ウィルディ/ Wildey 【自動拳銃】

ウィルディ 8in.
銃身長全長重量口径装弾数製造国
6in.279mm1,440g9mm Win.Mag.アメリカ
.45 Win.Mag.
.45 Wildey Mag.
.475 Wildey Mag.
.44 AMP
8+1

 ウィルディ・ムーア (Wildey Moore)によって開発されたマグナム弾を使用する自動拳銃。製品名は「ウィルディ」であるが、語呂の関係でウィルディ・ピストルやウィルディ・マグナムと呼ばれることも多い。

 大威力のマグナム弾で確実な作動を得るため、ロータリーボルトとショートストローク・ガスピストンという、自動小銃のような作動・閉鎖方式を採用しているのが最大の特徴。これは自動拳銃としては初めての試みであった。
 バレルの基部にはダイヤル式のガス・レギュレーター(調整子)があり、これを回すことで、ガスポートに流れる発射ガスの量を調整することができる。これも自動小銃や軽機関銃で見られる機能だが、拳銃では他に類を見ない。これは火薬(発射ガス)の量に作動が左右されるため、ジャムを防止するために採り入れられたものである。ガス圧を『ゼロ』にセットして、1発毎にスライドを手動で操作することも可能となっている。
 フレームは1911のものをベースに大型化したものを使用しているが、グリップセイフティは備えられていない。

 非常に斬新な設計ではあったものの、専用の弾薬を用いることもあり商業的にはあまり成功しなかった。2011年には生産元のウィルディ・ファイアアームズ社の経営問題により生産中止となっているが、USAファイアアームズ社から2017年より販売が再開されている。

 メディア上ではその特徴的な外見でしばしば作中でもその存在感を発揮している。特に有名なのは映画「スーパーマグナム」(原題:Death Wish3)で名優チャールズ・ブロンソンが用いているものであるが、これはなんと彼の私物であった。彼は私生活でもこの銃を愛用しており、設計者ウィルディ・ムーアとも親交があった。
 このため本銃は、チャールズ・ブロンソンのファンには現在でも高い人気を持っている。

登場作品ジャンル使用者備考
the EDGE項目参照
エウレカセブンAOアニメ遠藤大佐第十三話
エル・マリアッチシリーズ項目参照
ガングレイヴ項目参照
ゲームセットには早すぎる漫画殺し屋
ザ・ヒットマン!項目参照
スーパーマグナム映画ポール・カージー.475ウィルディマグナム
ゼロイン項目参照
天使ノ二挺拳銃項目参照
ハード・ウェイ映画パーティキラーレーザーサイト付カスタムモデル
セフティスラッグ
東のエデン項目参照
ビッグマグナム黒岩先生項目参照
四つ葉のマック漫画四葉真記
指導官長
ヌシ
指導官長のものを使用

ロボコップ3項目参照
ロミオ・マスト・ダイ項目参照

このページの文章および画像はWildey Gunsから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 勝手ながら細部を書き直し、画像を追加。 -- アセリア? 2006-06-13 (火) 22:30:22
  • サイトによると、5インチ及び6インチモデルでは.45Win.Mag.と.44AMPの2種類に対応しており、4種すべてに対応しているのは8インチ以上のモデルだけです。 -- 一読者? 2011-12-01 (木) 09:40:35
  • しかし画像だと8インチバレルのはずなのにバレルが短く感じられるね -- 2014-02-05 (水) 22:36:11
  • こち亀52巻の「使い捨て万歳の巻」の扉絵で中川が持ってますね -- 2015-08-13 (木) 01:50:01
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-06-23 (金) 02:41:02 (154d)