アート・オブ・ウォー / The Art of War

アート・オブ・ウォー (原題 The Art of War)

2000年、アメリカ映画
監督:クリスチャン・デュゲイ

・ストーリー
 香港の「ジェイド・パークホテル」で開催されている、ミレニアムを祝うパーティー会場。中国の国防大臣を含め、多くの出席者で賑わっていた。
 国連の隠密部隊に所属するエージェント ニール・ショー(ウェズリー・スナイプス)は、素性を隠してパーティー会場に潜入していた。国連の救援金を不正使用している国防大臣を粛正するためだ。脱出時に肩を撃たれてしまうも、何とか作戦は成功する。
 それから6ヶ月後。ニューヨークのある港で、ベトナム難民の死体が詰まれた中国船籍のコンテナが発見される。国連事務総長の側近エレノア・フックス(アン・アーチャー)はこの事件の背後に、中国とアメリカの貿易協定を阻止する陰謀が蠢いていると判断。そのため、部下のショー、ブライ(マイケル・ビーン)、ノヴァク(リリアナ・コモロウスカ)に、貿易協定を祝うパーティーに極秘に潜入せよと命じる。
 しかし、中国のウー国連大使(ジェームズ・ホン)がスピーチ中に狙撃される事態が発生。すぐさま狙撃犯を追跡するショーとブライだが、ブライは犯人に射殺されてしまう。そして、銃を所持したまま街中を走り回ったショーは、犯人と間違われて身柄を拘束されるのだった―――。

・作品解説
 映画『マトリックス』公開後の作品のためか、幾つか類似点が確認できる。タイトルロゴの表示は、『マトリックス』のそれを横にしたものであるし、ラストの銃撃戦もバレットタイムを意識したようなアクションが繰り広げられる。

使用者銃器名備考
ニール・ショーグロック 26狙撃犯の追跡時に使用
ステアー AUG A1トライアド構成員に持たされる(発砲無し)
ベレッタ M92Fトライアド構成員から強奪
コルト M1911A1トライアド構成員から強奪
セーフハウスで使用
グロック 17国連ビルではサプレッサー装着
ロバート・ブライステアー AUG A1サプレッサー装着
ベレッタ M92F国連ビルではサプレッサー装着
ジュリア・ファングロック 17病院でショーの銃を所持(発砲無し)
フランク・カペラ
(FBI捜査官)
グロック 17発砲無し
レイ
(FBI捜査官)
グロック 17発砲無し
FBI捜査官グロック 17発砲は終盤のみ
NYPD警察官グロック 17発砲無し
ベレッタ M92F
SWAT隊員HK MP5A3発砲無し
シークレットサービスHK USPパーティー会場で所持(発砲無し)
国連職員?コルト AR15A2葬儀で所持
発砲無し
ミン
(トライアドリーダー)
シテス スペクトラジェイド・パークホテルで使用
ベレッタ M93R建設現場で使用
終盤ではサプレッサー装着
トライアド構成員
(チャンの手下)
ベレッタ M92F護送車襲撃時はレーザーサイト装着
ステアー AUG A1発砲無し
コルト M1911A1サプレッサー装着
セーフハウスで使用
USSR マカロフ デュアルトーンサプレッサー装着
シルバーフレーム
病院で使用
IMI ウージー建設現場で使用
隠し武器庫
(セーフハウス)
HK MP5K-PDWフォールディングストック装着
ウィンチェスター M1
コルト M1911A1
モスバーグ M500シルバーモデル
グロック 17サプレッサー装着型もあり
ベレッタ M950シルバーモデル
 

アート・オブ・ウォー2 (原題 The Art of War II: Betrayal)

2008年、アメリカ映画
監督:ジョセフ・ラスナック

・作品解説
 本国アメリカではビデオリリースだが、日本では2009年に劇場公開された。

使用者銃器名備考

コメントはありません。 コメント/アート・オブ・ウォー?

お名前:


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-13 (水) 00:09:30 (591d)