ガン&トークス / Guns & Talks

2001年、韓国映画
監督:チャン・ジン

・ストーリー
 ある町に男4人組の殺し屋がいた。メンバーは、リーダーで変装担当のサンヨン(シン・ヒョンジュン)、爆弾の専門家ジョンウ(シン・ハギュン)、狙撃のプロ ジョエン(チョン・ジェヨン)、サンヨンの実弟でコンピュータが得意なハヨン(ウォンビン)。裏社会では少々名の知れた存在で、「依頼主が希望する方法で殺します」をモットーとしている。
 だが殺しの腕には定評があっても、まともな料理を作ることすらできない日々を過ごしていた。そんな彼らの数少ない楽しみの一つは、ニュースキャスターのオ・ヨンナン(コ・ウンミ)を毎日テレビで見ること。夢の中でなら彼女は恋人であり、好きなだけ甘いひとときを過ごせるのである。
 そんなある日、サンヨンは殺しの依頼を受ける。政府主催のハムレット公演中、ある人物を殺して欲しいとのこと。オペラ劇場は満員、あちこちに警備員が配置され、例え暗殺に成功しても無事に脱出できるかは保障できない。
 今まで以上に困難な仕事を前にして、他のメンバーは難色を示すが、サンヨンだけは一向に引く気配がなかった。それには今回の殺しを依頼したある人物に原因があるのだが―――。

使用者銃器名備考
サンヨンSW M19警備員変装時に所持(未使用)
ベレッタ M92F INOXDVDジャケットではノーマルモデル
ジョンウベレッタ M92Fサプレッサー装着時もあり
発砲無し
SW M602インチモデル
ジョエンHK SL-8スコープ装着
冒頭の仕事時に使用
バレット M82A1チュが調達してきた銃(発砲無し)
HK MP5K スナイパーM4系ストック装着(チークピース付)
エクステンションバレル装着
スコープ装着
ベレッタ M92Fジョンウから渡される
コルト M1911シルバーモデル
DVDジャケット裏にて所持
ハヨンベレッタ M92Fジョンウから借用
なぜかサプレッサー装着時もあり
INOXも使用
SW M602インチモデル
DVDジャケット表にて所持
HK SL-8DVDジャケット裏にて所持
チョ特捜検事SW M602インチモデル
キム係長ベレッタ M92F発砲無し
特捜班ベレッタ M92F発砲無し
コルト M1911
警察官HK MP5A3オペラ劇場の警備時に所持(発砲無し)
女性のイラストコルト SAAシルバーモデル
ショッピングカートの広告イラストにて所持


スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 殺し屋宅の冷蔵庫内にライフルが入っているのですが、それは判別不能でした。 -- インテリの島二尉? 2007-12-06 (木) 09:56:48
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:11:13 (590d)