トランスフォーマーシリーズ / Transformers Series

 車や飛行機などから変形する、トランスフォーマーと呼ばれるロボット生命体を主役としたアニメ及び映画のシリーズ。米国・ハスブロ社の同名の玩具が原作。タカラやトミーなど日本の玩具メーカーとの提携により、玩具の金型やデザインは日本の『ニューミクロマン』『ダイアクロン』『マクロス』などを流用している。2007年にはマイケル・ベイ監督のもと、実写映画化されて話題となる。2014年には、実写映画第4作『トランスフォーマー ロストエイジ』が公開された。
 シリーズごとに細かい設定などは異なるが、基本的には正義のサイバトロン(原語ではオートボット)と悪のデストロン(ディセプティコン)の戦争が中心となっている。

 
 

アニメ版

戦え! 超ロボット生命体トランスフォーマー (英題 The Transformers)

1985年、東映動画
 
わたしに、いい考えがある!
 

・ストーリー
 ロボット生命体トランスフォーマーが住んでいるセイバートロン星(米国ではサイバトロン星)では、平和を愛するサイバトロン(オートボット)と宇宙支配をたくらむデストロン(ディセプティコン)の二大軍団が戦っていた。
 資源が枯渇した両軍は宇宙探索に出るが、400万年前の地球に墜落、ショックで機能を停止する。そして400万年後、目覚めたサイバトロンとデストロンは現代の地球で戦いを再開する。

・作品解説
 トランスフォーマーシリーズの始まりとなったアニメ。
 ワルサー P38へと変形(トランスフォーム)する当シリーズのメガトロンは、元はといえば『ニューーミクロマン』のガンロボ・ワルサーロボである。が、この変形したワルサーの姿も元はといえば、1960年代のスパイドラマ『0011ナポレオン・ソロ』で登場したP38ベースのカスタムガン「アンクルスペシャル」が元ネタである。 
 オリジンのメガトロンは拳銃がモデルの玩具ということで、国によっては販売されなかったりバレルの先端が着色されていたりした。なおミクロマンのガンロボシリーズには、他にS&W 44マグナムブローニングがあったが、ブローニングは『超神マスターフォース』にてガンマン・ブローニングとして登場している。
 

使用者銃器名備考
コンボイ(オプティマス・プライム)ワルサー P38ロングバレル
スコープ及びフォールディングストック装着
いずれもメガトロンが変形した物を使用
スタースクリーム
サウンドウェーブ
デストロン兵士
アメリカ軍兵士M16基本装備
ソビエト軍兵士PPSh41
 

トランスフォーマー 超神マスターフォース

1988年、東映アニメーション

・作品解説
 日本オリジナルのトランスフォーマー第4弾。人間や伝説上の魔物に変身したブリテンダーと呼ばれるトランスフォーマーが多く登場し、従来のシリーズよりも人間キャラクターの活躍が前面に押し出されている。

使用者銃器名備考
キャンサーブローニング M1920ガンマン・ブローニングの変形時がコレ
 

トランスフォーマー アニメイテッド (原題 Transformers Animated)

2007年、カートゥーン・ネットワーク・スタジオ

・作品解説
 アメリカのアニメだが、アニメーションはスタジオ4℃やムークなど日本のスタジオが製作している。用語や登場人物名の多くは実写映画版同様に原作に準拠している(コンボイ→オプティマスプライムなど)。また、番組の最後に玩具販促と見られる実写パート「音仏一家のトランスフォーマー生活」が挿入されている。

使用者銃器名備考
マスターソンUS MkII手榴弾ヘッドマスターのランチャー部から射出
 

実写映画版

トランスフォーマー (原題 Transformers)

2007年、アメリカ映画
監督:マイケル・ベイ
 
地球の危機を救ったのは、少年の勇気と、変形する愛車だった…。
 

・ストーリー
 2003年、火星に送り出した探査機ビーグル2号の謎の事故。公には着陸失敗とされていたその事故の原因は、ビーグル2号が記録していた最後の映像に映っていた存在によるものであった。
 そして現代、中東カタールのアメリカ空軍基地に数ヶ月前に撃墜されたはずのMH-53 ペイブロウが飛来。そのヘリは突如ロボットに変形し基地を攻撃し壊滅させ、さらにアメリカの国家機密データにハッキングを試みようとする事件が起きる。

