体シリンダー内の6発に加えて5連のパウチ1,2個というところですね。 -- 2017-03-26 (日) 09:44:06
  • ゴム弾とかを除けばグレネード弾は1発2-300gもあるからそんなにホイホイ持ち運べはしない。
    弾薬を多く持っても重くて機動性が落ちて他の兵士の足を引っ張った、なんて事になったら本末転倒。 -- 2017-03-27 (月) 13:53:34
  • オメガ7だとクレイモア用のバッグに40発入るとかいってましたし、火力に限りがある特殊部隊なんかだと多めに持ってたりするんでしょうね。 -- 2017-07-15 (土) 08:08:14
  • パトリオットデイでFBI HRT隊員がMGLを使用。 -- 2017-09-09 (土) 21:41:49
お名前:


*1 M27等と同様

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-09 (火) 12:59:22 (15d)