コルト M1911 バリエーションモデル / Colt M1911 Variation Model

アメリカ軍採用モデル

外見モデル説明製造国
M1911
M1911原型。1911年採用。アメリカ
M1911A1
M1911A11926年採用。メインスプリングハウジング・グリップセフティ・フレーム等の形状を改良。以後の基本モデル。
第二次大戦中はイサカなどだけでなく、全く銃に関係のない民間工場でも生産された。
combatcommander
M151972年採用。銃身長4.3インチのショートモデル。コルト・コンバットコマンダーに類似した仕様だが、コルトではなく米陸軍のロックアイランド造兵廠によって、将官用に在庫のM1911から改修・製造されたもの。
MEUピストル(M45)アメリカ海兵隊遠征ユニット(MEU)向け。
US M9と交代・回収されたM1911A1の中から、程度の良いフレームを選び、新たにスライドやカスタムパーツを組み込んだもの。リサイクル品ゆえに改造の時期によって個体差がある。
多くはスプリングフィールド製のスライドを組み込んでいるため、良く同社製と誤解されるが、組み立てはMEU本部で行われている。
現在はスプリングフィールド社100%純正品であるトラストモデルが主であり、価格は3000ドルと超高額。
近年、この「MEUピストル」が制式採用化されたことで「M45」の名が冠された。
キンバー
MARSOC
アメリカ海兵隊「DET-1」向けに生産された特別仕様。
MARSOC(マーサック)とは「Marine Special Operations Command」の略。メディアによって「MEUSOC」や「キンバーDET1」などさまざまな名称で紹介されており、また本銃の民生モデルは「Warrior」の名称で販売されている。
スライド前方のセレーション、ナローサイズのマウントレール、ランヤードリングなどを装備。
-M45A1 CQBP2012年に採用されたMEUピストルに代わるCQB用ピストル。(項目参照)

コルト社製品(民間モデル)

外見モデル説明製造国
series70
ガバメントモデル Mk IV
シリーズ70
1970年から83年に製造・販売された民間型。日本の"ガバメント"の通称はこの市販モデルをトイガン化した製品の名称から来ている。アメリカ
ガバメントモデル Mk IV
シリーズ80
1983年から市販されたモデル。AFPBを追加。
トリガー連動解除のAFPBはトリガーの感触を悪化させ、保守派競技シューターの評判は悪かった。
M1991A1
M1991A11991年発売のメモリアルモデル。軍制式の様な型番がついているが、市販モデル。
ブルーイング仕上げをパーカライジングとし、刻印やグリップパネルを新たにしているものの、上記のMk IV シリーズ80とほぼ同一の製品。
XSEモダンカスタム。フロントセレーションの追加。3ホールトリガー。スケルトンハンマー。サムセイフティの延長及びアンビ化。ノバックタイプのリアサイト。ハイグリップ可能なグルーブをフレームに追加。装弾数8+1
コマンダー1949年発表。銃身長4.3インチのショートモデル。
アルミフレームが使用されていたが、耐久性に難があった。
CombatCommander
コンバットコマンダー1971年発表。『コマンダー』のスチールフレーム版。
Officers
オフィサーズ銃身長3.5インチのコンパクトモデル。
Difender
ディフェンダー銃身長3インチのサブコンパクトモデル。
DeltaElite
デルタエリート1911の10mmオート弾モデル(項目参照)
Double eagle
ダブルイーグル1911のダブルアクションモデル(項目参照)
-レールガンXSEをベースにアンダーマウントレールを追加したモデル。M45A1の原型となった。電磁加速式銃とは無関係。
-M1070 CQBPM45A1の民間販売名。現在は軍用モデルと同じM45A1の名前で販売されている。

他メーカー製品(マスプロダクションモデル、メーカーカスタム)