 その数日後、アメリカのロサンゼルスに住む16歳の少年サム(シャイア・ラブーフ)が購入した中古車が真夜中に勝手に動き出し、それを追ったサムは自分の車が生きており、ロボットに変形するところを目撃する。驚愕し逃げようとするサム。しかし今度はロボットに変形するパトカーに襲われてしまい、未知なる存在である自分の車に助けられることとなる。
 何とか逃げ遂せた後、地球に次々と隕石に擬態した金属生命体が飛来。各々近くにあった車を解析し変形した彼らはサムの前に現れる。

 彼らは「機械惑星サイバトロン」出身の変形能力を持った金属生命体であること、先ほどの「パトカー」のように地球に潜伏している「ディセプティコン」と呼ばれる悪の金属生命体達の一派から地球と宇宙を守るために現れた「オートボット」と呼ばれる一派であること、「ディセプティコン」が狙う地球を滅ぼしかねない力を持つ「オールスパーク」と呼ばれる物の在り処の鍵をサムが持っていることを告げ助けを求めてきた。

 人類を巻き込んだ、地球と宇宙の未来を賭けたオートボットとディセプティコンの戦いが始まる事となる…

・作品解説
 人間側が使用する銃器は、一部の弾を除いて序盤はディセプティコンに対しての効果はほとんど無い。40mmグレネードといった一部の効果のあった弾を使用している。その後、オートボットからの技術提供により、対ディセプティコン用の特殊弾を使用するようになってからは、集中砲火すれば対抗できるまでに至っている。
 2作目及び3作目以降は、この特殊弾を使用しているという設定である。

使用者銃器名備考
ウィリアム・レノックス大尉M933RASハンドガード
AN/PEQ-7レーザーサイト装着*1
暗視スコープ装着
シュアファイア製M900グリップライト装着
ダットサイト装着
1911カスタムモデル
セクター7施設で使用
アームスコー MGLAN/PEQ-7レーザーサイト装着
アームソン製OEGサイト装着
セクター7施設で調達
Ramo RT-37カスタムモデル*2
ブッシュネル製ホロサイト装着
終盤で使用
ロバート・エップス二等空曹M4A1RASハンドガード
M203装着
ACOGスコープ装着
セージ L6セクター7施設で調達
マギー・マドセンモスバーグ M590ピストルグリップ
EOTech製ホロサイト装着
マグプル製M93Aストック
セクター7施設で使用
ジョン・ケラー国防長官ウィンチェスター M1912ヒートシールド装着
セクター7施設で使用
シモンズモスバーグ M590ピストルグリップ
EOTech製ホロサイト装着
マグプル製M93Aストック
セクター7施設で使用
ホルヘ・“フィグ”・フィゲロアM4A1砂漠迷彩
SIRハンドガード
ACOGスコープ装着
フォアグリップ装着
レーザーサイト装着
ドネリー曹長M249 パラトルーパーダットサイト装着
米軍カタール基地兵士M16A2
M240G
サコー M60DUH-60のドアガン
ブローニング M2HMMWVの車載銃
レノックスの部下M4A1RASハンドガード(SIRモデルもあり)
M203装着
AN/PEQ-7レーザーサイト(AN/PEQ-2もあり)装着
ダットサイト装着
M249 パラトルーパーダットサイト装着
ディフェンステクノロジー 37mmランチャーダットサイト装着
フォールディングストック装着
アームスコー MGLアームソン製OEGサイト装着
セクター7施設で調達
Ramo RT-37カスタムモデル(詳細はレノックスの項を参照)
ブッシュネル製ホロサイト装着
警察官ベレッタ 92FS
シークレットサービス要員シグザウエル P226
H&K MP5K発砲無し
セクター7の工作員H&K MP5A3制服組が所持
H&K UMP
H&K G36C
シグ SG552
ディフェンステクノロジー 37mmランチャー
アームスコー MGLアームソン製OEGサイト装着
スタースクリームGE M61A2
デバステーターブローニング M2戦車形態時に2基搭載
 

トランスフォーマー:リベンジ (原題 Transformers: Revenge of the Fallen)

2009年、アメリカ映画
監督:マイケル・ベイ
 
新たなるトランスフォーム(変形)はリベンジ(復讐)から始まる。
 

・ストーリー
 2年前のミッションシティでの戦いでキューブは失われ、僅かな欠片が残るのみとなった。
 オートボットはアメリカ軍を主とした対ディセプティコン特殊部隊のNESTと協力し、各地に潜むディセプティコンを駆逐していった。
 ディセプティコンの一体が残した「ザ・フォールン様が蘇る」の言葉を聞き、オートボットはまだディセプティコンが企んでいるのではと疑いを持つ。
 一方、大学進学を果たしたサムは2年前の戦いで着ていたパーカーからあるものを発見する。
 スパークの欠片、そして過去にプライムたちが残したある装置を巡り再び地球の運命を賭けた戦いが始まる。

