ウィンター・ウォー 厳寒の攻防戦 / Talvisota(英題:The Winter War)

1989年、フィンランド映画
監督:ペッカ・パリッカ

 冬戦争を描いた戦争映画。原題の『Talvisota』もフィンランド語で「冬戦争」。原作はフィンランドの作家アンティ・トゥーリの同名小説。冬戦争といえばスキー部隊だが、本作は塹壕での防御戦が主でスキー部隊は登場しない。戦争映画としてはソ連軍のT-26戦車・I-16戦闘機・SB爆撃機が登場するのも見所。

 なお本作には複数のバージョンが存在する。
 ・1989年にフィンランドで劇場公開されたオリジナル版(199分)
 ・その後テレビで全5回に分けて放送されたTVシリーズ版(計265分)
 ・他国での映像ソフトに収録された国際版(125分)
 現在日本で販売されている映像ソフトは最も短い125分版である。

※下記の一覧には日本版映像ソフトには登場しない銃器も含まれる。

使用者銃器名備考
マルティ・ハカラM/28-30
SVT-38敵の物・銃剣付き
拾う際に暴発
パーヴォ・ハカラM/28-30
モシンナガン*1アーティの銃
DE M17柄付手榴弾
カントラ少尉*2スオミ KP/-31ドラムマガジン
M/28-30
トカレフ
モシンナガン敵のものを回収する
DP
エルキラモシンナガン
M/28-30パーヴォの銃
SVT-38ボルトアクションのように手動で操作
SVT-40背負っているだけ
DE M17柄付手榴弾
ペンティモシンナガン
SVT-40敵のものを奪う
ボルトアクションのように手動で操作
モシンナガン M1891/30着剣した敵のものを使用
モロトフ・カクテル対戦車用
ソンピ伍長スオミ KP/-31ドラムマガジン
モシンナガン M1891/30敵のもの
ボルトを抜きとる
アートスモシンナガン
ナガン M1895敵の物を拾う
発砲なし
DE M17柄付手榴弾
ユッシ衛生伍長モシンナガン
スオミ KP/-31ソンピのもの
アルヴィモシンナガン
コルペラ伍長*3スオミ KP/-31ドラムマガジン
DP
マッティラハティ・サロランタ M/26
DP敵の物を拾う
発砲なし
イリM/28-30発砲なし
マウリモシンナガン
エイノ
アーティ
ユティラ曹長モシンナガン発砲なし
中尉ルガー P08機関部は作動しない
ラウリア中佐*4マウザー C96モデル不明
ホルスターストックでの携行のみ
フィンランド兵モシンナガン
モシンナガン M1891/30
スオミ KP/-31ドラムマガジン
DP
マキシム機関銃
ボフォース 37 PstK/3637mm対戦車砲
DE M17柄付手榴弾
FI M/32卵型手榴弾未使用
ソ連兵モシンナガン突撃の際は着剣
モシンナガン M1891/30着剣
SVT-40ペンティに奪われる
DP
RGD-33柄付手榴弾


スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • アーティが撃たれるシーンの前に三八式歩兵銃を使用する兵士がいました。フィンランド内戦時に使われた残りでしょうか? -- 2015-03-18 (水) 16:32:36
  • ↑多分そう。三八式は結構な数輸出してたらしいからね。 -- 中野学校くん? 2015-03-19 (木) 07:50:41
  • 返信ありがとうございます。輸出する際は輸出国側の規格(弾薬など)に合わせるようですけど、フィンランドの場合どうだったのでしょうね。興味深いです。 -- 2015-03-19 (木) 19:15:35
  • ↑割とそのままだったりします。ロシアに輸出された際にも、6.5mmのままでしたし。日本が輸出時に他国の口径に合わせた例で言うと、むしろマウザーのコピー生産なんかのほうが多いかも知れません。 -- 2015-03-19 (木) 20:10:59
  • 返信ありがとうございます。勉強になりました。 -- 2015-03-20 (金) 19:19:21
  • 三八式歩兵銃はこの映画の中では使用されていないような… -- とん? 2017-04-17 (月) 22:58:50
お名前:


*1 本項ではロシア製M1891及びフィンランド製M/91、M/24のいずれかのこと
*2 日本語字幕は「曹長」と誤訳
*3 日本語字幕は「曹長」と誤訳
*4 日本語字幕は「大佐」と誤訳

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-11-22 (水) 18:27:24 (14h)