サコー M60 / Saco Defence M60 【軽機関銃】

サコー M60
モデル全長重量口径装弾数連射速度発射形式製造国
M601150mm10.5kg7.62mm×51ベルト給弾550発/分Fアメリカ
E31070mm8.8kg7.62mm×51ベルト給弾500〜650発/分
E4(アサルトバレル)940mm9.66kg
E6(アサルトバレル)931mm9.27kg

 1957年にアメリカ軍が制式採用した軽機関銃
 第二次世界大戦中、アメリカ軍はドイツ軍の汎用機関銃のように軽量で高い火力を持つ機関銃の開発をスプリングフィールド造兵廠で開始。鹵獲したMG42FG42などを参考に幾つかの試作モデルが作られ、最終モデルT-161E3を、1957年2月に『M60』の名称で制式採用した。当初は国営のスプリングフィールド造兵廠が生産を行っていたが、大量生産の必要から民間企業であるサコー・ディフェンス社*1に生産が移っている。

 M14M16のように、M60も実戦投入された初期のモデルには問題が多かった。単純なオープンボルト式の撃発機構はしばしば全弾を撃ち尽くすまで勝手に稼働し続けたり、またフィードの設計の問題でベルトの挿入角度が直角に近く、装弾不良がよく起きたため、現場では丸いレーション缶をフィードトレイに取り付け、ベルトの動きを円滑化するような対応策も採られた。
 また、初期モデルはキャリングハンドルが銃本体に装着されているため、銃身交換時には耐熱グローブを用いなければならなかったり、交換銃身自体もバイポッドやガスチューブが装着されており重いといった問題もあった。
 こうした問題もあったものの、従来のM1919A6よりも大幅に軽く、整備性も高いM60は兵士には好評で、ベトナム戦争中は『ピッグ(豚)』との渾名でしばしば呼ばれていた。汎用機関銃として設計されたため、分隊支援火器以外にも、三脚に据えて重機関銃として、あるいはヘリコプターやジープ等の搭載機銃(ヘリ搭載型がC、Dモデル、車両搭載型がE2モデル)としても活躍した。
 ベトナム戦中は様々な火力増強・小型軽量化の試みが行われたらしく、ヘリ搭載用に小型化されたBモデルを携行するSEALsの写真も多く見られる。背負ったバックパックから機銃用のリンクレスシュートを用いて給弾する歩兵用システムも開発されており、公式な名称は不明*2だがSEALs博物館や、シュートの供給元であるスタンダード・アーマメント社の資料にその姿を見る事が出来る。

M60E3

 後に、バイポッドをガスチューブに移し、キャリングハンドルを銃身に移して銃身の交換を容易にした試作改良型のE1を経て、フォアグリップの追加などの全体的な改良を行なったE3モデル、さらに改良を加えられたE4モデル(米海軍名称Mk.43)が開発された。約22万5千挺が製造され、米海兵隊や米海軍などで使用された。原型M60からE3、E4へのコンバージョンキットも供給され、これらの部品が混在したモデルも使用された。
 米軍一般部隊では車載用としては1977年に、歩兵用としては1991年にM240へと置換された。現在では米海軍の演習用として一部現役であるほか、タイなどでは現在も主力機関銃として使用されている。
 また、米軍特殊部隊ではその軽量さゆえ、Mk48の登場までしばらくM60の派生モデルであるM60E4(Mk.43 mod.0)を使用していた。このモデルは1990年代にサコーで改修が進められていたが、サコーが2000年にジェネラル・ダイナミクスに買収されたことを契機に、USオードナンス社へ生産契約が移行されたものである。USオードナンスでは更に改修を進め、小型・軽量化と信頼性の強化を行ったM60E6モデルを現在生産しており、世界各国に売り込んでいる。2014年にはデンマーク軍のトライアルでMG5などのライバルを下し、制式採用が決定された。