使用者銃器名備考
ウィリアム・レノックス少佐M4A1対ディセプティコン用に改造してある*3
EOTech製ホロサイト装着
暗視スコープ装着
ハンドガード下部にタクティカルライト装着
マグプル製CTRストック
マグプル製Pマグ(NEST基地帰還時にはSTANAG弾倉)
M1911A1ナイロン製タクティカルホルスターに携行
ロバート・エップス曹長M4A1対ディセプティコン用に改造してある*4
M203フォアエンドを流用
SOPMODストック
暗視スコープ装着
ダットサイト装着
ハンドガード右側面にタクティカルライト装着
マグプル製Pマグ(NEST基地帰還時にはSTANAG弾倉)
シグザウエル P226ブラックホーク製タクティカルホルスターに携行
グラハム大尉*5M4A1対ディセプティコン用に改造してある
仕様はレノックスの銃と同じ
NEST隊員M4A1対ディセプティコン用に改造してある
2種類のモデルあり(詳細はレノックスとエップスの項を参照)
シグザウエル P226サファリランド製タクティカルホルスターに携行
H&K P2A1エジプトで使用
H&K G36KAG36装着
H&K HK416上海での捜索作戦時に所持
L85A2RAS部から先は映画オリジナル仕様
EOTech製ホロサイト装着
SUSAT 4倍スコープ装着
ブッシュマスター ACRRASハンドガード
EOTech製ホロサイト装着
M240NEST車両の車載銃
M249E2 SAW対ディセプティコン用に改造してある*6
ダットサイト装着
エジプトで使用
GE M134携行用カスタムモデル
GE M197NEST車両の車載銃
セージ L6
FFV AT4対ディセプティコン用に改造してある*7
M16のロアレシーバーを流用
暗視スコープ装着
アメリカ陸軍兵士M4A1RASハンドガード
AN/PEQ-2レーザーサイト装着
ダットサイト装着
フォアグリップ装着
M16A2
Mk.46 Mod 0
ブローニング M2M1A2エイブラムス戦車の車載銃
アームスコー MGL
エジプト軍兵士AKMエジプト・ヨルダン国境で所持
ヨルダン軍特殊部隊M16A2
ラヴィッジGE M134
スタースクリームGE M61A2
 

トランスフォーマー:ダークサイド・ムーン (原題 Transformers: Dark of the Moon)

2011年、アメリカ映画
監督:マイケル・ベイ
 
裏切ったのは、人類か、友なのか
 

・ストーリー
 1969年、アポロ11号による人類初の月面探査は異星人の宇宙船を調査するためのものだった。
 その宇宙開発競争を加速させたそれはサイバトロン星を辛くも脱出したトランスフォーマーの宇宙船アークであり、プライムの一人であるセンチネルプライムと共に地球の運命を左右するあるものが積まれていた。
 その発見をオートボットに明かさず、秘匿していたことがすべての始まりになるのだった。

・作品解説
 シリーズ初の3D作品であり、『アバター』同様のカメラシステムを用いて撮影が行われた。

使用者銃器名備考
サム・ウィトウィキーグロック 17第三世代モデル
エップスから借用
ウィリアム・レノックス大佐ブッシュマスター ACREOTech製ホロサイト装着
マグニファイア装着
ロバート・エップスノベスキー N4 CQBAN/PEQ-15装着
タクティカルライト装着
ダットサイト装着
マグプル製CTRストック
グロック 17第三世代モデル
ベストホルスターに携行
シモンズグロック 17第三世代モデル
ブリーフケース内にしまってある
ワルサー PPK/Sブリーフケース内にしまってある
ダッチグロック 17第三世代モデル
発砲無し
水平二連式散弾銃バーテンから強奪
ディラン・グールドグロック 17第三世代モデル
サムが落とした銃を拾う
ジェリー・ウォンベレッタ 92FS Inox二挺拳銃
NEST隊員M4A1EOTech製4倍率マグニファイア装着
EOTech製ホロサイト
タクティカルライト装着
L85A2
ブッシュマスター ACREOTech製ホロサイト装着
Mk.46 Mod 0
FN FN40GL-S
アームスコー MGL
エップスの仲間M4A1M203装着
EOTech製ホロサイト装着
FN SCAR-L CQCEOTech製ホロサイト装着
M249E2 SAW対ディセプティコン用に改造してある(2作目と同様)
ダットサイト装着
アームスコー MGL専用光学サイト装着
FFV AT4対ディセプティコン用に改造してある(2作目と同様)
暗視スコープ装着
SEAL隊員M4A1RASハンドガード
AN/PEQ-2レーザーサイト装着
タクティカルライト装着
ダットサイトやホロサイト装着
フォアグリップ装着
M16A4ACOGスコープ装着
ラルータクティカル OBR7.62mmモデル
アメリカ陸軍兵士M16A4
ラルータクティカル OBR7.62mmモデル
M121 120mm迫撃砲M1129ストライカーMCの車載銃
中東違法核施設の警備兵AKM発砲無し
DShK
ロシアンバーの用心棒中国北方工業公司 54式手槍発砲無し
ロシアンバーの客ワルサー PPK/S
ロシアンバーのバーテン水平二連式散弾銃ソードオフモデル
レッカーズM240Cビークルモード時に車体各所に搭載
M249E2 SAW
GE M134
ブローニング M2
スタースクリームGE M61A2
 

