エロイカより愛をこめて

1976年〜、『月刊プリンセス』掲載(2008年からは『プリンセスGOLD』掲載)
著:青池 保子

・作品解説
 NATO軍所属のドイツ人・エーベルバッハ少佐と、美術品専門の怪盗・エロイカが巻き起こすスパイ&コメディアクション。連載当時は冷戦時ということもあり、NATOやKGBなど各国の軍事組織・諜報機関の対立から物語は始まる。

使用者銃器名登場話備考
クラウス・ハインツ・フォン・デム・エーベルバッハ少佐
“鉄のクラウス”
AM オートマグ
FN ハイパワーサプレッサー装着時もあり
H&K P9Sサプレッサー装着時もあり
コルト ウッズマン12巻派手なエングレーブ仕様
コルト ガバメント
シグ P210
シグザウエル P220Qの銃を使用
シグザウエル P226
トカレフ12巻敵から強奪
マカロフソ連軍兵士から強奪
ルガー P08
ワルサー P5
ワルサー P88 コンパクト
ワルサー PPサプレッサー装着時もあり
H&K MP54巻試作型
H&K MP5SD34巻ダットサイト装着
M16スコープ装着
FFV M2
RPG7スコープ装着
ソ連軍基地から強奪
ドリアン・レッド・グローリア伯爵
“エロイカ”
H&K P9Sエーベルバッハ少佐から借用
コルト ガバメント派手なエングレーブ仕様
ベレッタ M1951発砲無し
マカロフ
M16エーベルバッハ少佐から借用
仔熊のミーシャシグ P2103巻エーベルバッハ少佐から強奪
シグザウエル P220
トカレフ
マカロフ
明けガラストカレフ
銀のオーロラワルサー PP
ゴーリキートカレフ3巻サプレッサー装着
Qシグザウエル P220サプレッサー装着時もあり
ワルサー P8823巻エーベルバッハ少佐から強奪
李 剣光ベレッタ 92FS
ステファンワルサー PP15巻
カルロスグロック 2025巻発砲無し
シグザウエル P226発砲無し
ベレッタ 92FS二挺拳銃
ワルサー P88 コンパクト発砲無し
H&K MP5フォアグリップ装着
エーベルバッハ少佐の部下ワルサー PP
KGB構成員H&K P9Sサプレッサー装着
トカレフ
スプリングフィールド M145巻
GSG9隊員シグザウエル P226タクティカルライト装着
サイドアーム
H&K MP5SDスコープ装着
タクティカルライト装着
ソ連軍兵士マカロフ
AK47
革命政府軍FN FAL3巻
13人のスナイパーAK473巻スコープ装着
ボロボロンテの部下ベレッタ M124巻
MAC M1121巻
コンスタンチンの部下IMI ウージー20巻
李 剣光の部下IMI ウージー21巻
MAC M11
アラブ人テロリストワルサー P88 コンパクト23巻発砲無し
H&K G322巻発砲無し
H&K HK33
GD FIM92
誘拐犯ワルサー P88 コンパクト24巻発砲無し


スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • エロイカのエングレーブ入り拳銃は純正ガバメントと比べて小型だったと記憶、ラーマ製コピー品の32〜38口径かも知れません。 -- ルガーの竜? 2013-07-12 (金) 00:45:14
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-12-30 (金) 06:47:00 (291d)