トリプルX / xXx

 一言で言えば、ズバリ「ワルな007」。
 実は当初、ソニーと『007/ネバーセイ・ネバーアゲイン』のプロデューサーが組んで新たな007シリーズの映画化を目論んでいたのだが、これに(当然ながら)本家イオン プロダクションが猛反発。結局、『新007シリーズ』は断念せざるを得なかったが、この『トリプルX』こそが、その《代打》なのだともいわれている。
 後述の特殊銃をはじめとする数々の秘密兵器と、それを満載した「ボンドカー」的スーパーマシン、と正に007シリーズを大いに意識した構成。しかし、本家英国紳士なら絶対使わないような大口径銃やマッチョカーが暴れ回る痛快な内容は、元祖とはひと味違う、これまた美味しい一大スパイアクションである。
 ところで、『007/私を愛したスパイ』にも、同じく『トリプルX』というソ連のスパイが登場(しかも、007のライバル的存在)するのだが、単なる偶然か、はたまた本作の何らかのヒントになったのかは不明である。

 2017年にはヴィン・ディーゼルが再びトリプルXを演じる、映画第3弾『トリプルX:再起動』が制作、公開された。

トリプルX (原題:xXx)

2002年、アメリカ映画
監督:ロブ・コーエン

・ストーリー
 チェコで活動を行っている元ソ連軍軍人で構成される犯罪者集団、《アナーキー99》の潜入捜査に幾度となく失敗を喫してきたアメリカ、NSAは上級スタッフであるギボンズ(サミュエル・L・ジャクソン)の提案で使いやすい民間人の工作員を送り込むことを決める。
 選ばれたのはバイクやスノーボードなどエクストリームスポーツに長け、犯罪まがいのXゲームというスポーツを行うことで有名なザンダー・ケイジ(ヴィン・ヴィーゼル)。
 ケイジはギボンズ達に過去の犯罪記録の抹消と引き換えに協力を強要され、スパイ「トリプルX」としてチェコに飛び、現地警察やNSA秘密兵器開発部のシェーバーズなどの協力を得ながら《アナーキー99》に接触するが――。

・作品解説
 ちなみにザンダーが使うリボルバーの名称は、「マルチパーパス マルチファンクション フィールドリボルバー」。
 この銃はNSAから支給される、"トリプルX"エージェント専用銃である。麻酔弾やダミー弾(フェイク用の血糊弾)も使用可能。カスタムバレルにフラッシュサプレッサーを装着し、レーザーサイト内臓のコンバットグリップやノンフルートシリンダー、C-MORE社のダットサイト装着等の改造が施されている。

 小火器以外では、地味すぎて(?)滅多にスクリーンに登場しない、スホーイSu22”フィッター”戦闘爆撃機(Su-17の改良型、Su-22M4チェコ空軍所属機)も一つの見どころ…かも。

使用者銃器名備考
ザンダー・ケイジ/トリプルXS&W M629パフォーマンスセンターカスタム
ダットサイト装着
ノンフルートシリンダー
フラッシュサプレッサー装着
ベレッタ M92アナーキー99構成員から強奪
FN FNCダットサイト
Cマグ装着
イレーナベクター CP1一丁はシルバースライド
二丁所持
ステアー TMPストック装着
ダットサイト
アイヴァンCZE Vz58M203装着
アイヴァン(違う人物)USSR AKS74U
コルト M203ピストルグリップ
チェコ警察突入部隊USSR AKS74U
ヨーギM4A1RAS
Cマグ
キリルシグザウエル P220スポーツコンペンセイター装着
スコープ装着
PGM ウルティマラティオサプレッサー装着
スコープ装着
ヴィクトールM4A1RAS
Cマグ
コルヤFN P90
ミラン・ソーヴァCZE Vz61発砲無し
アナーキー99構成員M4A1RAS
Cマグ
ナイツ MP6Cマグ
H&K G36K
FN MAG
麻薬組織構成員USSR AKM
コロンビア政府襲撃部隊GE M134ヘリ(UH-1orBell-212)に搭載
チェコ警察CZE CZ83角型トリガーガード
女性職員が射撃場で使用
 

トリプルX/ネクストレベル (原題:xXx -The Next Level-)

2005年、アメリカ映画
監督、リー・タマホリ

・ストーリー
 NSAの上級スタッフであるギボンズが担当していたNSA支部が突如、謎の武装集団に襲撃され、職員の殆どが死亡。
 辛くも逃げ延びたギボンズと秘密兵器開発部のシェーバーズは新たな「トリプルX」として、服役中だったかつてギボンズが所属していたNEVY SEALSでの部下、ダリアス・ストーン(アイス・キューブ)を選び、脱獄させて仲間に加える。謎の襲撃犯の足取りを追う役目を受け持ったダリアスは、関係者にかつての上官であり、上院議員であるデッカート(ウィレム・デフォー)が関わっており、合衆国のクーデターを企んでいることを知る・・・・・・。