トランスフォーマー:ロストエイジ (原題 Transformers: Age of Extinction)

2014年、アメリカ映画
監督:マイケル・ベイ
 
共に戦うか、滅びるか。
 

・作品解説
 オートボットの元司令官センチネルプライムの裏切りにより起きたシカゴの惨劇から5年、人類からの迫害を受けてオートボットは姿を隠していた。
 その肉体を構成する素材に目をつけた反トランスフォーマー派によりオートボットはディセプティコンとして墓場の風と呼ばれる部隊により狙われる立場となっていた。

 地球側の登場人物が一新され、恐竜型トランスフォーマー「ダイノボット」が登場している。

使用者銃器名備考
ジェームズ・サヴォイグロック 34SAI G34 Tier1
H&K P30香港で使用
ハロルド・アッティンジャーM1911
墓場の風隊員SAI AR15ライフル
B&T MP9
ブッシュマスター ACR
H&K HK416
SAI AR15ピストルライフル
GE M134
ジョシュア・ジョイスSAI 1911発砲なし
トランスフォーミウム*8
ギル・ウェンブリーSAI AR15 SBR発砲なし
トランスフォーミウム製


スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • カタール基地をブラックアウトが襲撃した際にアメリカ兵が使っていた機銃はM60とMAGのどっちですか? -- gf? 2008-02-08 (金) 10:59:52
  • 映画続編「トランスフォーマー:リベンジ」が公開される模様 -- ガンド? 2009-03-29 (日) 01:03:58
  • たしかリベンジのアメリカ兵は海兵隊でしたよ? -- プライス? 2011-12-21 (水) 19:48:40
  • カタール基地でブラックアウトがデータを奪う時M134らしきガトリングを腕に装備していました -- 2012-03-14 (水) 17:29:04
  • 映画版の2作目と3作目でNEST隊員がL85を使用とありますが、どのシーンで登場しますか? 特に2作目の備考に映画オリジナル仕様とあるので、目立ちそうな外観かと思ったのですが、両方のDVDを見直しても見つけられなくて。 -- アキート? 2012-07-07 (土) 14:03:36
  • 第1作目のトランスフォーマーの米兵のエキストラって現役・退役軍人が演じてるってWikiに書いてあったけどレノックスたちと一緒にカタール基地から脱出したレノックスの名も無き部下も現役・退役軍事菜が演じているのかな?。 -- SDK? 2013-10-18 (金) 20:16:46
  • 1作目序盤でレノックスが装備していたM933にはドットサイトだけでなくブースターもついてました。 -- 2013-11-16 (土) 15:32:56
  • グラハムとドネリーの階級ちが違うのでは? -- 2014-11-01 (土) 12:16:29
お名前:


*1 本来は不可視のIRレーザーだが、可視光のグリーンレーザーを使用しており、ナイトビジョン等を覗かずに視認し照射している。
*2 ピストルグリップ・CAR-15タイプのテレスコピックストックを備えた、シングルショットグレネードランチャー
*3 ハンドガード部が大型カバーで覆われており、フラッシュハイダーも独自の形状をしているプロップガン
*4 レノックスの銃とは若干形状が異なる。
*5 おそらくSASからの応援要員かと思われる。
*6 ハンドガード部とフラッシュハイダーが独自の形状をしているプロップガン
*7 各所に近未来風のパーツを装着したプロップガン
*8 トランスフォーマーの肉体から抽出した可変金属

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-18 (金) 16:55:26 (38d)