イジェメック MP-443 “グラッチ”/ ИМЗ MP-443 Грач(Grach) 【自動拳銃】

MP-443
モデル全長重量口径装弾数製造国
MP-443“グラッチ”198mm950g9mm×1917/18*1+1ロシア
MP-446“ヴァイキング”196mm850g9mm×1910/17/18*2+1

 ロシア政府からの要請で、イジェフスクのイジェメック(イジェフスキー・メカニチェスキー・サボドの略。現バイカル社)が開発したロシア軍の新型制式拳銃。 「グラッチ」とは開発中の仮名称で、ミヤマガラスという烏の一種のこと。ロシア国内ではマカロフなどと同じく、設計者の名をとって「ヤリギン拳銃 (PYa / Pistolet Yarygina;ピストレット ヤリギナ)」と呼ばれている。現在は一部が連邦保安庁(FSB)、警察や内務省(MVD)の特殊部隊にも配備が開始されているようだ。
 冷戦終結後の旧ソ連の体制崩壊と自由化後、それまでのソ連軍に変わる新生ロシア軍は、従来の制式拳銃弾薬9mm×18を、既に世界的に供給されている9mm×19に変更した。これを用いた新たな制式拳銃として開発・設計されたのがこの銃である。

 オーソドックスで信頼性の高いコンベンショナル・ダブルアクションのトリガーを備え、マニュアルセイフティはデコック機能は無いものの、アンビコック&ロックも可能だ。暴発を防ぐAFPBも備え、材質も軽合金や新素材は用いず、スライド、グリップフレームともスチール製と、極めて堅実(保守的)な造り。マガジン容量が18発(初期型は17発)と、同クラスの拳銃と比べてやや多いのも特徴である。
 一方、寒冷地ロシアらしい一工夫もある。一見するとハンマーレスに見えるが、スライドの両サイドが後方に伸びて露出式ハンマーを覆っている*3。これはトカレフ以来の伝統で、分厚い防寒具の中から取り出す時でもハンマーが引っかからないようにするためだ。
 また、先行するGsH-18同様、強装徹甲弾であるロシア独自の7N21弾にも対応する。

MP-446

 メーカー側では銃器の見本市などで世界中の公的機関、特にヨーロッパの公的機関などに対して、かなり積極的な売り込みを掛けているようだ。ロシアが拳銃を自軍向けの『兵器』ではなく、海外・民間にも販売する『商品』として意識し始めた証とも言える。

 2003年の採用決定後もロシア軍の財政的問題から普及は遅れていたが、2010年代には供給を開始。2019年までに全隊への配備を進められる模様だ。

 派生モデルのMP-446、通称ヴァイキングは、MP-443の兄弟銃で、強化ポリマー製のグリップ・フレームをもつ以外、構造はほとんど変わらない。ロシア軍の次期制式拳銃トライアルの最終段階でテストされたが、ポリマーフレームの耐久性への不安からキャンセルされた。現在はMP-443のスポーターモデルという位置付けで、輸出や国内のセキュリティ機関向けに販売されているようだ。
 こちらは近年のロシアにおけるシューティング競技の活発化から、より操作性を追及したヴァイキング-Mモデルなども登場している。

登場作品ジャンル使用者備考
DARKER THAN BLACK
-流星の双子-
項目参照
MAG項目参照
SOCOM: U.S. Navy SEALs項目参照
コール オブ デューティ: アドバンスド・ウォーフェア項目参照
コール オブ デューティ: ゴースト項目参照
ゴルゴタ小説暴力団組員未使用
スパイの歩き方項目参照
スプリンターセル項目参照
タイドライン・ブルーアニメ
バトルフィールド 3項目参照
バトルフィールド 4項目参照
バトルフィールド バッドカンパニー項目参照
バトルフィールド バッドカンパニー2項目参照
ファントム オブ インフェルノ項目参照
ブラック・ラグーン項目参照
メダル オブ オナー(2010年)項目参照
メダル オブ オナー ウォーファイター項目参照
ヤングガン・カルナバル項目参照

このページの画像はBaikalから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 2004年以降の製品に関しては17+1から18+1になったためちょい変更 -- 2014-12-03 (水) 21:41:58
  • スペック的には良さげな銃だな、Youtubeでの射撃動画もいい感じだった -- 2016-11-02 (水) 20:00:16
  • なんで未だに実写映画にヤルイギン拳銃は出てこないんでしょうか? ロシア映画とかちょくちょく見てるんですが 映像作品はアニメにしか登場していない -- おー? 2017-02-12 (日) 13:32:23
  • 知名度足らないんでしょうねきっと…あとそれを出すニーズがないとか
    ロシア系の銃って言ったらカラシニコフとスチェッキンとマカロフトカレフしかないと思ってる人もいますし… -- 2017-02-14 (火) 02:43:25
  • あとは見かけでどこの会社か分かりにくい、とかね
    この画像見せると、プラスチックで作ったブローニングハイパワー?とか、え?ベレッタ?とか、ガバメントまた変なモデル出したの?とかあって、少なくともソビエト系列の銃ってパッと分かりにくい所がありますから -- 2017-02-14 (火) 02:46:13
  • まぁこれに限らずロシアの近年の軍用銃はほとんど映画には出て来ないと思いますが。皮肉な事にロシアもアメリカも両方「ロシアの新しい軍用銃」に関してどちらも規制が強いですから実写作品に出て来ないのは致し方ないかと。 -- 2017-02-14 (火) 04:49:59
  • これってPP-2000と同じ徹甲弾に対応したモデルは無いの? -- 2017-03-07 (火) 16:42:40
  • 標準で対応してる。周知の話かと思ったら案外記述がなかったので追記。 -- 2017-03-07 (火) 19:59:58
  • 今期やってるガンダムに似たようなデザインの銃が出てきたな。 -- 2017-03-21 (火) 02:36:03
  • 7n31では? -- 2017-08-22 (火) 14:52:42
お名前:


*1 現行型
*2 現行型
*3 初期型では普通のスライドだった

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-07 (火) 19:59:13 (263d)