アームスコー MGL / Armscor MGL 【擲弾発射器】

ミルコウ MGL140
モデル全長(伸長時)重量口径装弾数製造国
MGL Mk1556mm(776mm)5.3kg40mm×466南アフリカ
MGL-140661mm(787mm)6.0kg

 南アフリカ共和国のアームスコー社が開発した6連発型軍用リボルビング・ グレネードランチャー。現在はベクター(Vektor)社が製造しており、また供給元の名を取って『ミルコウ(Milkor) MGL』、『ダネル(Denel) MGL』とも呼ばれるが、いずれも同一のものである。
 弾薬はNATO規格の40mmx46を使用し、仰角付きの光学サイトが標準装備されている。
 装填、排莢は手動で行うが、弾倉を丸ごと上方に回転させて一気に装填できるので、それなりに操作性はよい。またリボルバー弾倉のスプリングは、手動で弾倉を左方向に回して巻き上げる。
 連発型グレネードランチャーの先駆けであり、以後、各国でこのランチャーを参考にしたランチャーが作られていく。特に弾倉を回してネジを巻く方法は多くのランチャーにコピーされた。例えば、ロシアTsKIB SOO社製の『RG-6 (6G30) 』は「ケースレスグレネード」を発射する為に、『GP-25の銃身部分』をシリンダー状に6発分まとめた形になっており、巻き上げ機構はシリンダー後方に付いている。

 MGLはクロアチアRH Alan社において『旧ユーゴ内戦での戦訓』に基づいた改良を認め、クロスライセンス契約により『RGB-6』の名で生産されているほか、最近、その成果を取り入れた改良型の『MGL140』がアメリカ海兵隊に、『M32』の制式名で採用された。
 MGL140は非殺傷弾をはじめとするより多くの弾薬に対応できるよう、シリンダー(弾倉)の長さが140ミリに延長されているほか、M4カービン用のVLTOR社製テレスコピック・ストックや、クアッド(四面)レイアウトのピカティニーレールを装備している。

登場作品ジャンル使用者備考
007項目参照
Combat Arms項目参照
CSI:NYTVドラマNYPD暴徒鎮圧部隊第5シーズン
『死者の書』中にて
G.I.ジョー項目参照
KILLING FLOOR項目参照
LAWMAN項目参照
RED/レッド項目参照
SOCOM: U.S. Navy SEALs項目参照
WarRock項目参照
アイアンマン項目参照
青春×機関銃項目参照
あそびにいくヨ!項目参照
アルティメット項目参照
アルドノア・ゼロアニメアセイラム・ヴァース・アリューシアMGL140
煙幕弾を使用
第3話
アンチャーテッド項目参照
インセプション項目参照
ウルヴァリン:X-MEN ZERO項目参照
エクスペンダブルズ項目参照
エンド・オブ・キングダム項目参照
オペレーション・フラッシュポイント項目参照
烏丸学園ガンスモーキーズ漫画千川歩エアガン
ガンサバイバー4 バイオハザード HEROES NEVER DIE項目参照
キャプテン・アメリカ項目参照
グランド・セフト・オートV項目参照
劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス項目参照
ゴーストリコン アドバンスウォーファイター2項目参照
コール オブ デューティ: ゴースト項目参照
コール オブ デューティ: ブラックオプスII項目参照
紅殻のパンドラアニメ制服第2話
コンビニDMZ項目参照
さばげぶっ!項目参照
スーパーマン項目参照
スペックオプス ザ・ライン項目参照
ゼロイン(作品名)項目参照
ターミネーター: 新起動/ジェニシス項目参照
大乱闘スマッシュブラザーズXゲームソリッド・スネーク最後の切り札
デス・レース項目参照
トランスフォーマー(2007)項目参照
ニンジャ・アサシン映画SEK隊員ラストで閃光弾を発砲
バイオハザード5項目参照
バイオハザード ザ・マーセナリーズ 3D項目参照
バトルフィールド 4項目参照
パニッシャー項目参照
バリスティック項目参照
ハルク項目参照
バレットウィッチ項目参照
ファークライ2項目参照
ヘルシング項目参照
マーセナリーズ2 ワールド イン フレームス項目参照
魔女っ娘ア・ラ・モードIIゲームマリーメイア・グローリー魔法銃
ストックレス
フォアグリップレス
マトリックス項目参照
メダル オブ オナー ウォーファイター項目参照
メタルギアソリッド2項目参照
メタルギアソリッド4項目参照
メタルサーガ ニューフロンティア項目参照
ルパン三世項目参照
レポゼッション・メン項目参照
ワイルダネス項目参照
ワイルド7項目参照

このページの画像はMilkor Marketingから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



議題がページテーマと異なってきた場合や雑談等は掲示板をご利用ください。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • MGL-140の全長がwikiと違う気がするんですが、どっちが正しいんでしょう。 -- 2015-06-12 (金) 15:18:25
  • 日本語Wikipediaの方の「説明文」の方と同じデータになってますね。微妙に短いので、多分MGL140ではなく短銃身モデルのM32の旧モデル辺りを参照したデータではないかと思われますが・・・新モデルやら旧モデルの名称変更やら色々あるので、それも含めてまた近いうちに更新します。 -- 2015-06-12 (金) 15:48:54
  • ↑返信ありがとうございます -- 2015-06-12 (金) 20:03:53
  • アームスコー社が設計をし、ダネル社にミルコウ社とダネル社が製造をしてるって事でミルコウとかダネルって呼ばれてるって事? -- 2015-10-20 (火) 15:28:24
  • 007ナイトファイア(2003年)でミルテック・マーク6という名前で登場してましたがいつ頃に開発された武器なんですか? -- 2016-03-06 (日) 17:33:30
  • 1980年設計、1983年量産開始。 -- 2016-03-06 (日) 17:52:58
  • ↑返信ありがとうございます。パイナップル・アーミーでも見かけたような…と思いましたがこちらはアーウェン37でした。 -- 2016-03-07 (月) 15:15:30
  • もしかしたらスレ違な質問かもしれませんが、この武器を使う兵士は何かサイドアームとか護身用の武器を携行してるんですか?ベトナム戦争の時にM79を使ってた兵士はガバをサイドアームにしてたみたいに。 -- 2016-09-07 (水) 23:20:15
  • 最近だとグレラン担当もライフルを持ってるみたいよ。 この銃を構えたグラサンの海兵の画像を見ると左の脇にM16が見えるし、むしろこっちがサイドアームって認識なのかも。 -- 2016-09-08 (木) 00:36:28
  • 既にベトナム戦争の時点でグレネードランチャーはメインの武器にならないと判断されたからM203が作られてるんですが・・・グレネードランチャーはグレネードランチャーであってサイドアームではないよ。バックアップに持って行ってる訳じゃないからね。 -- 2016-09-08 (木) 05:15:31
お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:10:33 (320d)