 メディアにおいても独特のいかつさから人気があり、置換により払い下げも行われたため映画などでプロップガンとしても多く活躍している。

各種バリエーション

モデル解説
M60基本型。
M60E1M60のガスシリンダー、銃身、バイポッドの接続方式を変更したもの。
M60Bヘリコプターから射撃を行うため、1960年代に配備されたもの。ストックは簡略化されている。
マウント部が無いため、キャリングハンドルを機内のフックに引っ掛けたり、射手が保持して使用していた。M60Dに置換。
M60C航空機搭載用のモデル。電気的制御により遠隔操作で射撃を行う。
軽攻撃(COIN)機のOV-10などに搭載された。
M60Dヘリコプターや車両等へマウントできるようにしたもの。
UH-1BやUH-60、CH-47など主要なヘリコプターのドアガンとして用いられた。
特徴的なハンドガードやヒートシールド、ストックは無くなっており、
グリップも置換されスペードハンドルとなっているため、外見上はM60とは分かりにくい。
また照準は円形の対空照準に変更。
M60E2戦車の同軸機銃など、装甲車両へ取り付けての運用を目的としたモデル。
銃床等、車両搭載に必要の無い外装は取り外されている。
M60E3初期モデルの問題点を解決し、1986年ごろより実戦配備を開始したモデル。
軽量化モデルが用意されたが、軽量化バレルを始めとして部品の磨耗・破損が激しくあまり使われなかった。
そのため、アメリカ陸軍と海兵隊では大部分の部隊がM240への切り替えを行った。
M60E4
(Mk.43 Mod0)
M60E3を短銃身化し、多くの改良点を取り入れ信頼性をアップしたもの。
前方にフォアグリップが追加されているのが大きな特徴。
「Mk.43 Mod0」は同モデルのアメリカ海軍での制式名称。
Mk.43 Mod1上記Mk.43 Mod0を改良したもの。
ピカティニーレールが各所に追加された。
M60E6USオードナンス社による最新モデル(E6の呼称は同社による製品名で米軍の制式名ではない)。
全体的な耐久性向上の他に、従来モデルで問題視されたベルトフィード機構の信頼性やトリガーユニットの安全性が新規設計となり改善されている。
 
