アーマライト AR10 / Armalite AR10 【自動小銃】

AI社製 AR10
全長重量口径装弾数発射速度発射形式製造国
1050mm3.29-4.05kg7.62mm×5120700発/分S/Fアメリカ、オランダ

 アメリカの航空機メーカー「フェアチャイルド」の銃器製造部門「アーマライト」で開発された自動小銃ユージン・ストーナー開発の「M16」の原型で、1956年に発表された。M14とほぼ同時期に開発された、アメリカの第一世代突撃銃である。
 アーマライトが航空機メーカーの一部門ということもあって、AR10はアルミ合金をはじめとする航空機用の強固かつ軽量な素材がふんだんに取り入れられた。これら素材の採用で極めて軽量に仕上がった一方、射撃の反動はマイルドでフルオートマチック射撃の制御がごく容易だった。同口径のFALのように、制御が困難であるからと後になってフルオートが取り払われるということもなかった。これは当初、より強力な.30-06弾の使用を前提として設計されていたことも大きかったらしい。また、セミオートマチックでの射撃も高精度で良好と、扱いやすく高性能な、非常に優秀なライフルだったようだ。
 また、開発チームのストーナーやジョンソンの他の設計のようにモジュラーウェポンとしての設計も折り込まれており、ベルト給弾モデルは背負い式のバックパックから、ロワーレシーバーにリンクレスシュートのアダプタを繋ぐ事でマガジン・ベルト双方から給弾可能な分隊支援火器として使用可能な設計であった*1

 AR10は、当時行われていたアメリカ軍のM1ガーランドの後継銃トライアルに提出され、T44E4/T44E5(のちのM14)やFALなどとその座を競っている。陸軍スプリングフィールド国営造兵廠によるトライアル内容は多岐に渡り、耐久性能テストにおいて、軽量バレル*2モデルのバレルが破断するという失点はあったものの、スチールバレルモデルは問題なくテストを通過し、その他の性能テストにおいても他の候補銃よりも大幅に高いスコアを獲得。射撃テストを行ったスタッフにも非常に好評であった。
 しかしながら、AR10は「次期制式小銃」としては問題があった。スプリングフィールド造兵廠による試算では、今までの小銃と全く異なる設計のこの小銃を十分な数生産し、全ての兵士に配備し、訓練を終えるには最低でも5年を要するだろうと結論付けられた。それは冷戦への急速な備えを必要とする軍事大国アメリカにとって、許容できるものではなかったのである。こうして、AR10はその高い性能とは裏腹に、あまりに先進的過ぎる設計ゆえに制式小銃の座から落選した。
 もっともその後、AR10の発展形であるAR15がすぐに制式小銃に取って変わり、21世紀現在もその高い性能をを示し続けていることはもはや説明するまでもない。

 オリジナルのAR10は大きく二種に分けられる。M16の原型となったAR10と、逆にM16をもとに大口径化したAR10である。外観・構造上の最も大きな差異はチャージングハンドルで、元祖AR10はレシーバー上部のキャリングハンドル内に覆われる形でハンドルが配置されていた。機構こそ同様のリュングマン方式ではあるが、言ってみれば、元祖AR10と後者は別物である。
 さらに後者は、AR15が完成した直後に作られたAR15ベースの「AR10a」と、フェアチャイルドアーマライトが買収された後に「アーマライトInc」となってから作られたM16A2(AR15A2)ベースの「AR10B」の二種が存在する。
 AR10aはさっぱり受けなかったものの、1995年に開発されたAR10Bはさまざまなバリエーションが展開され、一定のシェアを築いている*3
 AR10Bは、先行する*4SR-25を元に開発され、プロトタイプ自体がSR-25のアッパーアセンブリに合わせてパーツを形成する形で設計された。この現行AR10は、近年のバトルライフルの需要に伴い、各社から登場したDPMS LR-308、ラルーOBRLMT MWSなどのさまざまなAR10クローンのベースとなった。
 2012年には、サードパーティ製マガジンを使用可能とした「AR10A」が登場している。これは要するに、ベストセラーの社外製マガジンであるマグプル製の「P-MAG 20LR」に合わせた製品である。このマグプルの.308口径用P-MAGは、もともとナイツのSR-25/M110に合わせて設計された製品であり、アーマライトのAR10には未対応であった。近年登場した後発の他社製モデルは、当然のようにP-MAGに対応した設計であったため、取り残される形となっていたアーマライトもようやくこれに沿うこととなった。

 日本でも法規上は(AR15系でも、6.8mmSPCなどの6mm以上の口径モデルならば)、装弾数を5発(チャンバー装弾を含む)に制限し、日本の猟銃所持資格や経歴(小銃は散弾銃の所持を十年以上)を満たしていれば、所持することが出来る。しかし、銃規制強化やアメリカ同時多発テロ事件により、新規許可は難しくなっている。