外見モデル説明製造国
HardBaller
AMT
ハードボーラー
初のステンレス1911として知られる、AMT社製クローン(項目参照)アメリカ
Grizzly
LAR
グリズリー・ウィンマグ
大口径マグナム弾仕様の1911クローン(項目参照)
M945
S&W PC
M945
S&Wのカスタム部門が自社製ピストルのスライドとパーツで作り上げた異色の1911コピー(項目参照)
S&W1911
S&W
SW1911
因縁のライバルメーカーによる1911クローン。上記と異なり、オリジナルとの部品互換性もある(項目参照)
エッジ
STI
2011
ダブルカラムのマガジンと、ハイブリッド素材のフレームを持つ、競技用1911クローン(項目参照)
SV
インフィニティ
上記STIから独立したガンスミスによってデザインされた競技用1911クローン(項目参照)
ウィルソン
M1996A2CQB
カスタムメーカーとして著名なウィルソンコンバットが、CQB向けに設計したコンバットピストル。
大型ノバックサイトや軽量のトリガーなど贅を尽くしたパーツを数多く組み込んでいる。
性能は文句なしだが、価格も破格の1800ドル。
キンバー
カスタムII
1911カスタムメーカーによる、コンプリートモデル(項目参照)
Coonan357
クーナン
.357マグナムオート
リボルバー用の.357マグナム弾に特化した1911クローン(項目参照)
サファリアームズ
マッチマスター
カスタムメーカーによる、競技用1911クローン(項目参照)
GSR
シグアームズ
GSR
高性能なダブルアクションピストルで知られるシグが開発した1911クローン(項目参照)
スプリングフィールド
M1911A1
1911カスタムメーカーによる、コンプリートモデル(項目参照)
スプリングフィールド
オメガ
スプリングフィールド アーモリー製。『マグナポート』と呼ばれるコンペンセイターとロングスライドを装備した射撃用モデル。
10mmAuto版もあり、日本でもトイガン化されていた。現在は製造中止。
ナイトホークスプリングフィールドモデルと並ぶ、超高額で豪華な内容のカスタムを施されたモデル
ウィルソン社の熟練ガンスミスによって2005年に設立された企業のフラグシップモデルで価格帯は2500ドル以上が主流
実戦での使用を念頭において開発されているため、確実に撃てるための即応性を重視する。
CombatMaster
デトニクス
コンバットマスター
サブコンパクトサイズ1911の先駆者の一つとして著名な1911クローン(項目参照)
デトニクス
サービスマスター
銃身長4.25インチのミドルサイズモデル
ScoreMaster
デトニクス
スコアマスター
デトニクス製1911クローンのフルサイズモデル(項目参照)
M1927
システマ・コルト
M1927
アルゼンチン軍の元制式拳銃。ほぼオリジナルのままのライセンス生産品。
ジオブリーダーズ』ではバッタもの呼ばわり、『ブラック・ラグーン』ではインベル M911と混同されるなど、メディア上ではいまいち冴えない扱い。
アルゼンチン
モリナ
バジェスター
モリナ
グリップセフティなどを省略し、生産性を高めたモデル。これもアルゼンチン軍の元制式。
既に制式解除となっているが、フォークランド戦争では相当数がイギリス軍に鹵獲された。
デザートイーグル1911アメリカのマグナムリサーチ社が販売する1911クローン。製造はイスラエルのIWI。装弾数は8発
銃身長5インチのフルサイズモデルはDE1911G(GはGovernment)。銃身長4.33インチのコマンダーモデルはDE1911C(CはCompact)。
イスラエル
AF2011-A1イタリアのアーセナル・ファイアームズ製ダブルバレル1911(項目参照)イタリア
パラ・オーディナンス
1911
カナダ産1911クローン(項目参照)カナダ
アメリカ
パラ・オーディナンス
P14
ダブルカラム1911の先駆者的モデル(項目参照)
レス・ベアーパラ・オーディナンスのP14シリーズをベースに、実際の撃ち合いで勝てるための更なるカスタムを施したモデル
ドーブテール型フロントサイト、ビーバーテールグリップ&ナロータイプのアンビセフティー、フロントセレーションなどを多数装備
FBIの特殊部隊であるHRT(人質奪還部隊)に75挺が納入された
スター
M1922/モデルA
スペイン国境警備隊(グアルディア・シビル)向けに作られたスペイン産1911クローン。モデルAはその市販モデル。
外装式に変更されたエキストラクターと、グリップセフティが省略された点が特徴で、スター1911シリーズの共通点ともなっている。
使用弾は9mmラルゴー弾で、輸出用に7mmマウザー弾仕様も作られた。
スペイン
ModelB
スター
モデルB
上記の9mmパラベラム弾仕様。撮影のライブファイア用空包としても好まれる口径であることから、
60年代から現在に至るまで、ハリウッド映画における1911の替え玉プロップガンとして活躍している。
スター
モデルMD/PD
少数生産されたスター1911のフルオートモデル。モデルMDは9mmパラベラム、モデルPDは.45ACP仕様。
モデルA及びBに比べやや大型なモデルM及びPをベースに作られており、スライド右側にセレクターが追加されたほか、
マウザー C96に似たホルスター兼用のショルダーストックも付属。
ImbelM911
インベル
M911
ブラジル軍の元制式拳銃。
後期型ではセレーションが斜めになり、サイトが大型化するなどの改良が加えられている。9mmx19版もあり。
ブラジル
ImbelM911
M/1914ノルウェー軍の元制式。別名爛灰鵐哀好戰襯・モデル瓠ヨーロッパの拳銃では珍しい.45ACP仕様で、オリジナルとほぼ同一だが、スライドストップの形状にアレンジが加えられている。
第2次大戦でノルウェーがナチス・ドイツに占領された後は、”P657(n)”の名称で準制式とされた。
1919〜1947年まで32854挺が生産された(”P657(n)”仕様は920挺)。
ノルウェー
VIS-wz1935
ラドム
VIS-wz1935
デコッカーとグリップデザインが特徴的な、ポーランド産1911クローン(項目参照)ポーランド
tokarev
TT33旧ソ連で1911を参考に作られた軍用自動拳銃(項目参照)旧ソ連

