クローズドボルト / Closed bolt

 銃器の発火方式の一種で、「クローズドボルト・ファイア方式」とも呼ばれる。
 弾丸の発射後、薬室が閉鎖(closed)状態で止まるためこのように呼ばれる。一般的な拳銃の発火方式もこの方式に分類される。

 発射の一連の流れとしては
1:コッキングによりボルトを前後させる等、薬室に次弾を装填する。
2:引き金を引くとシアーが開放され、ハンマーが撃針(ファイアリングピン)を打撃、さらに撃針が弾丸の雷管を打撃し、撃発(発射)する。
3:燃焼ガスにより弾丸は銃口方向へ前進、またボルトは後退し、その際空薬莢が排出される。
4:後退したボルトはリコイルスプリングによって再び前進し、この際次弾を掴み薬室へ送り込み、そのまま薬室を閉鎖する。なお、撃針は若干後退した状態で、ハンマーはシアーによって後退位置でそれぞれ保持される。以後2〜4を繰り返す。

 引き金を引いてからボルトが動作し撃発するオープンボルト方式に比べると、クローズドボルトは発射のタイムラグが少なく、安定した連射を行う事ができる。
 また、撃発時に重いボルトが前後しないので銃のブレが少なく、オープンボルトよりも命中精度を高める事ができる。*1

 ただし、ボルトと撃針が分離しているなど機構が複雑であり、燃焼薬の残りカスや塵芥の侵入によって作動不能に陥るなど、オープンボルト式に比べてデリケートであり、運用には適切なメンテナンスが必要となる。
 また、薬室の開放時間が短いため放熱性が悪く、構造上次弾が薬室内に残る事もあり、銃自体の熱で弾薬が自然発火し暴発する「コックオフ」が起きる危険性も指摘されている。


コメントはありません。 コメント/クローズドボルト?

お名前:


*1 ただしこれはあくまで初弾においてのみ言える事で、連射し続けれている分にはオープンボルトと精度は大差ないともされている。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:08:06 (591d)