登場作品ジャンル使用者備考
007項目参照
ARMS -アームズ-漫画高槻 美沙単行本第4巻「マザー(母親)」
自宅襲撃時に使用
BLOOD+項目参照
Combat Arms項目参照
CUTE BULLET漫画殺し屋
G.I.ジェーン項目参照
G.I.フォース映画傭兵部隊研究所実験室で使用
ゲノム兵実験室で傭兵から奪う
LOST項目参照
MAG項目参照
Mission!すくーる項目参照
Mr.&Mrs. スミス項目参照
N.Y DUST漫画滝 錬太郎S&W M19と共に使用
OPERATION7項目参照
RED/レッド項目参照
RIDEBACK項目参照
SEVEN GUNNERS項目参照
SOCOM: U.S. Navy SEALs項目参照
SOUL項目参照
the EDGE項目参照
WarRock項目参照
XIII -サーティーン-ゲーム主人公 他
X-MENシリーズ項目参照
ZINGY項目参照
アイシールド21漫画蛭魔 妖一コミックス4巻
アイ・スパイ項目参照
アイドルマスターシンデレラガールズゲーム大和 亜季『アイドルチャレンジ サバイバルゲーム』
悪魔のリドルアニメ第10話で、英が決闘用に用意した武器
ミョウジョウ学園最上階部屋のガンラック
アゲイン 明日への誓い項目参照
アバター映画ジェイク・サリー
ノーム・スペルマン
Sec-Ops兵士
(RDAの私兵部隊)
近未来カスタムモデル
アメリカン・ギャングスター映画米軍基地の兵士中盤で一瞬登場
発砲無し
アローン・イン・ザ・ダーク項目参照
今そこにある危機項目参照
怒りの要塞
怒りの要塞2
ゲームMASATO KANZAKI
ヴァンドレッド the second stageアニメバーネット・オランジェロ#04「Everything」
ウォーオブザワールズ漫画アメリカ陸軍兵士
ウォーターワールド項目参照
ウォッチメン項目参照
うぽって!!項目参照
ウルトラゾーン特撮防衛軍固定『砲台』として登場
第20話
ウルヴァリン:X-MEN ZERO項目参照
ウルフ・オブ・ウォー項目参照
エボリューション映画アメリカ陸軍兵士終盤のエイリアン攻撃時に使用
HMMVY車載型
エンジェル・ハート項目参照
エンゼルコップ項目参照
オペレーションG.G.項目参照
オペレーションウルフゲーム兵士
オペレーション・フラッシュポイント項目参照
カウンターストライク オンライン項目参照
カウントダウンヴァンパイヤーズ項目参照
学園キノ項目参照
火線上のハテルマ項目参照
仮面ライダーSPIRITS漫画アルベール
仮面ライダーW特撮黒須
烏丸学園ガンスモーキーズ漫画今泉琴乃エアガン
E3
ガングレイヴ項目参照
ガンスミスキャッツ項目参照
ガン・ブラッド・デイズ項目参照
ガンヘッド映画バラバE3
ショートバレル
気分はもう戦争漫画ボーイ
キャット・シット・ワン項目参照
吸血殲鬼ヴェドゴニア項目参照
キラー・トーナメント映画マーシャルラストで隠れ家の武器庫から拝借
キングコング項目参照
銀魂漫画志村 妙イメージ(妄想?)シーン
キン肉マン漫画完璧・無量大数軍(パーフェクトラージナンバーズ)Mk.43 Mod1
完璧・無量大数軍の全アイテムが合体変身した物
クライムハンター項目参照
クラップラー刃牙項目参照
グランド・セフト・オート・バイスシティ項目参照
グランド・セフト・オート・リバティーシティ・ストーリーズ項目参照
クレヨンしんちゃん項目参照
ゲームセットには早すぎる漫画矢神 勇
ゴーストバスターズ映画アメリカ陸軍州兵発砲無し
ゴーストリコン アドバンスウォーファイター項目参照
ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2項目参照
ゴーストリコン フューチャーソルジャー項目参照
コール オブ デューティ4: モダン・ウォーフェア項目参照
コール オブ デューティ: ブラックオプス項目参照
コール オブ デューティ: ブラックオプスII項目参照
コール オブ デューティ: モダン・ウォーフェア3項目参照
極道兵器漫画岩鬼 将造
ゴジラ項目参照
こちら葛飾区亀有公園前派出所項目参照
ゴッドサイダー漫画C(クラッシュ)・マリガン少佐回想シーン
アメリカの市民
コマンドー項目参照
コラテラル・ダメージ項目参照
コン・エアー項目参照
ザ・ロック項目参照
最強サイボーグX項目参照
砂漠の女王(マリカ)漫画陸軍ジープに搭載
使用せず
ザ・ハード漫画波戸ケンジ(ハード)
サハラ 死の砂漠を脱出せよ項目参照
ザ・ユニット 米軍極秘部隊項目参照
三人のゴースト映画サンタの仲間劇中劇
しあわせのかたち項目参照
ジーザス項目参照
シェルショック項目参照
ジオグラマトンゲームジークフリート特殊仕様(巨大)
地獄の黙示録項目参照
シティーハンター項目参照
死の標的項目参照
ジャーヘッド項目参照
ショート・サーキット項目参照
じょしらく漫画暗落亭 苦来楽屋の壁内から取り出す
第41話
アニメ蕪羅亭 魔梨威ランボー(1作目)』のパロディ
初期型だが、何故かフォアグリップ装着
通販サイト“密林”で購入した商品
楽屋内のツリージャングルでの戦いで使用
第11話
白い戦士ヤマト漫画刺紋 精二回想シーン
新ワイルド7項目参照
ステルス項目参照
ストラングルホールド項目参照
ストリートファイター項目参照
砂ぼうず項目参照
スプリガン項目参照
スポーン項目参照
スリー・キングス項目参照
瀬戸の花嫁アニメ瀬戸 豪三郎第8話にて使用
ゼロイン項目参照
戦場からの脱出項目参照
戦闘メカ ザブングルアニメラグ・ウラロ第3話
ソルジャー項目参照
ソルジャー オブ フォーチュン2ゲームジョン・マリンス車載機銃
ソルジャーズ・アイランド項目参照
ソードアート・オンライン項目参照
ダークマン項目参照
ターミネーター4項目参照
ダイナマイト刑事(PS2版)項目参照
ダイ・ハード項目参照
地球で売れよう!漫画シュガゲリラライブで使用
チャーリーズ・エンジェル項目参照
超力戦隊オーレンジャー特撮二条 樹里23話
スリング
鈍器としても使用
ツンデレ相対性理論
キュンキュンわかるE=mc2
漫画アインシュタイン・ひかりM60E3
表紙で所持(本編未登場)
ティアーズ・オブ・ザ・サン項目参照
ディア・ハンター項目参照
デッド トゥ ライツゲームジャック・スレイト
デッドプール項目参照
デビル17項目参照
電撃 -DENGEKI-映画テロリストM60E3
橋での銃撃戦で使用
ヘリ搭載型
トゥルーライズ項目参照
ドーン・オブ・ザ・デッド項目参照
特例措置団体ステラ女学院中等科C3部項目参照
特攻野郎Aチーム項目参照
トロピック・サンダー/史上最低の作戦項目参照
ニンジャスレイヤー漫画ユリコゲイシャ・カラテ・シンカンセン・アンド・ヘル#6〜#7
機関部に光学照準装着
M82系のマズルブレーキ装着
ネメシス項目参照
ハード・ボイルド/新・男たちの挽歌項目参照
パーフェクトダークゼロゲームジョアンナ・ダーク
バイオハザード(映画)項目参照
バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ項目参照
バイオハザード〜ヘヴンリーアイランド〜項目参照
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生項目参照
バトルゴリラ項目参照
バトルフィールド 3項目参照
バトルフィールド 4項目参照
バトルフィールド バッドカンパニー項目参照
バトルフィールド バッドカンパニー2項目参照
バトルフィールド ベトナム項目参照
パニッシャー項目参照
パパのいうことを聞きなさい!
〜路上観察研究日誌〜
漫画織田 莱香ペイント弾
バリスティック項目参照
ハルク項目参照
バレットウィッチ項目参照
ピースメーカー項目参照
東のエデン項目参照
ぴことぴけ項目参照
非常戦闘区域項目参照
緋弾のアリア項目参照
ヒットマン2 サイレントアサシン項目参照
ヒットマン コードネーム47項目参照
ヒットマン コントラクト項目参照
ビデオゲーム・ハイスクール項目参照
フィアー・ザ・ウォーキング・デッド項目参照
フェイス/オフ項目参照
フォーリング スカイズ項目参照
フォレスト・ガンプ/一期一会項目参照
ブラック・ダイヤモンド映画トミー戦車搭載型
ラストの取引現場で使用
ブラックホーク・ダウン項目参照
ブラック・ラグーン項目参照
プラトーン項目参照
ブルーサンダー項目参照
フルメタル・ジャケット項目参照
フルメタル・パニック!項目参照
ブレイキング・バッド項目参照
ブレイドシリーズ項目参照
プレデター項目参照
フロントミッションゲームジョイナス・ジェリアスカ(J・J)実写CMで所持
放課後プレイR漫画あとがきのイラスト
ホーク B計画映画テロリストの一人テレビ局地下駐車場にて
ホット・ショット項目参照
マーセナリーズ項目参照
マーダーライセンス牙漫画Mr.ジャスティスプロモーションフィルムで使用
二挺拳銃
マーミー漫画駒堂 麻実
真剣で私に恋しなさい!!アニメ椎名 京取引現場で拾うのみ
第2話
マッドマックス/サンダードーム項目参照
魔法の海兵隊員 ぴくせるまりたん項目参照
みりたり!項目参照
迷彩君項目参照
女神転生項目参照
メダル オブ オナー(2010年)項目参照
メタルギアソリッド項目参照
メタルギアソリッド4項目参照
メタルギアソリッド ピースウォーカー項目参照
メタルスラッグ項目参照
メタルマックス モモ項目参照
ヤギと男と男と壁と項目参照
山猫は眠らない項目参照
闇のイージス項目参照
ユニバーサル・ソルジャー項目参照
傭兵たちの挽歌項目参照
ランド・オブ・ザ・デッド項目参照
ランボー項目参照
力王項目参照
ルパン三世項目参照
レインボーシックス項目参照
レッドアラートゲームガイ・カザマレベルアップで使用可能
レフト 4 デッド 2項目参照
ロード・オブ・ウォー項目参照
ロケットガール小説黒須
ロスト・メモリーズ項目参照
ロミオ&ジュリエット項目参照
ワイルダネス項目参照
ワイルド7項目参照
若き勇者たち項目参照
ワンスアンドフォーエバー項目参照

