ステアー GB / Steyr GB 【自動拳銃】

steyr_gb.jpg
全長重量口径装弾数製造国
216mm845g9mm×19
18+1オーストリア

 1970年代、オーストリア軍は老朽化したワルサー P38の代わりとなる自動拳銃の開発を、ステアー・ダイムラー・プッハ(現ステアー・マンリッヒャー)社に依頼。先行して販売されたロガック P-18の失敗を糧にして、1981年に完成したのがGB(Gas Bremse,英:Gas Brake)である。
 スライド先端内部とバレル外面をガスチャンバーとして利用する、ガスディレイドブローバック方式を採用している。そのためポリゴナルバレルはフレームに固定されており、ショートリコイル方式に比べ精度が高い。それだけでなく、ガスディレイドブローバック方式では部品数を少なくできるため、信頼性も高い。他にも、トリガー周りにポリマー素材を使用するなど先進的な技術を導入している。ダブルカラムによる装弾数18発の大容量と、フレームが単純なプレス加工品で作られているため、大量生産に向いているのが売り。
 しかし、1983年に行われたオーストリア軍の軍用ピストル選定ではグロック 17に敗れ、結局1988年には製造中止、営業的にみて成功作とはいえなかった*1。同じガスディレイドブローバック方式のH&K P7同様、やや癖のある動作方式ではあるが、弾薬さえ合えば高い命中率と反動の低さを発揮し使用者には好評であったという。

 なお、ロガック(ローギャック) P-18というのはアメリカで生産されていた拳銃。当時アメリカでステアー社製品の輸入事業を手掛けていたレス・ロガック氏による先行クローン製品である。P-18の商業的大失敗により、何故彼がGBのリリース前に設計図を入手していたのかは全く不明となっている。GBの設計自体は1968年に既に完了しており、その後ステアー社が自社の拳銃生産ラインを構築するまでの間の「繋ぎ」としてアメリカでの生産・販売を許可されていたという説が有力である。
 外見・機構はほぼGBと同一であるが、ロストワックス製法のステンレス製であった点が最大の相違点である。しかし品質はきわめて粗悪であり*2、あまりのひどさにステアー社が生産停止の要請をしたものの、その法的処置が及ぶよりも前にロガック社は破産。本家GB以上に商業的には失敗している。
 アメリカでは米軍にM9拳銃が採用される1985年まで9mmパラベラム弾の拳銃は一般市民には全く馴染みがなく、マーケットの乏しさから資金集めは困難で、また経験のある職人もほとんど見つからなかったことなどが原因とされている。

登場作品ジャンル使用者備考
B-DASH漫画タナトスの密輸品
アンジェリカル ペンデュラム項目参照
ガンスミスキャッツ項目参照
ガンスリンガー・ガール項目参照
今日からヒットマン項目参照
スナイパー(2009年)映画タオの手下終盤で所持
発砲無し
スナッチ映画ソルレプリカ(水鉄砲)
スプリガン項目参照
ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌項目参照
ピースメーカー項目参照
ミッション:インポッシブル項目参照
麻雀飛翔伝 哭きの竜 外伝漫画三上信也
モンスター項目参照
ルーキー映画アッカーマン

このページの画像は東京マルイから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



議題がページテーマと異なってきた場合や雑談等は掲示板をご利用ください。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 画像ではそこまで強い印象を覚えませんがやけに全長が長いですねこれ -- 2013-04-09 (火) 23:15:53
  • これの固定ガスガン買おうと思います。マイナーだけど、この銃口が丸い感じスゴクすきです。 -- テイク?? 2013-07-18 (木) 14:28:52
  • この銃ってどういう構造なのかな? フィールドストリップの動画とかも見てみたんだけどよく分からんかった バレルのガス穴の部分にキャップ見たいのをかぶせる構造に見えたけど※1で書かれてるみたいにスライドがガスにさらされてるのか? -- 2013-08-29 (木) 00:37:16
  • スライドにかぶせてあるロックキャップという部品の内側にガスが吹きつけ減速、 -- 2013-08-29 (木) 12:38:07
  • ↑ロックキャップはスライドと繋がっています。さらされるのはロックキャップとバレルの間にある隙間です。 -- 2013-08-29 (木) 12:40:29
  • やっぱりスライドは直接さらされてないんだな サンクス -- 2013-08-29 (木) 20:59:54
  • 見た目が地味でよくできたおもちゃに見えてしまった… -- 2014-04-22 (火) 15:37:55
  • ↑実際見てみると(実銃は大体そんなものだけど)もっと重厚感があるし、あと思ったより大きく感じた。 この銃、作動方式の関係でだいぶ弾を選ぶって聞いたんだけど本当?過去コメで出てたらスマソ -- 2014-04-22 (火) 21:29:41
  • なるほど、やはり実際と写真は違うのか…ありがとうございます -- 2014-04-23 (水) 14:56:49
  • お祭りで売ってる印象 -- 2016-09-07 (水) 01:47:55
お名前:


*1 手に触れるスライド部が高温の発射ガスにさらされる為、スライドが過熱しやすい不具合があったと言われている。
*2 いくらも撃たないうちにあちこちでガタが生じ、試射したレポーターが頭に来て地面に叩きつけた、『Jammatic(ジャム・オートマチック)』とのあだ名を付けられるほどジャムを起こしたなどとされる。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-02-12 (日) 00:19:35 (40d)