タウルス PT92 / Taurus PT92 【自動拳銃】

タウルス PT92 AF
 
モデル全長重量口径装弾数製造国
PT92
PT99
216mm960g9mm×1910/15+1ブラジル
PT100
PT101
216mm960g.40 S&W10/11+1
PT92C203mm900g9mm×1910/12+1

 ブラジルのタウルス社が製造している、ベレッタ 92のライセンス生産モデル。
 かつてタウルス社は、ベレッタ社から92Fのマガジン等のOEM生産*1を請け負っていた。契約終了後、ベレッタ社は生産設備をタウルス社に売却。その後タウルス社は、ライセンス生産で培った技術を元に自社ブランドである「PT92」の製造に着手する。

 本家92との外見上の最大の違いは、セイフティレバーをスライド側ではなく、フレーム側に設けている点である。これは、ベレッタ社との最初のライセンス契約の際、フレームセイフティを持つ初期型92を念頭に契約したためである。92はS型以降、スライド上にワルサー P38に類似したデコッキング機能付きのセイフティレバーを設けたが、タウルスは過去に交わした契約に縛られ、スライド後部にセイフティレバーを配置するデザインが採れなかった。
 しかし、その分、ハンマーをコックしたままセイフティをかける「コック&ロック」が可能となっている。現在の本家92はセイフティをかけると自動的にデコッキングされてしまうため、即応性では古いデザインのPT92の方が、かえって有利となっている。
 一方で、安全にハンマーを降ろせるデコッキング機能を要望する声にも応えるため、後期型(PT92 AFD)ではセイフティレバーの配置はそのままに、下に下ろすことでデコッキングできる機能を追加してある。これにより、レバーを上げればロック、水平にすると解除、下げればデコッキングと、状況や射手の好みに応じた選択が可能となっている。また、トリガーガードの形状が、両手で保持した際に添え手の指を掛けやすいスクエアタイプに変更された。

 基本型のPT92の他に、アジャスタブル・リアサイト搭載の「PT99」、.40 S&Wモデルの「PT100」(アジャスタブル・リアサイト搭載モデルは「PT101」)、バレル/スライド/グリップを切り詰めたコンパクトモデル「PT92C」、といったバリエーションが存在する。
 タウルスUSA製のみ、名称が「モデル 92(Model 92)」となっており、装弾数17発対応の「92B-17」がラインナップに加わっている。

 他にも発展型として、ショートモデルの「PT917」、コンパクトモデルの「PT900シリーズ」、.38 Superモデルの「PT38S」などがラインナップに揃っている。もっとも、PT945やPT38Sはスライドが強化されるとともに、マガジンがシングルカラム化されており、かなり印象が異なっている。 

 アメリカ市場においても売り上げ的に大成功を収めている*2が、タウルスにまだ「後発のコピーメーカー」のイメージが根強く残っているためか、日本国内では本家ベレッタより「格下」に扱われることが多いようだ。

 
モデル登場年特徴
AF1985年〜アンビ仕様のマニュアルセイフティ
ファイアリングピン・セイフティ追加
マガジンリリースボタンの位置をトリガーガード後部に変更
AFS1991年〜AFのステンレスモデル
AFD1991年〜マニュアルセイフティにデコッキング機能を追加(レバーを押し下げる)
PT92をはじめ、現行モデルは全てこの仕様
民間市場では「AF」として販売(スライドの刻印は"AF")
AFD1991〜1997年ダブルアクションオンリーモデル
マニュアルセイフティが無い
法執行機関のみに販売
AR200?年〜アクセサリーレール装備
 