他に、フィリピン、中国(ノリンコ)、ベトナム、イタリア、ドイツなどでも、様々なコピー、アレンジモデルが生産されている。

カスタムモデル

外見モデル説明製造国
ストライクガンZ-Mウェポンズの銃器デザイナーであるアラン・ズィッタが製作したCQC用のカスタムガン(項目参照)アメリカ
ピンガンアメリカ人ガンスミス、ジム・クラークがピンバスター(何本かのボーリングのピンを全て倒すまでの時間を競う射撃競技)のためにカスタムしたモデル。
バレル先端に大型のバレルウエイトでマズルジャンプを押さえて、連射性能を高めている。アンビセーフティーとスクエアタイプのトリガーガードを装備、スキッドチェッカータイプのグリップが特徴的。
BobChow
ボブチャウ スペシャル中国系アメリカ人のガンスミス、ボブ・チャウ(Bob Chow)氏制作のカスタムガン。
携帯性・コンシールド性(秘匿性)を追求しており、服などに引っかけないよう角という角が徹底的に削られている。
ズボンのベルトに引っかけて携帯するためのクリップも装備。

このページの画像はENDOの部屋から転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。


最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • フロント(コッキング)セレーションは90年代に始まった競技用カスタムらしく、製品で仕様化し始めたのはスプリングフィールドだと言われてますね。大型というと、いわゆる初期型とは違うアジャスタブルサイトという事でしょうか?でしたら1911のカスタムパーツを初めて市販化したキングス・ガンワークスが同様に初めて製作したと言われています。が、はっきり言ってどれぐらい古いのかよく分かりません。1960〜1980年のカタログにはよく見られますが、最古のものでは1930年代には既にカスタム品で存在したとか・・・1911沼はなかなか深く全貌は未だ完全には解明されていないようです。 -- 2015-08-01 (土) 22:25:31
  • 回答有り難うございます。初期型と比べてフロントセレーション付き、アジャストやノバック等の大型サイトを乗せた近年のバリエーションモデルは大分攻撃的なフォルムですよね。流石に1911にストックとタンジェントサイト付きモデルは無いですよね? -- 三流陸曹? 2015-08-01 (土) 22:38:45
  • タンジェントサイト付きは流石に聞いた事無いですね。まぁ1911の場合はフォアグリップやストックの付いたフルオートモデルが軍でテストされたりギャングに使われたりしましたから、魔改造ぶりでは他に勝るとも劣らないと思いますが。 -- 2015-08-01 (土) 23:06:05
  • ウィルソンコンバットのスペックオプス9は1911バリエーションに含まれるのでしょうか?互換性も有りますが単なるバリアントとは毛色が違うようですし、向こうの市場ではどういう目で見られているのでしょうか? -- 三流陸曹? 2015-09-22 (火) 18:58:00
  • AFPB搭載のシリーズ80でトリガーフィールが不評を買ったようですが他社製クローンのAFPB搭載モデルはどうなのでしょうか? -- 三流陸曹? 2015-10-26 (月) 19:02:55
  • M45A1は民間向けに販売されているのでしょうか? -- 2017-01-05 (木) 16:48:53
  • M1070 CQBP として民間に販売 -- 2017-01-05 (木) 18:47:44
  • ノルウェーのM/1914は珍しく見える。一応ドイツ軍の制式であったとは……。 -- [[ ]] 2017-09-28 (木) 19:09:01
  • 素人考えの質問で恐縮なのですが、各メーカー間でマガジンの共有(例えば、パラUSA社のダブルスタックフレームにレミントン社のダブルスタックマガジンなど)って可能なのでしょうか。 -- 2018-02-28 (水) 18:59:21
  • ダブルスタック1911のフレームは各社独自の仕様なので基本的には無理ですが、マガジンキャッチや上部の寸法を加工して変えれば使えることがあるようですね。
    しかし単純に挿入可能でもマガジンリップを加工しないと給弾出来ないこともあるようなので「無理ではない」というところですかね。 -- 2018-03-01 (木) 07:16:51
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-17 (火) 12:42:53 (242d)