 元祖AR10は1957年に、オランダのAI(Artillerie Inrichtingen/アーティラリエ・インリッチンゲン)社に製造権が売却されている。1960年までにAI社によって10000挺ほどが製造され、グアテマラ、ビルマ、イタリア、キューバ、スーダン、およびポルトガルに販売された。
 わずかに民間向けにセミオートオンリーとされたものもあるが、そのほとんどが軍用のフルオート射撃可能なモデルだった。これらは購入した各国の軍隊で限定的に配備され、その多くがアフリカの紛争地帯で活躍した。スーダン特殊部隊やポルトガル空挺部隊などの精鋭部隊で苛酷な戦闘を経験し高く評価されたほか、鹵獲されてそのまま隣国の準制式ライフルとなったり、ゲリラの手に渡って革命に使われるなど様々な運命を辿っている。 
 あのチェ・ゲバラやフィデル・カストロもキューバ革命後、軍の倉庫に試用向けに納入されていたこの銃の性能に惚れ込み、ディーラーをアメリカから呼び寄せて即座に追加分も含めた代金を支払った。無論アメリカからの輸出が許可される筈も無かったが、僅か100挺のAR10はキューバの精鋭の手で猛威を振るい、ドミニカ革命においても大きな戦果を上げている。

登場作品ジャンル使用者備考
うぽって!!項目参照
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD項目参照
ガン・ブラッド・デイズ項目参照
偽典・女神転生項目参照
ご注文はうさぎですか?項目参照
ジオブリーダーズ項目参照
ジャック・リーチャーシリーズ項目参照
スーパーマン項目参照
砂ぼうず項目参照
バイオハザード マルハワデザイア項目参照
ボボボーボ・ボーボボ漫画コンバット・ブルース
迷い猫オーバーラン!アニメ梅ノ森家の私設武装集団
メタルスラッグ項目参照
傭兵たちの挽歌項目参照

このページの画像はシカゴレジメンタルスから転載しています。
転載に関しては、転載元の転載規約に従って行ってください。



スパムコメント対策としてhttpを含むコメントは投稿エラーとなります。
最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 米軍でも採用されなかった小銃を自衛隊が採用する目は無かったと思う -- 2014-04-16 (水) 16:27:37
  • ただ、64式を開発するにあたってAR-10を参考にした様ですのでいずれにしてもやはり目を付けずにはいられない高性能な小銃であることには変わりないと思います。 -- 2014-04-16 (水) 16:38:51
  • 前回↑でこのAR10は自衛隊に採用される可能性があったのかについて質問した者です。興味深い返答ありがとうございました。私は戦後自衛隊はなぜこんな部品数の多い小銃を改良せず使われ続けたのか、疑問に思い、改良しないなら他の銃を採用すれば良いと思ったからです。この64式を元に改良を施した小銃を是非見たかっです。 -- 名無しの二等兵? 2014-05-08 (木) 16:24:48
  • 小銃に限らず自衛隊の兵器が改良や近代化改修を施されないのは「改良が必要な粗悪な兵器に予算を付けた」と言う風評を恐れてのことだと言う、近代化すればまだまだ使える兵器類が用廃になり、使用実績のない兵器に多額の予算が割り当てられ、現場で不具合が出ても「改良」はされない、そんなことを繰り返してるのが現状 -- 2014-05-08 (木) 21:46:50
  • なるほど、「改良が必要な粗悪な兵器に予算を付けた」と言う風評を恐れてのことは確かにありえそうですね。 -- 名無しの二等兵? 2014-05-11 (日) 14:56:16
  • よその銃のページなのでここで長々と話題を発展させるのもアレですが、その辺の事情については62式言うこと聞かん銃のページもどうぞご残照ください -- 2014-05-11 (日) 17:11:22
  • そうですよね。 -- 名無しの二等兵? 2014-05-12 (月) 10:28:37
  • 他の64式か62式のページにでも質問してみたいと思います。 -- 名無しの二等兵? 2014-05-12 (月) 10:29:56
  • ボボボーボ・ボーボボはコンバット・ブルースが使用。 -- 2014-12-24 (水) 17:26:05
  • 台詞だけですが映画ファイトクラブで、主人公(小説では「僕」)が上司を諭すシーンがあり、誰かがアーマライトAR10ガスカービン半自動小銃を持ってオフィス来るかも、と言っています。 -- 2015-01-10 (土) 18:50:04
お名前:


*1 https://www.youtube.com/watch?v=Lap8cmxJHTU&t=12m54s
*2 アルミとスチールで作られた複合素材
*3 一方で、小改造を施された元祖AR10スタイルのモデルも、コレクター向けに生産・販売されている
*4 1990年に登場。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-01-14 (土) 07:50:55 (314d)