・作品解説
 原題・邦題ともに「ネクストレベル(The Next Level)」とあるが、当初はヴィン・ディーゼル主演で「State of the Union」というサブタイトルがつけられていた。しかし、諸事情でヴィンが降板し、アイス・キューブに配役が決まったので現在のタイトルに変更されている。*1

 大量のXM8が実写で登場する貴重な作品かと思われるが、実際はXM8風に改造したG36Cプロップガンが使用されている。実銃のXM8はアッパー/ロアレシーバーの境目が上下2つにはっきりと分かれているが、劇中モデルはG36のレシーバーそのものである。また、XM8のバットストックは伸縮タイプのみで横に折り畳むことはできないが、劇中モデルはストック基部にG36タイプのヒンジが存在している。
 決定的なのは、国会議事堂のシーンで床に落ちているXM8。実はレシーバーに"G36C"の刻印が打ってあるのが確認できる。

使用者銃器名備考
ダリアス・ストーン/トリプルXS&W M629パフォーマンスセンターカスタム
ダットサイト装着
ノンフルートシリンダー
フラッシュサプレッサー装着
コルト XSEギボンズの銃?(発砲無し)
ベレッタ M92エリート発砲無し
FN M249 SPWダットサイト
タクティカルライト
国会議事堂での銃撃戦で使用
H&K G36CXM8風に改造したプロップガン
国会議事堂で襲撃部隊から強奪
コルト M203G36Cから取り外して使用
ピストルグリップ
オーガスタス・ギボンズコルト XSEステンレスモデル
スライドに"AG"の刻印
二挺拳銃
FN PSG タクティカルレイルドハンドガード
死亡した職員から拝借
フォアグリップ
FN M249 SPW国会議事堂でダリアスから拝借
カイル・スティールコルト M4特殊スコープ
タクティカルライト装着
国会議事堂の銃撃戦で使用
シグザウエル P226タクティカルライト装着
トビー・リー・シェーバーズS&W M629パフォーマンスセンターカスタム
ダットサイト
ノンフルートシリンダー
発砲無し
フラッシュサプレッサー
ジョージ・オクタヴィアス・デッカートH&K USP コンパクト タクティカル終盤、コッブから借用
アラバマ・'バマ'・コッブH&K G36CXM8風に改造したプロップガン
H&K USP コンパクト タクティカルサイドアーム
発砲無し
襲撃部隊(デッカートの部下)H&K G36CXM8風に改造したプロップガン
M203装着モデルもあり
空母インデペンデンスの兵士
(ペティボーン将軍の部下)
コルト AR15A2
FFV AT4
NSA職員コルト M4タクティカルライト装着
シグザウエル P226
SWAT隊員コルト M4発砲無し
タクティカルライト装着
レミントン M870カスタムモデル
発砲無し
刑務所看守レミントン M700何故かセミオート射撃している*2
 

トリプルX:再起動 (原題:xXx: Return of Xander Cage)

2017年、アメリカ映画
監督、D・J・カルーソー

・ストーリー

使用者銃器名備考


スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 公式サイトによると、ダリアスが使ったリボルバーは50口径らしいです(M500?) -- ZZZ? 2006-11-02 (木) 16:24:53
  • ネクストレベルで登場するのはUSPでMK23ではありません。アンダーレールと安全装置の形状が異なります。 -- SRX? 2006-11-05 (日) 23:29:45
  • ヴィン ディーゼル主演で続編観たかったなぁ。まぁ、『ヒットマン』で47役で出演するからイイかな -- 2006-11-06 (月) 11:36:40
  • フラッシュサプレッサー(消炎器)…。ではなくサウンドサプレッサーのほうでは? -- dan? 2006-11-24 (金) 02:14:38
  • 公式サイトには「フラッシュサプレッサー」と記載されているので、原作を重視して"フラッシュ〜"にしています。 -- zZz? 2006-11-24 (金) 09:43:22
  • それとリボルバーに減音効果は望めないので、設定的にも消炎効果の方が実用的かと思われます。 -- zZz? 2006-11-24 (金) 09:45:36
  • 2作目の後半の舞台はワシントンD.C.なのでホワイトハウスではなく国会議事堂だった気が・・・ -- ジョン・マクレーン? 2007-02-12 (月) 23:43:43
  • ザンダー・ケイジの使っていたライフルはセレクターの形状から見てFNCでは? -- 名無し? 2009-04-03 (金) 22:45:26
お名前:


*1 尚、国内版サウンドトラックは変更後のタイトルと同じだが、北米版はタイトル変更前にリリースされたので、当初の「xXx:State of the Union」のままである。日本では劇場未公開で、公式サイトは存在しない(北米では劇場公開され、公式サイトも存在する)。
*2 実際に発砲しているのではなく、CGでマズルフラッシュを追加しているため。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-30 (金) 17:20:50 (296d)