このページの画像はシカゴレジメンタルス、およびU.S. Ordnance, Inc.から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。

外部リンク

M60 ムービー


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • イスラム国とフィリピン軍の戦闘で写真にてフィリピン兵がE3型を持っている姿を良く見ます。
     フィリピンではまだまだ現役なんだろうか・・・。 -- 2017-07-04 (火) 00:51:25
  • ベトナム戦争のM60のショートバレル仕様はどのくらいの全長ですか? -- 2017-08-26 (土) 16:37:22
  • あれは記述通りM60Bで短銃身はカスタムとして存在しましたが仕様ではないです。バイポッドや銃床の除去による軽量化がメインとなっています。全長には大差はありません。 -- 2017-08-26 (土) 16:52:49
  • スーパーマンII 冒険篇の項目を削除しました -- 2017-12-11 (月) 17:05:40
  • DefenceではなくDefenseでは・・・・・・? -- 2018-02-24 (土) 00:44:51
  • ロスト・イン・スペース(1998)は女が使用。 -- 2018-05-01 (火) 14:24:17
  • 007でも使っている人がいました -- 2018-05-18 (金) 20:50:54
  • 007でトゥモロー・ネバー・ダイと慰めの報酬で登場してました
    ・トゥモロー・ネバー・ダイはスタンパーがE3を使用してました
    ・慰めの報酬はヘリ銃手がE3を使用してました
    (どっちも007の項目に書いてありました) -- 2018-06-30 (土) 11:41:14
  • できればこの項目の登場作品のとは007という風にしてください -- 2018-06-30 (土) 11:43:31
  • できればこの項目の登場作品のとこは007という風にしてください -- 2018-06-30 (土) 11:44:12
お名前:


*1 SACO社。ライフルで有名なフィンランドのSAKO社とは異なる
*2 「System23」「China Lake M60」「Death Machine」など様々な通称が存在するようだが、制式コードは不明である。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-12 (日) 18:42:58 (3d)