登場作品ジャンル使用者備考
96時間/リベンジ項目参照
007項目参照
12ラウンド映画マイルズ・ジャクソンステンレスモデル
冒頭のカーチェイスで使用
ダニエル・フィッシャーマイルズが落とした銃を所持
発泡無し
BLACK LAGOON項目参照
IS <インフィニット・ストラトス> 2アニメシャルロット・デュノアカフェ@クルーズで強盗から強奪
ラウラ・ボーデヴィッヒ
強盗細溝セレーションの初期型
ショートバレル
カフェ@クルーズで使用
REDリターンズ項目参照
SPY/スパイ項目参照
Vフォー・ヴェンデッタ項目参照
X-MENシリーズ項目参照
X-ファイル項目参照
ウルヴァリン:X-MEN ZERO項目参照
エネミー・オブ・アメリカ項目参照
エリート・スクワッド項目参照
狼/男たちの挽歌・最終章項目参照
ガンスリンガー・ガール項目参照
グランド・セフト・オートV項目参照
クリフハンガー項目参照
クリムゾン・リバー項目参照
ザ・グリード項目参照
ザ・シューター 〜極大射程〜項目参照
ザ・センチネル -陰謀の星条旗-映画組織の刺客ステンレスモデル
アジトでの銃撃戦で使用
ザ・ミッション 非情の掟映画グァイ“鬼”
ジェネックス・コップ映画ジャック一時ロコから奪う(発砲無し)
ロコ・デイロー
シティ・オブ・ブラッド映画スタン・ジョンソン刑事
シューテム・アップ項目参照
処刑人項目参照
スーパーナチュラルドラマサム・ウィンチェスター
ディーン・ウィンチェスター
1stシーズンではレーザーサイト装着
ステンレスモデル
スモーキン・エース項目参照
セブン項目参照
トゥームレイダー2項目参照
トゥルーライズ項目参照
ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌項目参照
バイオハザード(映画)項目参照
バッドボーイズ2バッド項目参照
パリより愛をこめて項目参照
ヒットマン(映画)項目参照
ブラッドチェイス映画コナー・スピアーズラストの銃撃戦で使用
ブレイキング・バッド項目参照
ホステージ項目参照
ホットファズ -俺たちスーパーポリスメン!-項目参照
マックス・ペイン3項目参照
マッドマックス 怒りのデス・ロード項目参照
メガロポリス・ノックダウン項目参照
リボルバー項目参照
レインボーシックス シージ項目参照
レッドブル項目参照
ロミオ&ジュリエット項目参照
ワイルドスピード MEGA MAX項目参照

このページの画像はタウルスFRAから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 原型となった92と比較して使い勝手や品質はどうなんでしょうか? -- 2015-07-17 (金) 00:06:25
  • 初期モデルは仕上げも精度も悪かったそうですが、現行モデルは良好です。本家と比べるとトリガープルが軽いので有名ですね。ただマガジンフォロワーの品質が悪いらしく、スライドストップはほとんど機能しません。 -- 2015-07-17 (金) 10:02:36
  • 上の方とは別の者ですが、それは単にマガジンが悪いのであってPT92本体は悪くないんじゃ……。精度が改善されたのはよく耳にしますが、仕上げは今もあまりよろしくないと聞きますよ。スライドが動くときに音がするとか……。最も、私自身の体験ではないので、あまり胸を張っては言えませんが -- 2015-07-17 (金) 13:49:54
  • タウルス自体、規模としては中小メーカーですからねえ。コストカット優先である程度品質を落とせざるを得ないので、総合性能ではやはり本家が優秀かと -- 2015-07-17 (金) 14:02:47
  • ↑×2 まぁマガジンもタウルス製ですから・・・付属のファクトリーマガジンはマガジンフォロワーがうまく飛び出ないものが大半なんですよね。サードパーティ製マガジンもある事はありますが、せっかく安いのが売りなのにあえて追加で買うのかというと微妙なところだと思います。まぁどちらにしろフルサイズの92自体あまりいつも持ち歩くようなサイズの銃ではないので、趣味用と割り切ればそれ程問題には・・・ -- 2015-07-17 (金) 14:17:13
  • このセーフティの上にあげてロック→真ん中がオフ→さらに下にさげてデコック・・・・・ってH&K USPと同じでコック&ロックトの状態からセーフティはずそうとすると間違ってデコックしちゃう不便な仕様なんじゃないの? -- 2015-10-25 (日) 22:28:51
  • ↑ちゃんとクリック感があるセーフティになってるか、大幅に下げないとデコックしない仕様なら慣れでどうにか出来るはず。元々DA動作もする銃だから大きな問題かと言われたらそうでもない気がする -- 2016-07-08 (金) 00:03:51
  • たしかブラックラグーンの作者は本来ならこいつをレヴィの得物にしたかったんだっけ?結局、マイナー過ぎると思い直してソードカトラスにしたみたいだけど。 -- 2018-02-12 (月) 21:39:57
  • ↑その名残なのか、カトラスの代用としてPT92を使っていたこともある。
     が、アニメでは使用していない。 -- 2018-02-13 (火) 22:57:52
  • ↑結局、海に落とした上に「カトラスだったら半べそかいてた」とか言われちゃったけどね…。 -- 2018-02-13 (火) 23:16:54
お名前:


*1 1980年代後半、ベレッタ 92Fがアメリカ軍制式拳銃に採用されたことにより、ベレッタ社は大量生産に対応する必要があった。
*2 アメリカの民間市場向け輸出モデルの装弾数は10+1発。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-10 (土) 12:30:07 (250d)